【レビュー】「MediaPad M5 LTE」の表示モードをタブレットモードに変更する設定方法 | SIMフリー

「MediaPad M5」表示モードをタブレットモードに変更する設定方法

ファーウェイ・ジャパンが2018年5月に発売した「MediaPad M5」は、Androidタブレットではかなり希少なハイスペックなモデルです。

パフォーマンス、エンタメ性能の高さが印象的な「MediaPad M5」ですが、初期状態ではスマホモード(スマホ表示)になっている欠点があります。

このページにはファーウェイの「MediaPad M5」の表示モードをデフォルトのスマホモード(スマホ表示/スマホUI)からタブレットモード(タブレット表示/タブレットUI)に変更する方法を書いておきます。

設定方法は非常にかんたんです。一気に色々なコンテンツの見やすさが向上するおすすめ設定です。

タブレット表示モードに変更する方法

ハイスペックなMediaPad M5

筆者は「MediaPad M5」を発売日当日に入手。Amazonプライム・ビデオ、YouTube、Kindleなど、エンタメを楽しむために愛用しています。

実機レビューに書いているように、筆者の愛用タブレットとなっている「MediaPad M5」ですが、購入当初に気になっていたことがあります。

初期状態では表示モードがスマホモード

それは画面表示購入当初の「MediaPad M5」の表示モードがスマホモードになっていることです。

これではもったいないですよね。ぜひともタブレットモードに変更しておきたいところですね。

さっそくタブレットモードに変更

「MediaPad M5」の表示モードはスマホモードで初期設定されています。まずは表示状況を確認してみます。

初期設定状態で、ブラウザ「Chrome」を使って「やすスマ」のトップ画面を表示したのが下の状態です。

MediaPad M5のスマホモード

確かにスマホモードになっています。タブレットならではの大画面を楽しむためにもタブレットモードに変更しておきます。

具体的な設定方法

スマホモードからタブレットモードに変更するには、「設定」を開いて、「画面」→「表示モード」をタップします。

MediaPad M5の表示モードを変更

画面下のスライドバーを操作して、表示モードを「デフォルト」から「小」に変更。たったこれだけです。

これで設定変更完了です!再起動するも必要ありません。

タブレットモードになっているのを確認

再び、「Chrome」を使って「やすスマ」のトップ画面を表示。

MediaPad M5のタブレットモード

画面上にタブが表示されていることからも、タブレットモードに変更が完了していることが分かりますよね。

まとめ

タブレットモードに変更することで、YouTube、Kindleなどもより快適に使用することができます。

設定自体は簡単なので、強く設定していただきたいものだと思います!

MediaPad M5の実機レビュー公開

やすスマ」では、ファーウェイのハイスペックSIMフリータブレット「MediaPad M5」の実機レビューを公開しています。

さすがハイスペックモデルということで動作は軽快そのものです。ベゼルをスリムにしたデザインも魅力です。

「MediaPad M5」に興味をもられた方はぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「MediaPad M5」のLTEモデルの実機レビューはこちら↓
【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」は使い勝手のいいハイスペックなSIMフリータブレット
ハイスペックモデルも含めてラインナップが揃っている「iPad」に比べて、Androidタブレットではハイスペックモデルがかなりレアになっています。 ファーウェイ・ジャパンが2018年...

以上、少しでも参考になれば幸いです。

Source

HUAWEI MediaPad M5 | HUAWEI Japan

スポンサーリンク
huaweiSIMフリータブレット
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました