【実機レビュー】ローコストSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」 テザリング機能を確認

ファーウェイ・ジャパンは、LTE対応の7インチSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を2016年10月21日に発売しました。

MediaPad T1 7.0 LTE

目次

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を購入

SIMフリータブレットとしては非常に安価な「 MediaPad T1 7.0 LTE 」には、1GB RAM+8GB ROMモデルと2GB RAM+16GB ROMモデルがあります。

カラーは、1GB RAMモデルがシルバーで、2GB RAMモデルがゴールドになっています。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”yasu-suma logo.jpg” name=””]1GB RAMはきついけど、2GB RAMモデルだとそれなりに使えるかも。しかも、先日書いた記事の反響は比較的大きいから、レビュー記事にすれば皆様の参考になるかも!思い切って購入しよう![/speech_bubble]

以上のように、「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の2GB RAMモデルの購入を決断しました。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」(2GB RAMモデル)をムラウチネクストのYahoo!ショッピング店で購入しました。価格は14,553円(税込・送料無料)でした。ポイントもさらに付きましたし、まあよかったと思います。

では、さっそく「 MediaPad T1 7.0 LTE 」のレビューを始めていきます。なお、随時、使い込んでいく中で色々と感じることが出てきますので、どんどんレビューを追記しようと考えております。

【開封編】「 MediaPad T1 7.0 LTE 」をレビュー開始

さっそく到着した「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を開封して、主にデザイン面を中心としてチェックしていきます。その前に主なスペックについておさらいです。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」(2GB RAMモデル)の主なスペック

OSAndroid 6.0
ディスプレイ7.0インチ(1024 x 600)
SoCSC9830I A7
CPUQuad-core 1.5GHz
ROM16GB
RAM2GB
カメラREAR:2MP FRONT:2MP
指紋センサー×
バッテリー4100mAh
USBポートmicro
サイズ/重量107(W)×191.8(D)×8.5(H) mm / 278g

SoCの「SC9830I A7」についての性能などの詳細は正直よく分かっていません。スミマセン、、、。ざっくりいうと、1.5GHzクアッドコアということでそれなりです。あとで書いていますが、「Antutu」ベンチマークのスコアでもそれなりです。

いざ「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を開封!

まずは、非常にコンパクトな外箱といった印象です。予想していたよりも随分と小さくてびっくりしました。

MediaPad T1 7.0 LTE
パッケージ表

MediaPad T1 7.0 LTE
パッケージ裏

パッケージ裏側には、主な特長が書かれています。特に目を引いた「メタリックボディ&エレガントデザイン」という表現については、実際の機種を見ながらしっかりとチェックしたいと思います。

次に、付属品を確認してみました。

MediaPad T1 7.0 LTE
付属品を確認

本体以外には、ACアダプター、USBケーブル、クイックマニュアル、保証書のみのシンプルな構成です。ACアダプターがコンパクトな設計になっているのはうれしいポイントです。

MediaPad T1 7.0 LTE
正面

ディスプレイ面をチェックしました。ベゼル幅が分かりやすいように、起動させてみました。最新モデルで流行りとなっている狭額縁ではないことははっきりと分かると思います。まあ、普通の感じだと思います。

家にころがっていた、同じ7インチディスプレイを搭載しているNexus7(2012)を横に並べて比べてみました。

MediaPad T1 7.0 LTE
左「 MediaPad T1 7.0 LTE 」 右「 Nexus7(2012)」

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の幅が107mmで、懐かしのNexus7(2012)の幅が120mmですので、ボディ幅とベゼル幅の違いを感じることが出来ます。あまりにもNexus7(2012)が古すぎて比較しても意味が無い!というツッコミはご勘弁ください。7インチタブレットが他になかったもので、、、。

MediaPad T1 7.0 LTE
裏面

ボディ裏面を確認してみました。これが「メタリックボディ&エレガントデザイン」ということでしょうか。メタリックな部分をベースにして、白い上下部分がプラスチックとなっています。質感が高いというわけではないですが、価格から考えると頑張っている感じがします。ゴールド自体の色合いも悪くないです。エレガントか?と聞かれると少し動揺しますが(笑)

MediaPad T1 7.0 LTE
ボディ右

ボディの右サイドには電源ボタン、ボリュームボタン、SIMスロット、microSDカードスロットがあります。SIMスロットとmicroSDカードスロットにはカバーがついた状態ですので、後で開けた状態を確認しておきます。

MediaPad T1 7.0 LTE
ボディ左

ボディの左サイドには、びっくりするぐらいに何もないです(笑)。それ故に、メタリックな感じが演出されています。

MediaPad T1 7.0 LTE
ボディ上

ボディ上には、イヤホンジャックが確認できます。カメラはリア、フロントともにそれぞれ200万画素なので、ちょっとした記録用程度の画質が予想されます。興味がありますので、カメラ画質については後日試してみようと思っています。ただ、格安タブレットですから、カメラ性能はそれほど重要項目となることは少ないと考えています。

MediaPad T1 7.0 LTE
ボディ下

ボディ下には、microUSB端子があります。超ローコストSIMフリータブレットですから、急速充電技術は搭載していないようです。バッテリー容量は4100mAhとなっています。タブレットですので、バッテリーの持ちは重要項目だと思います。後日確認していきたいところです。

MediaPad T1 7.0 LTE
SIMスロット+microSDスロット

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」のSIMスロットはシングル仕様になっており、サイズはmicroSIMです。SIMスロットの隣にmicroSDカードスロットがあり、写真のようにセットしてみました。なお、セットしたSIMは格安SIM「 mineo 」のデータ専用SIM(SMSなし)です。

16GB ROMということで、microSDカードを利用される方が多いと思います。

開封編まとめ

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”yasu-suma logo.jpg” name=””]以上、開封編でした。価格からするとそれなりに頑張ったデザインになっています。気になる重量が278gです。実際に手にしてみると、コンパクトかつ軽量です。この点はかなり好印象です。次回更新では、実際に起動して、気になる基本性能を確認してみようと思っています。[/speech_bubble]

次ページには「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を起動して、基本事項のチェックを行っています。

1 2 3
※今ならRakuten UN-LIMITが1年無料

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる