【実機レビュー】HUAWEI SIMフリー「MediaPad T2 8 Pro」 ベンチ実施

「 MediaPad T2 8 Pro 」を起動してチェック

「 MediaPad T2 8 Pro 」を起動して、性能などを確認しました。およそ2万円強のSIMフリータブレットがどの程度のパフォーマンスをもつか気になるところだと思います。

さっそく、ベンチマークアプリ「 Antutu 」を用いて計測してみました。

「 Antutu 」でベンチ

「 MediaPad T2 8 Pro 」はSoCとしてQualcommの「Snapdragon 615」を搭載しています。

2016年上半期大ヒットSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」にも「Snapdragon 615」が搭載されていたことは記憶に新しいですよね!

測定したベンチマーク結果は以下の通りです。

MediaPad T2 8 Pro   
Antutu総合スコア
 

惜しくも、4万点には少し届かない感じでした。SoCから考えると非常に妥当なスコアです。

更に、「Geekbench 4」でもベンチマークを行ってみました。

MediaPad T2 8 Pro   
Geekbench 4スコア
 

使用感

ベンチマークでは想定の範囲内のスコアでした。実際にブラウジングや動画再生など、それほどヘビーでない用途で使用してみてもスムーズに動作しており、ストレスを感じることは少ないです。

「 MediaPad T2 8 Pro 」の動作スピードはハイスペックモデルと比較さえしなければ、おおむね満足できるものになっています。

「 MediaPad T2 8 Pro 」の主な特長

(価格は税別)

「 MediaPad T2 8 Pro 」は、7インチ「 MediaPad T2 7.0 Pro 」や10インチ「 MediaPad T2 10.0 Pro 」で人気の「 MediaPad T2 」シリーズの最新作で、コストを抑えながら、オクタコアプロセッサ搭載など実用十分なスペックをもったSIMフリータブレットです。

8インチディスプレイ

「 MediaPad T2 8 Pro 」は、8インチIPSディスプレイを搭載。解像度はフルHD(1920×1080)です。

画面占有率75%の狭額縁設計で、幅がおよそ123mmと片手で持てるコンパクトなサイズを実現しています。

画像最適化技術「ClariVu」を搭載しています。ブルーライトカット機能「Eye Care」、明るさに合わせ太陽光の下でも視認性を保つ機能「Sun View」を搭載しています。  

オクタコアプロセッサ

「 MediaPad T2 8 Pro 」のSoCは、「 Snapdragon 615 」。CPUは、オクタコアプロセッサ(1.5GHz×4 + 1.5GHz ×4)です。

「 Snapdragon 615 」は、「 HUAWEI GR5 」などのミドルレンジスマホに採用されています。ベンチマークアプリ「 Antutu 」スコアは35000程度が見込まれます。

その他のスペック

メモリ仕様は2GB RAM+16GB ROM、カメラ性能はフロントカメラが800万画素、リアカメラが200万画素です。

MediaPad T2 8 Pro

気になるバッテリー容量は4800mAhで、動作視聴時では、最大およそ10時間再生が可能です。厚さは約8.1mmで重量は約340gです。

多様な周波数帯に対応

「 MediaPad T2 8 Pro 」のLTEモデルは主要なバンドをカバーしており、格安SIMでの運用時でも快適な使用が可能です。ただし、au回線は非対応です。

音声通話可能

「 MediaPad T2 8 Pro 」はデータ通信だけでなく、音声通話も可能になっています。

「 MediaPad T2 8 Pro 」スペックレビュー

「 MediaPad T2 8 Pro 」のSIMフリーモデルのスペックを、価格帯が近い7インチSIMフリータブレット「 MediaPad T2 7.0 Pro 」と比較しながらまとめておきます。

「MediaPad T2 8 Pro」「MediaPad T2 7.0 Pro」
OSAndroid 6.0Android 5.1
ディスプレイ約8.0 インチ(1920 x 1200)約7.0 インチ(1920 x 1080)
SoCSnapdragon 615Snapdragon 615
CPUOcta-Core 1.5GHz×4+1.2GHz×4Octa-Core 1.5GHz×4+1.2GHz×4
ROM16GB16GB
RAM2GB2GB
カメラREAR:8MP FRONT:2MPREAR:13MP FRONT:5MP
指紋センサー
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11b/g/n
Network Band FDD-LTE : 1/3/5/7/8/19/20/26/28
TDD-LTE: 38/40/41
WCDMA : 1//2/5/6/8/19
FDD-LTE : 1/3/8/19/26/28
TDD-LTE: 41
USBmicromicro
バッテリー4800mAh4360mAh
サイズ/重量約123(W)×約209.3(D)×約8.1(H) mm / 約340g約105.8(W)×約187.4(D)×約8.2(H) mm / 約250g

比較対象とした「 MediaPad T2 7.0 Pro 」については別ページにまとめておりますので、よろしければ御覧ください。

まとめ

スペック比較から分かるように、「 MediaPad T2 8 Pro 」は、「 MediaPad T2 7.0 Pro 」と比較すると、スペックとしては優れている部分と劣っている部分があります。ディスプレイサイズの違いとデザイン面での違いをどのように感じるかが判断のポイントになりそうです。

「やすスマ」は、「 MediaPad T1 7.0 LTE 」 を持っていますが、もう一台SIMフリータブレットが必要となりそうで、この「 MediaPad T2 8 Pro 」の購入を検討しています。

Source

「 MediaPad T2 8 Pro 」製品ページ|HUAWEI JAPNA

huaweiSIMフリー実機レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました