【日本発売期待】Meizuのフラグシップスマートフォン「Meizu 16s」情報 ハイスペック SIMフリー

フラグシップモデル「Meizu 16s」情報

フラグシップモデル「Meizu 16s」

中国のMeizu(メイズ)は、新型フラグシップスマートフォン「Meizu 16s」を発表しました。

「Meizu 16s」は、モデル名からもわかるように「Meizu 16」の後継モデルにあたります。

【日本発売期待】「Meizu 16」シリーズはSD845搭載のフラグシップスマートフォン | 価格は約4.4万円~
MEIZUのフラグシップ「Meizu 16」シリーズ 中国のMEIZU(メイズ)は、「Snapdragon 845」を搭載した新型フラグシップスマートフォン「Meizu 16」シリー...

「Meizu 16s」のスペックと特長を紹介しておきます。

「Meizu 16s」のスペックと特長

「Meizu 16s」の極細ベゼル

「Meizu 16s」は6.2インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。解像度はフルHD+(2232×1080)。ノッチなしの極細ベゼルデザインで画面占有率91.53%を達成しています。指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。

SoCは「Snapdragon 855」。メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB、内部ストレージ容量は128GB/256GBです。

バッテリー容量は3600mAh。最大24Wの急速充電「mCharger」に対応しています。

背面カメラは4800万画素(OIS)+2000万画素のデュアルの構成。ソニー製センサーを採用しています。

「Meizu 16s」の価格

「Meizu 16s」の価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが3198元(約5.3万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが3498元(約5.8万円)です。

「Meizu 16s」のスペック

「Meizu 16s」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9
  • ディスプレイ:6.2 インチ(2232×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+20MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3600mAh
  • サイズ/重量:73.4(W)×151.9(H)×7.6(D) mm / 165 g

アンケート

「Meizu 16s」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おすすめリンク

「Meizu 16s」のまとめを御覧いただきありがとうございます。

「Meizu 16s」に興味をお持ちの方に紹介しておきたいリンクを紹介しておきます。

【日本発売期待】「Lenovo Z6 Pro」はクアッドカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ 価格は約4.8万円~
中国のLenovoはハイスペックスマートフォン「Lenovo Z6 Pro」を発表。リアにクアッドカメラ、SoCに「Snapdragon 855」を搭載するなど、現状のAndroidスマートフォンで最高レベルのパフォーマンスが期待できます。手頃な価格も魅力です。
【日本発売期待】Xiaomi「Mi 9」はトリプルカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ 価格が約4.9万円~と格安【クーポン】
中国のXiaomiは新型ハイスペックスマートフォン「Mi 9」を発表しました。「Mi 9」はXiaomi初のトリプルカメラを搭載しています。SoCに「Snapdragon 855」を搭載するなど、Androidスマートフォンでは最高峰のスペックを持っていながら手頃な価格を実現している注目モデルです。
【日本発売期待】「Meizu Note 9」は「Redmi Note 7 Pro」とガチンコ勝負の高コスパSIMフリースマホ
中国のMeizuは、新型ミドルスペックスマートフォン「Meizu Note 9」を発表。手頃な価格でありながら、4800万画素+500万画素デュアルカメラを搭載するなどスペック充実。Xiaomiの「Redmi Note 7 Pro」を競合しそうな高コスパモデルです。

Source

Meizu 16s – Meizu

MeizuSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. ポークマン より:

    自分が欲しい機能が全て詰まってて本当に欲しいです。
    日本でもこういう端末が出て欲しいな。
    ノッチ無しで画面占有率91%越えは凄い。
    後、白はmi mix2sのようにベゼルもボディカラーに合わせて白になってるみたいなので、益々欲しい。
    前作はソフバン回線のみ使える感じでしたが、是非ともグローバル版出してドコモ回線にも対応してくれたら嬉しいなぁ。

  2. やすスマ やすスマ より:

    ポークマン 様

    管理人のやすスマです。
    コメントいただきありがとうございます。

    おっしゃる通り、ノッチ無しで画面占有率91%オーバーを達成は魅力的ですね!

    スペックと価格のバランスも良好で期待できそうなモデルです。

    今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました