【日本発売期待】Meizu ミドルスペックスマホ「Meizu X8」発表 | SD710搭載で価格は約2.6万円~

新型ミドルスペックスマホ「Meizu X8」

Meizu X8

中国のMeizuは、新型Androidスマートフォン「Meizu X8」を発表しました。「Meizu X8」は「Snapdragon 710」を搭載したミドルスペックモデルです。

「Meizu X8」のスペック・特長

「Meizu X8」はノッチ有りディスプレイ

「Meizu X8」はノッチ有りの6.2インチのフルHD+ディスプレイ(2220×1080ドット)を搭載。

高さを抑えたノッチと、フルスクリーンデザインによって、89.6%という高い画面占有率を実現しています。ボディ幅は74.6mmになっていて、ディスプレイサイズから考えるとコンパクトに仕上がっています。

Snapdragon 710を採用

「Meizu X8」のSoCは「Snapdragon 710」を採用。「Xiaomi Mi 8 SE」に初めて搭載され、パフォーマンスの高さが話題となった新ミドルレンジ向けSoCです。「Meizu X8」のメモリ仕様は、RAMが6GB、ROMが64GB/128GBです。

「Snapdragon 710」搭載スマートフォンの「AnTuTu Ver 7」の総合ベンチスコアの目安はおよそ17万です。一昔前のハイスペックモデルに匹敵するスコアとなっていることからも、パフォーマンス面でも期待できます。

デュアルカメラ

メインカメラは1200万画素+500万画素デュアルカメラという構成になっています。

サブカメラは2000万画素(F2.0)です。AI機能を用いた美顔モードを搭載しています。顔認証にも対応しています。

バッテリー容量は3210mAh、USBポートはType-Cです。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色展開。

「Meizu X8」の価格

「Meizu X8」の価格は4GB/64GBモデルが1598元(約2.6万円)、6GB/64GBモデルが1798元(約3.0万円)、6GB/128GBモデルが1998元(約3.3万円)です。

「Meizu X8」のスペック

「Meizu X8」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:FlymeOS(Android 8.0 Oreo)
  • ディスプレイ:6.2 インチ(2220×1080)
  • SoC:Snapdragon 710
  • CPU:Octa Core Max2.2GHz
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3210mAh
  • サイズ/重量:74.6(W)×151.2(H)×7.8(D) mm / 160 g

ディスプレイ内指紋センサー搭載の「Meizu 16X」も発表

Meizuは、「Meizu X8」発表に加えて、ディスプレイ内指紋センサーを搭載したミドルスペックスマホ「Meizu 16X」を発表しています。

「Meizu 16X」はSoCに「Snapdragon 710」を搭載しています。SoC以外にのスペックはハイスペックモデル寄りの仕上がりになっています。

「Meizu 16X」は、コスパ優秀でスペック充実の注目モデルです。合わせてチェックしてみてくださいね。

【日本発売期待】「Meizu 16X」はディスプレイ内指紋センサー搭載の新型ミドルスペックスマホ
中国のMeizuは、ディスプレイ内指紋センサーを搭載した新型スマートフォン「Meizu 16X」を発表しました。 「Meizu 16X」は、2018年8月に発表され話題となっ...

Source

Meizu X8 – Meizu

MeizuSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント