【実機レビュー】「Mi Note 10」のフルスクリーンジェスチャーを設定する方法【オススメ】

「Mi Note 10」を手に入れて、ナビゲーションバーの配置が気になる方も多いと思います。

具体的には「戻る」と「マルチタスク」の配置が、他のスマートフォンの多くとは逆になっています。

「配置が慣れないなぁ」という方も多いと思います。せっかくなので、この機会に全画面表示ジェスチャーを有効にして「Mi Note 10」をさらに便利に使用しましょう。

「Mi Note 10」のフルスクリーンジェスチャーを有効にする方法を紹介しておきます。

▲フラッシュセールで427.59ドル▲

「Mi Note 10」のナビゲーションバーの配置

「Mi Note 10」のナビゲーションバーの配置

「Mi Note 10」を初回起動したときのボタン配置は上のような感じなっています。配置が気になる方も多いと思います。

高い画面占有率を達成している「Mi Note 10」を楽しむためにもフルスクリーンジェスチャーを有効にしておきましょう。

慣れるまで少し時間が必要ですが、慣れてくると非常に便利に操作できます。オススメしたい設定です。

フルスクリーンジェスチャーの設定方法

設定をどこで変更するかさえ分かればあっという間に設定できます。

「設定」→「追加設定」→「全画面表示」をタップします。

フルスクリーンジェスチャーの設定方法

従来の「ボタン」から「フルスクリーンジェスチャー」に変更します。

iPhoneでおなじみのスワイプを中心とした操作で、「ホーム画面に移動」、「戻る」などの操作を行うことができます。

ナビゲーションバーは非表示

「フルスクリーンジェスチャー」に設定するとナビゲーションバーは非表示になって画面もスッキリ。

「Mi Note 10」のフルスクリーンジェスチャー設定まとめ

フルスクリーンデザインが急速にトレンドとなってきて重要な機能となっているフルスクリーンジェスチャーの設定方法を紹介しました。

「Mi Note 10」は画面占有率が高く、コンテンツの没入度を上げるためにも、ぜひとも設定いただきたいものになっています。

「Mi Note 10」のレビュー公開

当ブログでは、Xiaomi「Mi Note 10」のレビューを公開しています。「Mi Note 10」を全体からチェックしています。

【実機レビュー】Xiaomi「Mi Note 10」はスゴいペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売決定】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。

「Mi Note 10」に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

▲フラッシュセールで427.59ドル▲
スポンサーリンク
Xiaomi 実機レビュー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました