【日本発売期待】Xiaomi 「Mi Pad 4」はハイスペックな高コスパタブレット!LTEモデルもあり 価格は1.9万円~

最近のXiaomiの製品のコストパフォーマンスの高さは目を見張るものがあります。今回発表された「Mi Pad 4」もびっくりするようなコストパフォーマンスの高さになっています。

中国のXiaomi(シャオミ)は、新型Androidタブレット「Mi Pad 4」を2018年6月25日に発表しました。

Xiaomiの「Mi Pad 4」

「Mi Pad 4」には、Wi-FiモデルとLTEモデルがラインナップされています。

SoCに「Snapdragon 660」を搭載しているなど、高いパフォーマンスとなっています。

「Mi Pad 4」のLTEモデルの価格は1499元(約2.5万円)。さすがXiaomiだね!といったコストパフォーマンスの高さになっています。

「Mi Pad 4」の特徴

いやぁ、最近のXiaomiのコストパフォーマンスの高さは一段とすごい感じになっています。

実際に同じXiaomiからリリースされているSIMフリースマホ「Redmi Note 5」をレビューしていても出来の良さが大変印象的でした。

【レビュー】Xiaomi「Redmi Note 5」は手頃な価格でハイスペックなSIMフリースマホ | AnTuTuスコアは約11.6万
「Xiaomi Redmi Note 5」レビュー このページは、XiaomiのAndroidスマートフォン「Redmi Note 5」のレビューページです。 「Xiaomi Re...

縦横比16:10の8インチディスプレイ

「Mi Pad 4」の16:10ディスプレイ

「Mi Pad 4」は8インチディスプレイを搭載。ディスプレイの縦横比は16:10になっています。ディスプレイ解像度はフルHD(1920×1200)です。

Snapdragon 660

前モデル「Mi Pad 3」ではMediaTekのSoC「MT8176」を搭載していました。

新型タブレット「Mi Pad 4」のSoCにはパフォーマンスの高さに定評のある「Snapdragon 660」を搭載。「AnTuTu V7」の総合スコアがおよそ14万というハイスペックモデルに近い驚異のパフォーマンスです。

AnTuTu ベンチマークランキングまとめ | スコアNo1のスマホは? 2018年8月ランキング追加
AnTuTuのベンチマークスコアまとめ ベンチマークでNo1スコアを叩き出すハイスペックスマートフォンは何か?についてまとめています。 このページは、スマートフォンのベンチマー...

ゲーム用途を重視する方にとっても、クアルコム製のSoCに変更は朗報です。

大容量バッテリー

「Mi Pad 4」は薄型ボディに6000mAhの大容量バッテリーを搭載。5V/2Aの急速充電にも対応しています。

他のスペック

RAMは3GB/4GB、内部ストレージは32GB/64GB。microSDカードの使用はサポートされていません。可能であれば64GB ROMモデルを選んでおきたいところです。背面には1300万画素のメインカメラ、前面には500万画素のサブカメラを搭載しています。

USBポートは上下なく挿せて便利な「Type-C」になっています。Wi-Fiは「802.11a/b/g/n/ac 」をサポート。高速な5.0GHz帯にも対応しています。

生体認証としては顔認証をサポートしています。3.5mmのイヤホンジャックを搭載しています。

LTEモデル

「Mi Pad 4」ではWi-Fiモデル以外にLTEモデルがラインナップ。

LTEモデルのLTEの対応バンドは以下のとおりです。

  • FDD-LTE:B1/3/5/7/8
  • TDD-LTE:B34/B38/39/40/41

今回紹介しているのは中国でリリースするモデルですので、対応する通信バンドはいかにも中国向けといった感じです。

「Mi Pad 4」の発売日・価格

「Mi Pad 4」は、中華タブレットしてはかなり充実したスペックになっています。

現地においては6月29日に発売される予定です。現時点では残念ながら日本での発売はアナウンスされていません。

注目はなんといってもその驚異的な価格設定です。Wi-Fiモデル(3GB+32BG)が1099元(約1.9万円)、Wi-Fiモデル(4GB+64BG)が1399元(約2.3万円)、LTEモデルの価格は1499元(約2.5万円)です。

「Mi Pad 4」のスペック

「Mi Pad 4」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8
  • ディスプレイ:8インチ(1920×1200)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×8
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:5MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:✕
  • USB:Type-C
  • バッテリー:6000mAh
  • サイズ/重量:120.3(W)×200.2(H)×7.9(D) mm / 342.5g

まとめ

「Mi Pad 4」が発表されて、コストパフォーマンスの高さが印象的ですが、LTEモデルが登場したのは嬉しいニュースですね。

LTEモデルがWi-Fiモデルのプラス100元ということで、高性能なLTE対応タブレットとして人気となりそうですね。

10.1インチ「Mi Pad 4 Plus」もラインナップ

「Mi Pad 4」のディスプレイを大型化した「Mi Pad 4 Plus」が2018年8月に発表されています。

SoCなどの基本スペックはそのままで、10.1インチディスプレイを搭載。さらには、8620mAhという大容量バッテリーを搭載しています。

【日本発売期待】Xiaomi「Mi Pad 4 Plus」発表 | 10.1インチ SIMフリーLTEタブレット
10.1インチ「Mi Pad 4 Plus」 2018年8月14日に、「Mi Pad 4」の大画面ディスプレイ搭載バージョンにあたる「Mi Pad 4 Plus」が中国において発表さ...

Source

Mi Pad 4 – Xiaomi

SIMフリーXiaomi
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント