「Miスマートバンド4」をサクッと初期設定する方法【レビュー】

どうも、2020年はスマートウォッチの勉强に励んでいるやすスマです。

XiaomiのMiスマートバンド4って手頃な価格でいい感じだよ

そんなことを耳にする機会が多くなったこともあり、筆者は「Miスマートバンド4」をさくっと購入しました。

【開封レビュー】「Miスマートバンド4」は3000円台で高機能なXiaomiスマートウォッチ【強烈コスパです】
Xiaomiの日本版「Miスマートバンド4」を購入しました。その手頃な価格と評判の良さからついついポチってしまいました。「Miスマートバンド4」を実際に開封しながら、スペックや特徴も含めて紹介していきます。

強烈にコスパ優秀な「Miスマートバンド4」。そんな「Miスマートバンド4」を利用するためには初期設定しなくちゃあなりません。

このページには「Miスマートバンド4」の初期設定の手順を紹介しておきます。

10分もあれば十分終わるようなカンタンな内容なんで安心してくださいね。

Xiaomiのコスパ最強スマートウォッチ「Miスマートバンド4」を初期設定【レビュー】

初期設定の主な手順はこんな感じです。

初期設定の手順

  • 「Mi Fit」のインストール
  • スマホでペアリング
  • ファームウェアのアップデート

さっそく順に紹介しておきます。

なお、開封時の「Miスマートバンド4」のディスプレイは「まずペアリングしてねぇ」っていう感じの表示になっています。

「Mi Fit」のインストール

まずは「Mi Fit」をインストールします。

AndroidスマホであればPlayストアから、iPhoneの場合はApp Storeからダウンロードしてください。

付属の取扱説明書に「Mi Fit」をダウンロードするためのQRコードがあるので使ってもそちらを使ってもOKです。

「Mi Fit」のインストール

「Mi Fit」のインストールが終わると、さっそく起動します。

アカウントを持っていない場合は取得する必要

アカウントを持っていない場合は取得する必要があります。メールアドレスなどを登録してアカウント取得します。

「Mi Fit」でペアリング

次は「Mi Fit」を使って、「Miスマートバンド4」とスマホをペアリングです。

「Miスマートバンド4」とスマホをペアリング

「Mi Fit」を起動すると

まだペアリングされていないよ~。」

といった感じのメッセージが出ているのでタップします。

画面指示にしたがって、ペアリングする機器として「Miスマートバンド4」を選択して、いざペアリングです。

いざペアリング

スマホを「Miスマートバンド4」に近づけるとペアリングが開始されます。

「Miスマートバンド4」でペアリング開始をチェックしてしばし待ちます。

ファームウェアのアップデート

ファームウェアのアップデート

ペアリングが終わると、ファームウェアのアップデートを実行します。

こちらもしばし待ってください。

初期設定が完了

初期設定が完了

これで「Miスマートバンド4」の初期設定は終了です。デフォルトのフェイスが表示されます。

あくまでも初期設定が終わっただけなんで、あとは好みの応じて設定変更することをオススメします。

そのあたりの設定のポイントはまた別記事で紹介したいと思います。

「Miスマートバンド4」を初期設定まとめ

以上、「Miスマートバンド4」を初期設定の手順を紹介しました。

それほど大きく悩むような部分はなかったかと思います。

LINK Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】 – Amazon

機能を掘り下げていきます

今後は「Miスマートバンド4」の機能を掘り下げていく予定なんでぜひともお楽しみに。

更新情報はTwitterアカウント「やすスマ」で発信しています。よろしければフォローもお願いします。

以上、参考になれば幸いです!

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良くてバッテリー持ち優秀なXiaomiスマートウォッチが到着【技適あり】
Xiaomi「Amazfit GTR Lite」が到着したのでさっそく開封しました。外観や付属品をチェックしています。手頃な価格でかっこいいスマートウォッチということでテンションが上がりながら開封しています。また、技適マークも確認できています!
Xiaomi「Mi Watch Color」はカラーを楽しむスマートウォッチ!価格は約1.2万円【日本発売期待】
中国のXiaomiのスマートウォッチ「Mi Watch Color」情報をまとめています。カラーを楽しむスマートウォッチをコンセプトとした「Mi Watch Color」が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
スポンサーリンク
Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました