【2019年】おすすめの格安なSIMフリースマホをランキング【5万円台までの格安スマホ/おサイフケータイ】

どうも、やすスマです。格安スマホをお探しで、どの機種を選んだらいいか迷っている方に一読いただきたい内容を書いています。

コスパに優れた格安スマホを探しているんだけど、どのスマートフォンがいいのか分からない!

という方に、当ブログがセレクトしたミドルスペックのSIMフリースマホをランキング形式で紹介します。

このページには、5万円台までで手に入るおすすめのSIMフリースマホをピックアップして紹介しています。

手頃な価格であっても、性能がそこそこ高く、使い勝手にも優れたモデルを選んでいます。

同じような価格帯でも機種ごとに特徴は異なります。機種ごとの特徴を比較しながらお気に入りのスマホを見つけていただければ幸いです。

おすすめのSIMフリースマホ

さっそく、2019年の売れ筋の価格帯で販売されているSIMフリースマホをランキング形式でまとめています。

第1位:「OPPO Reno A 128GB」

OPPO Reno A 128GB

第1位は2019年10月発売の「OPPO Reno A 128GB」です。厳密には楽天モバイル向けモデルですが、SIMロックフリー仕様で提供されています。

発売時点の「OPPO Reno A 128GB」の価格は35,273円(税抜)です。

LINK 「楽天モバイル

おサイフケータイ(FeliCa)、防水・防塵対応

「OPPO Reno A 128GB」はスペックが充実しているのはもちろんのこと、日本ユーザーのニーズを捉えた機能を搭載しています。

「OPPO Reno A 128GB」はおサイフケータイ(FeliCa)、防水・防塵対応です。日本向けモデルということで、日本市場にカスタマイズした仕上がりです。

有機ELディスプレイ

約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載。この価格で高画質な有機ELを採用しているのはうれしいポイントです。

有機ELディスプレイはハイスペック機に搭載されることが多いですが、この価格帯で搭載してきたことは注目に値します。

実機をレビューしてみると、確かに有機ELならではの鮮明な画面表示となっています。

注目記事 【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック

ディスプレイ内指紋認証に対応しています。新世代のセンサーを採用していて、従来のディスプレイ内指紋認証センサーと比較すると認証速度・精度が向上しています。

SoCは「Snapdragon 710」を採用し、メモリ仕様はRAM容量が6GB、内部ストレージ容量が128GBと充実したものになっています。

このクラスで6GB RAM搭載はめずらしいですね。安心の大容量メモリは大きな魅力です。

現状では、3万円台の他機種と比較すると、完全に頭一つ出たような内容になっています。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」は新次元到達のミドルスペックSIMフリースマホ おサイフケータイ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイル向けに提供される以外にも、楽天市場で端末単体で販売されます。

LINK 【端末のみ販売/通信契約不要】OPPO Reno A 128GB [SIMロックフリー]

「OPPO Reno A 128GB」と同一ベースで、SIMフリー版としてリリースの「OPPO Reno A」もラインナップされています。

SIMフリー版ということで、MVNOサービスや家電量販店などで購入しやすいのはメリットですが、内部ストレージ容量は64GBと半減しています。

created by Rinker
OPPO Japan
¥37,385(2020/01/27 12:00:17時点 Amazon調べ-詳細)

内部ストレージ容量は使い勝手を大きく左右する要素です。可能であれば内部ストレージ容量が大きい楽天モバイル版「OPPO Reno A 128GB」をおすすめします。

Source

OPPO Reno A 128 GB

第2位:「HUAWEI P30 lite」

HUAWEI P30 lite

2019年5月発売の「HUAWEI P30 lite」です。発売時の市場想定価格は32,880円(税抜)。ファーウェイの大ヒットシリーズの最新モデルです。

トリプルカメラを搭載した「HUAWEI P30 lite」SIMフリー版の日本発売が決定 価格は32,880円
日本発売のSIMフリー版「HUAWEI P30 lite」はトリプルカメラ搭載したミドルスペックスマートフォンです。前作に引き続き、ヒットが予想される高コスパモデルになっています。SIMフリー版「HUAWEI P30 lite」のスペックと特長をまとめています。

万人受けするバランスの良いスペック

ファーウェイのミドルスペックモデルの主力機で、バランスが良くて万人受けする仕上がりになっています。

約6.15インチフルHD+ディスプレイを搭載し、スリムな3D湾曲デザインのボディが目を引きます。

ボディの厚さは7.4mm、重さは約159g。大型化が進む最新スマートフォンの中では、軽量・薄型な部類に入ります。

コンパクトなボディで、その扱いやすさも魅力となります。

トリプルカメラ

背面には2400万画素(メイン)+800万画素(広角)+200万画素(深度計測)のトリプルカメラを搭載しています。上位モデルのようなライカカメラではありませんが、高性能なカメラになっています。

SoCが「Kirin 710」、RAM容量が4GB、内部ストレージ容量が64GB。ミドルスペックモデルとしては標準的なスペックですが、音楽、写真、ビデオ、SNSを楽しむためには十分なスペックを持っています。

バランスの良いスペックに高性能なトリプルカメラを搭載していることが「HUAWEI P30 lite」の大きな特徴です。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥27,200(2020/01/27 12:00:18時点 Amazon調べ-詳細)

Source

HUAWEI P30 lite – ファーウェイ・ジャパン

第3位:「Google Pixel 3a」

Google Pixel 3a

GoogleのPixelシリーズの普及価格帯スマートフォンとして2019年5月に発売となった「Google Pixel 3a」。発売時の価格は48,600円(税込)です。

「Pixel 3a」は4万円台の手頃な価格でおサイフケータイに対応したGoogle純正SIMフリースマホ
ついに話題となっていた「Pixel 3a」が発表されました。日本でもSIMフリースマホとしてリリースされます。日本モデルは「おサイフケータイ」機能に対応しています。高性能な「Pixel 3」と同等機能も多数搭載しながら、価格は4万円台と手頃な注目モデルです。

「Pixel 3」の廉価版という位置付けですが、「Pixel 3a」を単独でみると非常に強力な仕上がりになっています。

「Pixel 3」とほぼ同等の高性能カメラ

「Google Pixel 3a」は5.6インチの有機ELディスプレイを搭載。ハイスペックモデルに搭載されていることが多い有機ELディスプレイを搭載していて、美しい画面表示が特徴です。

また、なんといっても「Pixel 3a」の特徴は高性能なカメラ。上位モデル「Pixel 3」とほぼ同等の高性能カメラを採用。ミドルクラスのスマートフォンのレベルを超えた高性能カメラです。

メインカメラは1220万画素のシングルカメラですが、Googleの技術力によって鮮やかに撮れるカメラになっています。

SoCは「Snapdragon 670」、RAM容量は4GB、内部ストレージ容量は64GBです。このあたりのスペックはミドルスペックモデルとしては標準的なものになっています。

おサイフケータイ機能に対応

日本モデルではおサイフケータイ(FeliCa)機能をサポートしています。

4万円台という価格は、ミドルスペックモデルは上の方に位置しますが、有機ELディスプレイ、同等の高性能カメラなど、ハイスペックモデル並みの目を引くような特徴を持っています。

加えて、なんと言ってもGoogleの高い技術力を詰め込んだGoogleスマホということが大きな魅力です。OSアップデートもいち早く提供されています。

Source

Google Pixel 3a – Google

第4位:「HUAWEI nova 3」

「HUAWEI nova 3」

第4位としたのはファーウェイの「HUAWEI nova 3」です。おすすめしている理由はそのハイパフォーマンスぶりです。

「HUAWEI nova 3」は2018年10月に発売され、発売当時の価格は54,800円(税別)でした。

値下がりしてオトクに購入可能

発売されてから少し経過したこともあって、Amazonなどでは3万円台で購入できるようになっています。

「HUAWEI nova 3」はもともと中上位機種としてリリースされたということで、基本スペックは非常に充実しています。

「HUAWEI nova 3」は6.3インチのフルHD+ディスプレイを搭載し、前面・背面ともにデュアルカメラを搭載。

セルフィーカメラがデュアルというのはなかなか希少です。

SoCは「Kirin 970」を採用。NTTドコモの「HUAWEI P20 Pro」と同じハイスペック向けSOCです。

「AnTuTu Ver7」の総合スコアはおよそ20万をマーク。今回の比較対象している他のミドルスペックモデルと比較しても高いレベルのパフォーマンスです。

ハイスペックSIMフリースマホ「HUAWEI nova 3」が2018年10月5日に日本発売 | 価格は54,800円
ファーウェイ・ジャパンのハイスペックスマホ「HUAWEI nova 3」 ファーウ...

メモリ仕様が4GB RAM+128GB ROM。特に内部ストレージが大容量となっているのがポイントです。さらに、microSDカード(最大256 GB)の使用もサポートしています。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥36,990(2020/01/27 20:53:08時点 Amazon調べ-詳細)

Source

「HUAWEI nova 3」 – HUAWEI

第5位:Xiaomi「Mi Note 10」

Mi Note 10

Xiaomiが2019年12月に発売した日本での第1弾スマホが「Mi Note 10」です。市場想定価格は52,800円(税別)です。

日本モデル「Mi Note 10」情報まとめ | 高性能ペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ 価格は52,800円
Xiaomiの日本参入第1弾スマホは「Mi Note 10」でした。高性能なペンタカメラ搭載、AMOLEDディスプレイ、大容量バッテリー搭載など見どころが多数のSIMフリースマホです。「Mi Note 10」のスペックや特徴をまとめています。

高性能なペンタカメラ

「Mi Note 10」の注目ポイントはなんと言っても高性能なペンタカメラです。

10800万画素(メイン 1/1.33″ F1.69 OIS)+1200万画素(望遠 2倍ズーム 1/1.26″)+2000万画素(超広角)+500万画素(望遠 ハイブリット10倍ズーム OIS)+200万画素(マクロ)という構成で、シーンに応じてカメラを切り替えることで撮影を楽しむことができます。

上位モデルの「Mi Note 10 Pro(中国ではMi CC9 Premium Edition)」は海外での登場時に、DXOのスマートフォンのカメラ評価で歴代トップスコアをマークしました。

Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition camera review - DXOMARK
The Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition is Xiaomi’s newest high-end smartphone, featuring a 6.47-inch FHD+ AMOLED display, a very large 5260mAh battery and a 2.2G...

「Mi Note 10」のカメラは、Proとは大差はありませんので、このページで紹介しているスマートフォンのクラスとしては抜群のカメラ性能です。

有機ELディスプレイ&大容量バッテリー

鮮やかな発色の6.47インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、バッテリー容量は5260mAhとものすごく大容量です。

エッジカーブを採用したデザインはフラグシップモデルと比較しても遜色ないレベルになっています。

【実機レビュー】Xiaomi「Mi Note 10」はスゴいペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売決定】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。

このページに紹介しているスマートフォンでは高額ですが、基本的な性能面では頭一つ抜けています。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥58,080(2020/01/27 12:00:19時点 Amazon調べ-詳細)

Source

Mi Note 10 – Xiaomi JAPAN

第6位:「Black Shark2」

Black Shark2

「Black Shark2」はハイスペックなゲーミングスマホです。開発元のBlack Shark社はお馴染みのXiaomiの出資を受けながら、ハイスペックなゲーミングスマホを開発しています。「Black Shark2」もそのうちの一つです。

激安なモデルもあり

日本ではTAKUMI JAPAN社が販売を手掛けています。発売から少し経過したこともあって、最安の6GB RAM+128GB ROMモデルは数量限定で39,800円(税抜)で販売。驚きのコスパで注目ということでランクインさせておきます。

LINKBlack Shark 2 – KAZUNA eSHOP

SoCに「Snapdragon 855」を搭載したハイスペックな仕上がりに、ゲーミングスマホらしい尖ったデザイン。

強力なゲームモード

また、ゲームを集中してプレイするモード「Shark Space」モードがあります。動作中のアプリがすべて終了した上で「Shark Space」内のゲームアプリのみが起動されるという強力なゲームモードです。

モード切替は物理スイッチで素早く行うことができるところもいいところです。

【実機レビュー】「Black Shark2」は手頃な価格の強力ゲーミングSIMフリースマホ
このページには日本版の「Black Shark2」の実機レビューを掲載しています。ゲームプレイで一歩先を行くためのゲーミングスマホ。「Black Shark2」はコスパにも優れたハイスペックモデルです。

Source

Black Shark2 – TAKUMI JAPAN

第7位:「ZenFone Max Pro (M2)」

ZenFone Max Pro (M2)

ASUSの「ZenFone Max Pro (M2)」は大容量バッテリーを搭載したミドルスペックモデルです。

2019年3月発売で、発売時の市場想定価格は35,500円(税別)です。

SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Max Pro (M2) 」は劇的進化したZenFone Max! 価格は35,500円
ASUS JAPANは、新型SIMフリースマートフォン「ZenFone Max Pro ...

大容量バッテリー

「ZenFone Max Pro (M2)」のバッテリー容量は5000mAh。最大約35日間連続待受可能というスタミナバッテリーになっています。ただし、USBが「mirco」となっているのが残念です。

基本スペックはバランス良好

6.3インチのフルHD+(2280×1080)ディスプレイを搭載。ディスプレイ表面を強化ガラス「ゴリラガラス6」で覆っていて、耐久性を高めています。

SoCは「Snapdragon 660」、RAM容量が4GB、内部ストレージ容量が64GBです。背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載しています。

RAM容量が6GBのモデルが追加されました。発売日は2019年12月20日です。【2019年12月18日更新】

LINK 「ZenFone Max Pro(M2)」にRAM強化の6GBモデルが追加

バッテリー切れの心配から開放される大容量バッテリーに大きな特徴を持っています。

Source

ZenFone Max Pro M2 – ASUS JAPAN

第8位:「AQUOS sense3」

AQUOS sense3 lite

シャープの「AQUOS sense3 SH-M12」は2019年11月27日に発売。市場想定価格は3万円半ばです。

SIMフリースマホ版「AQUOS sense3」が11月27日に発売決定 おサイフケータイ 防水/防塵対応のミドルスペック
「AQUOS sense3」に待望のSIMフリースマホ版が登場です!「AQUOS sense3」は、従来のAQUOS sense3シリーズから大きくパワーアップ。キャリアモデルとしても好評なセールスを記録しているモデルということで、SIMフリースマホ版もヒットが予想されます。販売想定価格は3万円半ばとなっています。

IGZOディスプレイ&大容量バッテリー

約5.5インチのIGZOディスプレイを搭載。4000mAhの大容量バッテリーと合わせて、優れた電池持ちを実現しているということです。

SoCは「Snapdragon 630」を搭載。メモリ仕様は、RAM容量が4GB、内部ストレージ容量が64GB。背面には1200万画素+1200万画素のデュアルレンズカメラを搭載しています。

普段使いであれば十分軽快に動作するパフォーマンスです。

おサイフケータイ、防水・防塵にも対応していて、日本メーカーのスマートフォンらしい仕上がりとなっています。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥34,707(2020/01/27 01:16:55時点 Amazon調べ-詳細)

Source

AQUOS sense3 SH-M12 – SHARP

第9位:「OPPO A5 2020」

OPPO A5 2020

第1位の「Reno A 128GB」に続いて、同じくOPPOの「OPPO A5 2020」も検討に値するモデルです。

クアッドカメラ搭載

「OPPO A5 2020」は4眼アウトカメラを搭載した格安なモデル。市場想定価格が26,800円(税別)と、本ページで比較している中でも低価格なものになっています。

5000mAhの大容量バッテリー、6.5インチの大画面ディスプレイ、「Snapdragon 665」搭載のそこそこパフォーマンスなど、ただ安いだけというモデルではないです。

気になる点は、ディスプレイの解像度がHD+(1600×720)である点です。このあたりをどう考えるかが大きなポイントとなります。

created by Rinker
OPPO Japan
¥26,500(2020/01/27 03:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

Source

OPPO A5 2020 – OPPO Japan

第10位:「Moto G7 Plus」

モトローラの「Moto g7」シリーズの最上位モデルが「Moto G7 Plus」です。

Moto G7 Plus

「Moto G7 Plus」は2019年6月発売で、発売時点での公式オンラインストアでの価格は38,800円(税別)です。

モトローラ 新型SIMフリースマホ「moto G7」シリーズ3機種を日本発売 価格は25800円~
モトローラの日本モデル「moto G7」シリーズ モトローラ・モビリティ・ジャパンは、20...

光学式手振れ補正機能付きのデュアルカメラ

背面には光学式手振れ補正(OIS)付きのデュアルカメラ(1600万画素+500万画素)を搭載。

SoCは「Snapdragon 636」、RAM容量が4GB、内部ストレージ容量が64GBです。

6.24インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載しています。

指紋認証センサーを兼ねたモトローラロゴに象徴されるデザインテイストも大きな特徴です。

Source

Moto G7 Plus – Motorola

まとめ

以上、5万円台までのおすすめの格安なSIMフリースマホを紹介しました。

各機種の大きな魅力は、以下のような感じですね。

POINT

  • 「OPPO Reno A 128GB」の驚異的に高性能で高い利便性
  • 「HUAWEI P30 lite」の万能スペック
  • 「Pixel 3a」の高性能なカメラ
  • 「HUAWEi nova 3」のハイパフォーマンス
  • 「Mi Note 10」の高性能なペンタカメラ
  • 「Black Shark2」のゲーム用途に適した機能
  • 「ZenFone Max Pro (M2)」の大容量バッテリー
  • 「AQUOS sense3 lite」のIGZOディスプレイ&大容量バッテリー
  • 「OPPO A5 2020」のクアッドカメラ&大容量バッテリー
  • 「Moto G7 Plus」の尖った感じ

ぜひ、このように使いたい!と使用場面にぴったりのスマートフォンを見つけるきっかけとなっていれば幸いです。

おすすめリンク

最後に、NTTドコモ、SoftBankの純正SIMをSIMフリースマホで使うための設定方法をまとめた記事を紹介しておきます。

よかったら合わせて御覧くださいね!

5分で設定完了!ドコモ回線(SPモード)をSIMフリースマホで利用する方法 | HUAWEIやASUSのスマートフォンも対応
おサイフケータイ対応など使い勝手が優れ、十分なスペックを持ち大ヒットしている「OPPO ...
SIMフリースマホでソフトバンク契約SIMを使うための設定方法!IMEI制限 SoftBankのiPhone
ソフトバンク契約SIMをSIMフリースマホで使うための設定方法 「やすスマ@yasu_suma...
スポンサーリンク
ASUS Google huawei Motorola SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました