モトローラ「Moto G5 Plus」「Moto G5」を3月31日に日本発売を発表

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2017年3月16日に、「Moto G5」と「Moto G5 Plus」のSIMフリースマホ2機種を発表しました。

Moto G5 Plus 日本発売


Moto G5 Plus

「Moto G5 Plus」と「Moto G5」は、ともに2017年3月31日発売開始を予定しています。

参考まもなく発売されるSIMフリースマホ一覧表 | やすスマ

市場での想定価格(税別)は、「Moto G5 Plus」が35800円「Moto G5」は22800円です。

「Moto G5」と「Moto G5 Plus」は、今年2月の「MWC 2017」で海外モデルが発表されており、日本でも発売が予告されていました。

日本発売予定モデル!モトローラブランド「Moto G5 Plus」情報
中国のレノボは、2017年2月26日に、モトローラブランドの新型SIMフリースマホ「Moto G5 Plus」を発表しました。 「Moto G5 Plus」の特徴...

日本発売が発表された「Moto G5 Plus」と「Moto G5」をまとめておきます。

「Moto G5 Plus」の特徴

5.2インチフルHDディスプレイを搭載した「Moto G5 Plus」は、DSDS対応で話題になった「Moto G4 Plus」の後継モデルです。

「Snapdragon 625」を採用するなどミドルクラスのスペックで、「ZenFone 3(ZE520KL)」などの売れ筋の価格帯になっています。

前モデル「Moto G4 Plus」については「国内初 4G & 3G の同時待ち受け対応「 Moto G4 Plus 」情報」にまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

メモリ仕様

海外モデルでは、発売国によってメモリ仕様が異なりましたが、日本モデルについては「4GB RAM+32GB ROM」になっています。

DSDS対応

「Moto G5 Plus」は、当然ながら前モデルに引き続き、デュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

リアに搭載した1200万画素カメラは、従来モデルよりも60%高速にフォーカスが可能になっています。F値が1.7と明るいレンズになっています。

「Moto G5 Plus」のバッテリー容量は3000mAh。急速充電技術「TurboPower」を搭載で、15分間の充電で最大6時間使用可能です。ディスプレイ下には指紋認証センサーを搭載。

2色のカラー

「Moto G5 Plus」のカラーバリエーションは、「ルナグレー」と「ファインゴールド」の2色展開です。

「Moto G5 Plus」のボディはメタル素材。最薄部分の厚さは7.7mmです。

「Moto G5 Plus」のスペックレビュー

「Moto G5 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.2 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 625
  • CPU:Octa Core 2.0GHz
  • RAM:4GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:5MP(f2.0)
  • LTE BAND:B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Micro
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:74.0(W)×150.2(D)×7.7-9.7(H) mm / 155g

Source

Moto G Plus (5th Gen.) | Motorola

「Moto G5」

5インチフルHDディスプレイを搭載した「Moto G5」は、「Moto G5 Plus」よりも価格を抑えたエントリーモデルです。

Moto G5


Moto G5

「Moto G5」はエントリーモデルでありながら、メタルボディを採用し、指紋センサーを搭載するなど、上位モデル「Moto G5 Plus」と共通部分もあります。

Snapdragon 430

「Moto G5」は「Snapdragon 430」を採用。CPUは1.4GHzオクタコアプロセッサです。

メモリ仕様

メモリ仕様は「2GB RAM+16GB ROM」、リアカメラの仕様は1300万画素(f2.0)。バッテリー容量は2800mAh。OSは最新の「Android 7.0」です。

「Moto G5」のスペックレビュー

「Moto G5」の主なスペックは以下のとおりです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.0 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 430
  • CPU:Octa Core 1.4GHz
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB
  • カメラ:REAR:13MP(f2.0) FRONT:5MP(f2.2)
  • LTE BAND:B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Micro
  • バッテリー:2800mAh
  • サイズ/重量:73(W)×144.3(D)×8.7(H) mm / 149g

Source

Moto G (第 5 世代) | モトローラ (レノボの子会社)

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました