モトローラ・モビリティ・ジャパン 「Moto G6 Plus」、「Moto G6」、「Moto E5」を国内で発売!2018年6月8日にリリース予定

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2018年6月7日に、新型SIMフリースマートフォン3機種の国内発売を発表しました。発表されたのは、上位モデルから順に「Moto G6 Plus」、「Moto G6」、「Moto E5」の3機種です。

特に「Moto G6」シリーズは、2018年4月に海外で発表されていました。海外モデル「Moto G6」シリーズについては以下のページにまとめています。

【海外SIMフリー】モトローラ 新型ミドル「Moto G6 Plus」情報!価格は299ユーロ~
Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)は、2018年4月19日に、「Moto G6」シリーズ3機種を発表しました。 発表された3機種は、「Moto G6」、「M...
【海外SIMフリー】モトローラ「Moto G6」情報!スペックと価格のバランスが良好な新型SIMフリースマホ 価格は249ドル~
Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)は、2018年4月19日に、「Moto G6」シリーズ3機種を発表しました。 「Moto G6」シリーズとして発表された機...

モトローラ・モビリティ・ジャパンが公表している希望小売価格(税別)は、「Moto G6 Plus」が38,800円、「Moto G6」が28,800円、「Moto E5」が18,500円です。

3機種ともに2018年6月8日にリリース予定となっています。なお、国内のSIMフリースマホの発売スケジュールは以下のリンク先にまとめています。

日本モデルSIMフリースマホ発売情報 | 発売日・価格・スペック ASUS Huawei Motorola OPPO
日本でのSIMフリースマホ発売予定まとめ 日本国内の「SIMフリースマホ」市場は、「格安SIM」が浸透してきたこともあって、着実に成長を続けています。MVNOなどが提供している格安SIMと組み合...

モトローラ・モビリティ・ジャパンが発表した新モデルの特長やスペックをまとめておきます。

Moto G6 Plus

Moto G6 Plus

「Moto G6 Plus」は、5.93インチの縦長ディスプレイ(2160×1080)を搭載したSIMフリースマホ。SoCにSnapdragon 630を搭載したミドルスペックモデル。メモリ仕様は4GB RAM+64GB ROMです。外部メモリとして最大128GBのmicroSDカードを使用することが可能です。

背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載。メインカメラはF1.7という明るいレンズを採用しています。前面には1600万画素カメラを搭載しています。

バッテリー容量は3,200mAhで、USBポートはType-Cです。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

「Moto G6 Plus」のスペックレビュー

「Moto G6 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:5.93 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 630
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3200mAh
  • サイズ/重量:75.5(W)×160(D)×8.1(H) mm / 165g

Moto G6

Moto G6

「Moto G6」は、そこそこのスペックで求めやすい価格を実現したモデルです。

5.7インチの縦長ディスプレイ(2160×1080)を搭載し、SoCは「Snapdragon 450」を採用しています。CPUは1.8GHzオクタコアになっています。

背面にはデュアルカメラを搭載。1200万画素+500万画素という組み合わせになっています。前面には1600万画素カメラを搭載。

USBポートは「Type-C」で、バッテリー容量は3,000mAhです。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

「Moto G6」のスペックレビュー

「Moto G6」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:5.7 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 450
  • CPU:Octa Core 1.8GHz
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:72.3(W)×153.8(D)×8.3(H) mm / 162.5g

Moto E5

Moto E5

「Moto E5」は2万円を切るようなコストパフォーマンスを重視したモデルになっています。

5.7インチの縦長ディスプレイ(1440×720)を搭載。SoCには「Snapdragon 425」を搭載し、メモリ仕様は2GB RAM+16GB ROM。

メインカメラは1300万画素、サブカメラは500万画素です。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。低価格なモデルですが、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応。

「Moto E5」のスペックレビュー

「Moto E5」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:5.7 インチ(1440×720)
  • SoC:Snapdragon 425
  • CPU:Quad Core 1.4GHz×4
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:5MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Micro
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:72.2(W)×154.4(D)×8.9(H) mm / 173g

まとめ

モトローラ・モビリティ・ジャパンが発表した新型SIMフリースマホ3機種のスペックや特長についてまとめておきました。

筆者の印象としては、スペックと価格のバランスを考えると、これらのモデルの中では「Moto G6」が最も魅力的に感じています。

「Moto E5」は安いのは間違いないですが、2GB RAM+16GB ROMというメモリ仕様がウィークポイントとなりそうです。

「Moto G6 Plus」はスナドラ636以上を搭載してほしかったところです。カメラ性能が高そうなので、そのあたりは期待したいですね。

Source

モトローラ公式オンラインストア

MotorolaSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント