【海外SIMフリー】バランス良好なモデル!モトローラ「Moto G7」情報 SIMフリースマホ

モトローラ「Moto G7」情報

Moto G7

モトローラ・モビリティは、新型SIMフリースマホ「Moto G7」シリーズを発表しました。

このページにはG7シリーズのスタンダードモデル「Moto G7」について紹介しておきます。

「Moto G7」のスペックと特徴

「Moto G7」は6.2インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載。トレンドとなりつつある、水滴型の小型なノッチを採用。縦長なディスプレイになっています。「Gorilla Glass 3」がディスプレイを覆い、耐久性が高められています。

「Snapdragon 632」を採用

SoCは「Snapdragon 632」を採用。Snapdragon 600番台ということでウェブ閲覧、動画視聴、Twitter、LINEもしっかりと楽しめるパフォーマンスを持っています。

前モデル「Moto G6」は「Snapdragon 450」採用でした。スペックの向上によって、パフォーマンスの底上げが期待できます。

メモリ仕様は4GB RAM+64GB ROMです。microSDカード(最大128GB)の使用をサポートしています。

ガラス素材でデザインされた背面にはモトローラのロゴと一体化された指紋認証センサーが搭載されています。

デュアルカメラ搭載

「Moto G7」のデュアルカメラ

メインカメラは1200万画素(F1.8)+500万画素デュアルカメラ。セルフィーカメラは800万画素。顔認証にも対応しています。

バッテリー容量は3000mAh。USBポートは「Type-C」です。15Wの急速充電「TurboPower」に対応していて、15分の充電で9時間利用可能とうたわれています。

日本発売は期待大

執筆時点(2019年2月9日)で日本での発売はアナウンスされていませんが、日本でも発売されている「Moto G」シリーズということで「Moto G7」の日本発売は有力視されています。

上位モデル「Moto G7 Plus」もあり

同じタイミングで、上位モデル「Moto G7 Plus」も発表されています。

【海外SIMフリー】モトローラ「Moto G7 Plus」情報 人気ミドルスペックシリーズのSIMフリースマホ
モトローラ「Moto G7 Plus」情報 モトローラ・モビリティは、新型SIMフリースマホ「Moto G7 Plus」を発表しました。 モトローラの人気シリーズ「Mo...

「Moto G7」のスペック

「Moto G7」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイ:6.2インチ(2270×1080)
  • SoC:Snapdragon 632
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.3(W)×157(H)×8(D) mm / 172 g

まとめ

以上、「Moto G7」の特長をまとめておきました。

SoCにスナドラ600番台を採用してきて、パフォーマンスが底上げされた印象があります。

スタンダードモデルということで手頃な価格が予想されているので、なかなか好バランスな仕上がりという印象ですね!

Source

Moto G7 – Motorola

スポンサーリンク
MotorolaSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました