モトローラ 新型SIMフリースマホ「moto G7」シリーズ3機種を日本発売 価格は25800円~

モトローラの日本モデル「moto G7」シリーズ

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2019年6月7日に、新型SIMフリースマホ「moto G7」シリーズを発売しました。

「moto G7」シリーズは、最上位モデル「moto G7 Plus」、コスパ重視モデル「moto g7」、大容量バッテリーモデル「moto g7 power」がラインナップされています。

参考日本で発売されているSIMフリースマホまとめ – やすスマ

最上位モデル「moto G7 PLUS」

「moto G7 PLUS」

「moto G7」シリーズの最上位モデル「moto G7 Plus」は6.2インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載したミドルスペックモデル。

背面には光学式手振れ補正(OIS)付きのデュアルカメラ(1600万画素+500万画素)を搭載しています。

SoCは「Snapdragon 636」を採用。1.8GHzオクタコアプロセッサー搭載で、ミドルスペックモデルとしては十分な処理能力が期待できます。

公式オンラインストアでの価格は38,800円(税別)です。

コスパ重視の「moto g7」

「moto g7」

「moto g7」は、オンライストアでの価格が30,800円(税別)というコストパフォーマンスを重視したモデルです。

6.2インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載し、水滴型の小型なノッチによって画面占有率を向上させています。

SoCは「Snapdragon 632」を採用。ミドルスペック向けの600番台のSOCを採用ということでウェブ閲覧、動画視聴、Twitter、LINEもしっかりと楽しめるパフォーマンスを持っています。

大容量バッテリーモデル「moto g7 power」

「moto g7 power」

「moto g7 power」は、大容量5000mAhバッテリーを搭載したモデルです。

6.2インチのHD+(1520×720)ディスプレイを搭載し、SoCは「Snapdragon 632」を採用しています。

公式オンラインストアでの価格は25,800円(税別)です。

おすすめリンク

2019年のミドルスペックモデルのランキングまとめページを作成しています。

コスパに優れたスマートフォンを探している方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

【2019年】日本発売の価格帯3~5万円のSIMフリースマホをランキング形式で紹介!分離プラン時代におすすめの格安スマホ
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キ...

Source

モトローラ公式オンラインストア

スポンサーリンク
MotorolaSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました