「Moto G8 Plus」情報まとめ トリプルカメラ搭載のミドルスペックSIMフリースマホ【日本発売期待】

この記事では、日本でも人気を誇る、モトローラの「Moto G」シリーズの最新モデル「Moto G8 Plus」情報をまとめています。

日本でも発売済みの「Moto G7 Plus」の後継モデルにあたる「Moto G8 Plus」の主な特徴なコチラです。

POINT

  ・トリプルカメラ
  ・バランスの良いスペック
  ・4000mAhの大容量バッテリー

日本でミドルスペック機の位置付けを確立しているMoto Gシリーズ。「Moto G8 Plus」は日本でも発売が大いに期待できます。

日本発表が期待できる新型スマートフォン「Moto G8 Plus」を紹介しておきます。

【2019年】日本発売のコスパ重視のおすすめSIMフリースマホをランキングで紹介【格安スマホ/おサイフケータイ】
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キ...

「Moto G8 Plus」の特徴とスペック

「Moto G8 Plus」の特徴とスペック

「Moto G8 Plus」の特徴とスペックをまずは紹介します。

トリプルカメラ

「Moto G8 Plus」のトリプルカメラ

最も注目しておきたいポイントがカメラの進化です。

従来のMoto Gシリーズでもカメラ性能には定評がありました。今回の「Moto G8 Plus」ではカメラがさらに進化しています。

背面には4800万画素(メイン)+1600万画素(広角)+500万画素(深度)のトリプルカメラを搭載。レーザーオートフォーカスも搭載し、低照度な環境でも高速・高精度なオートフォーカスの実現が期待できます。

6.3インチディスプレイ

6.3インチディスプレイ

6.3インチのフルHD+(2280×1080)ディスプレイを搭載。ディスプレイ上部のノッチには2500万画素のセルフィーカメラを内蔵しています。

Snapdragon 665

SoCには「Snapdragon 665」を採用。日本で2019年11月1日リリースの「OPPO A5 2020」と同じSoCを搭載しています。

「OPPO A5 2020」は大容量バッテリー&クアッドカメラ搭載のSIMフリースマホ【発売日・価格決定】
日本でも快進撃が続くOPPO。OPPO JAPANが大容量バッテリー搭載の新型スマートフォン「A5 2020」の特徴とスペックをまとめています。大容量5000mAhバッテリーで、リバースチャージにも対応。低価格なモデルにも関わらず、背面にはクアッドカメラを搭載しています。

「Snapdragon 665」搭載スマホの「AnTuTu Ver 7」の総合スコアはおよそ13万です。ミドルスペックモデルとしては標準的なベンチマークスコアです。

すごいハイパフォーマンスを期待まではいきませんが、ウェブ閲覧・SNS・動画視聴の場面では十分な動作を期待できるパフォーマンスです。

メモリ仕様は、RAM容量が4GB内部ストレージ容量が64GB。外部ストレージとしてmicroSDカードの使用をサポートしています。

4000mAhバッテリー

今回の「Moto G8 Plus」では4000mAhバッテリーを搭載。従来モデル「Moto G7 Plus」は3000mAhバッテリーだったので、「Moto G8 Plus」はより大型なバッテリーを採用しています。

USBポートは「Type-C」。15W急速充電「TurboPower」をサポートしています。

ボディカラーはブルー、レッドの2色展開。

OSは「Android 9.0」を搭載。「Android 10」のアップデートも近いうちに提供予定とのことです。

「Dolby Atmos」に対応したステレオスピーカーを搭載しています。

同じシリーズの下位モデルとして「Moto G8 Play」も発表されています。

「Moto G8 Plus」の価格

「Moto G8 Plus」のインドでの価格は13,999ルピー(約2.1万円)です。発売国によって販売価格は異なりますが、スマートフォンの価格競争の激しいインド市場では「Moto G8 Plus」も手頃な価格に設定されています。

現時点では「Moto G8 Plus」の日本での発売はアナウンスされていません。人気の「Moto G Plus」ということで発売を期待しておきたいですね。

「Moto G8 Plus」のスペック

「Moto G8 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9
  • ディスプレイ:6.3 インチ(2280×1080)
  • SoC:Snapdragon 665
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+5MP FRONT:25MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.8(W)×158.4(H)×9.1(D) mm / 188 g
アンケート

「Moto G8 Plus」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「Moto G8 Plus」情報まとめ

根強い人気を誇るMoto G Plusシリーズの新モデル「Moto G8 Plus」を紹介しました。

海外市場では、前モデルG7 Plusよりも価格を抑えて登場となっています。

トリプルカメラ、大容量バッテリーなど、確実に進化している「Moto G8 Plus」の日本発売を待ちたいところですね。

Source

we have the best for you: introducing motorola one macro, moto g8plus, moto g8 play and moto e6 play – Motorola

スポンサーリンク
Motorola SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました