うわぁ、ごめんなさい!「moto g8 power」をレビューしたら期待以上の仕上がりでビビった【実機レビュー】

やすスマ
やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。「moto g8 plus」のレビューに続いてモトローラのスマホをしっかり理解したい

低価格な大容量バッテリー搭載スマホってそんな大したことない!っていうイメージを持っていたのですが、それは私の間違いでした。

この記事には、モトローラの「moto g8 power」をレビューした内容を紹介しています。

「moto g8 power」は税込32800円の手頃な価格と、大容量バッテリースペックはそこそこ充実ということもあって面白い存在。

モトローラ・モビリティ・ジャパンさんに無理をお願いをして「moto g8 power」のサンプル機をお借りしてレビューさせてもらっています。

もちろん、モトローラさんには感謝しておりますが、レビュー内容は感じたことを素直に書くように心掛けています。

結論としては、「moto g8 power」は期待値が低すぎたと思うぐらいに魅力的な仕上がりでした。一方で、低価格を実現するために細かくスペックダウンを抑えている部分もあるのでそのあたりもちゃんと紹介しますねぇ。

さっそく、「moto g8 power」を開封してレビューを始めていきます。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「moto g8 power」は予想以上の仕上がりでびっくりの格安なSIMフリースマホ

「moto g8 power」は予想以上の仕上がり

「moto g8 power」の外箱を開けると、いきなり「moto g8 power」の本体が!新しいスマホを触るときはテンションが上りますね!

ディスプレイに貼られたシールには「moto g8 power」の特徴が書かれていて5000mAhバッテリーがめちゃくちゃ強調されています。あとはAI対応のクアッドカメラデュアルスピーカーの搭載も見どころとなります。

なお、今回レビューしている「moto g8 power」のカラーはスモークブラックです。

「moto g8 power」のスペックを紹介

本格的なレビューを始める前にさくっと「moto g8 power」のスペックを紹介しておきます。

「moto g8 power」スペック
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.36 インチ(2300×1080)
  • SoC:Snapdragon 665
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+8MP+8MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:75.9(W)×158.0(H)×9.6(D) mm / 197g

全体的にはミドルスペックのスマートフォンといったスペックです。気になる部分としては、コストダウンのためにWi-Fiが2.4GHz帯のみとなっています。

では、さっそく本格的に「moto g8 power」を開封します。

「moto g8 power」の付属品をチェック

「moto g8 power」の付属品

「moto g8 power」を開封して、主な付属品を並べてみました。入っていたのは保護ケース、USB充電器、USBケーブル、イヤホン、SIMピン、マニュアル類です。

USB充電器は18Wの急速充電に対応したものがちゃんと付属しています。

TPU素材のソフトクリアケースが付属

また、うれしいことにTPU素材のソフトな感じのクリアケースが付属しています。

保護ケースを「moto g8 power」に付けてみたときの雰囲気は後ほど紹介しますね。

Amazonでも、耐衝撃性を持ったケースや、手帳型のケースなど数多くの保護ケースがすでに販売されています。お好みのケースを探してみるのも良さそうです。

保護フィルムは別途購入

なお、「moto g8 power」には保護フィルムは付属していません

Amazonで「moto g8 power」用の保護フィルムが販売されているので、必要という方は購入しておいてくださいね。

付属品チェックはこのぐらいにして、次に「moto g8 power」のデザインを見ていきます。

「moto g8 power」は低価格なスマートフォンということでデザインにはそれほど期待していませんでした。

ところが実機を見てみると、なかなかがんばった質感のデザインになっていて、モトローラのスマホの人気の要因を体感しています。

\UN-LIMITプランが1年無料/

「moto g8 power」のデザインは予想を上回っていました

「moto g8 power」の背面

まずは「moto g8 power」の背面です。光沢感のある美しい背面はとても低価格帯のスマホとは思えないような仕上がりです。

背面には縦の細かなヘアライン加工が施されていて、デザインのアクセントとなっています。

ただ、ブラックのカラーの場合だとけっこう指紋の跡が残ります。気になる方もいらっしゃるレベルだと感じています。

背面に指紋認証センサー

背面のモトローラのロゴ部分は指紋認証センサーが搭載されています。このあたりのおしゃれな感じもモトローラのスマートフォンの魅力です。

背面カメラはほぼ出っ張りがない

カメラ周りのデザイン処理には驚きました。上の画像のようにカメラの出っ張りがかなり少ないんです!

カメラの性能向上とともにカメラの出っ張りが気になるスマホが増えるなかで、このカメラ周りのデザインはぜひ注目しておきたいポイントですね!

次にボディ側面をチェックしていきます。

低価格スマホでもちゃんと「Type-C」を搭載

ちゃんと「Type-C」を搭載

下部にはマイク、スピーカー、Type-Cポートが並んでいます。ちゃんとUSBポートは「Type-C」を搭載していて、急速充電にも対応している点は見逃せません。

側面上部には3.5mmイヤホンジャックを搭載

側面上部にはイヤホンジャックがちゃんとあります。お気に入りの有線ヘッドホンをそのまま使えるのがいいところですね!

電源ボタンに加工を施して押し間違えを防いでいる

電源ボタンに加工

ボディ右側面の音量ボタンと電源ボタンです。上下に並んで配置されているんですが、電源ボタンには細かな凹凸がついていて、押し間違いを防止してくれます。

このあたりのこだわりの設計が素晴らしいですね!実際にユーザーの使用を想定したデザインになっていることがよく分かります。

「moto g8 power」の重量を計測

実際に「moto g8 power」の本体の重量を計測しておきました。筆者の環境では「197.6g」ということでした。

ほぼスペック通りの数値となっています。なお、ボディの厚さは約9.6mm(最薄部)です。

背面はわずかにカーブした形状になっていることもあって、そこまでのボディの厚さを感じません。

5000mAhバッテリー搭載のスマホとしては問題ないサイズ感です。

付属の保護ケースをチェック

ケース装着前

保護ケースが付属品しているので、上の画像の装着前とどう違って見えるかを確認してみました。

ケース装着後

光沢感は少なくなるのは間違いありませんが、指紋の跡が気になるということがなくなります。側面までカバーするタイプのケースで、純正ケースということで穴の位置などはバッチリです。

保護ケースをつけた状態での「moto g8 power」の重量も測ってみました。

ケースをつけて重さを確認

ケース自体の厚みがそれほどないので、ケース単体の重量は20gを切っています。無料で付属してくるケースとしては優れたものだと感じています。

デザインのチェックはこれぐらいにしておいて、「moto g8 power」を起動してパフォーマンスを確認していきます。

「moto g8 power」の機能面をチェック

「moto g8 power」の機能

デザイン面ではなかなか好印象だった「moto g8 power」ですが、機能面はどうでしょうか。

パンチホールデザインの6.4インチディスプレイ

パンチホールデザインの6.4インチディスプレイ

まず、「moto g8 power」は約6.4インチのフルHD+ディスプレイを搭載しています。液晶タイプのものですが、十分に明るくて見えやすいディスプレイです。

視野角は問題なし

視野角も広く、横から見ても表示がはっきり見えます。

「OPPO Reno A 128GB」と並べてみる

左が「moto g8 power」、右がヒットモデル「OPPO Reno A 128GB」で並べてディスプレイ周りのデザインを比較してみます。

「moto g8 power」は、ディスプレイ上の穴にセルフィーカメラを搭載した、いわゆるパンチホールディスプレイを採用しています。

ベゼルはけっこうスリムで、前から見るとほぼディスプレイといったスタイリッシュなデザインです。

下アゴを比較

差が出やすい画面下のベゼルもそれほど差がありません。

「moto g8 power」はなかなか画面占有率が高い

「moto g8 power」がパンチホール、「OPPO Reno A 128GB」が水滴型ノッチという処理の違いがあります。

「moto g8 power」はフルHD+ディスプレイを搭載

「moto g8 power」のフルHD+ディスプレイを搭載。

廉価モデル「moto g8」のディスプレイは解像度がHD+止まり。対して、「moto g8 power」はちゃんとフルHD+のディスプレイを搭載しています。

同じ6.4インチディスプレイを搭載しているのでこの差は大きいですね。

実際に「moto g8 power」のディスプレイをチェックしてみても十分な精細さをもっています。

片手での操作は厳しいサイズです

片手での操作は厳しいサイズ

実際に手にとってみると上のような感じです。ボディ幅が75.9mmということで、常に片手での操作は厳しいサイズです。

ほぼピュアなAndroidが魅力

ほぼピュアなAndroid

OSは最新の「Android 10」を採用。他のモトローラのスマートフォンと同様に、ほぼピュアなAndroidといった感じが大きな魅力です。

アプリ一覧を確認

実際にアプリの一覧を確認しても、たったこれだけなん!っていう感じです。

「moto g8 power」のパフォーマンスをチェック

次に「moto g8 power」のパフォーマンスを確認していきます。

パフォーマンスを大きく左右するSoCは「Snapdragon 665」を搭載。ミドルスペックスマホとしては標準的なパフォーマンスをもったSoCを搭載しています。

前モデル「moto g7 power」では「Snapdragon 632」を搭載。今回の「moto g8 power」ではパフォーマンスが明らかに向上しています。

実際に、ウェブ閲覧、SNS、動画視聴にはまったく問題なく軽快に動作してくれます。さらには、ベンチマークテストも行っておきます。

「moto g8 power」のAnTuTuスコアを計測

「AnTuTu Ver 8」を使って3回連続で計測したところ、総合スコアは17万強といったところです。

「Snapdragon 665」搭載スマートフォンとしては想定の範囲内のスコアです。連続で計測しても大きな発熱は感じませんでした。

ウェブ閲覧、SNS、動画視聴などの用途であれば十分に使えるパフォーマンスをもっています。一方で、AnTuTuのGPUスコアからも分かるように、ゲーム用途にはあまり向きません。

「moto g8 power」の内部ストレージをチェック

「moto g8 power」の内部ストレージ

「moto g8 power」の内部ストレージ容量は64GBです。初回起動時の空き容量はおよそ50GBといったところです。空き容量にはまだまだ余裕があります。

もし写真や動画をたくさん撮る場合にはmicroSDカードを使用することができます。写真や動画であれば外部ストレージを併用するのも選択肢となってきます。

「moto g8 power」の内部ストレージの速度をベンチマーク

「moto g8 power」の内部ストレージの速度

内部ストレージの読み書き速度をベンチマーク計測してみました。

UFS 2.1規格対応機と比較すると速度が出ていないので、eMMC規格の内部ストレージを採用している可能性があります。

「AQUOS sense3」レビュー」で紹介しているように、ヒットモデル「AQUOS sense3」はeMMC規格の内部ストレージを搭載しています。

「AQUOS sense3」ではファイルの読み書きが少し遅いことを実感しましたが、「moto g8 power」はそこまでの体感はありません。

レビュー記事で実際にベンチマーク結果を比較してもらうと、「moto g8 power」の方が読み書き速度は明らかに上です。

「moto g8 power」の場合は、大きめの容量のアプリのインストールしてもそんなにストレスを感じることはありません。コストダウンしている部分と考えられますが、実用上はそれほど気にならない印象です。

デュアルSIMデュアルVoLTEに対応

デュアルSIMデュアルVoLTEに対応

「moto g8 power」はデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応。1台のスマートフォンで2枚のSIMカードを利用することができて便利です。

ただ、「moto g8 power」では一方のSIMスロットがmicroSDカードスロットを兼ねています。すなわち、2枚のSIMカードとmicroSDカードを同時に挿すことができません。

「moto g8 power」がトリプルカードスロットではないのが残念ですね。

「moto g8 power」の対応バンド

「moto g8 power」の対応バンドは以下のとおりです。

「moto g8 power」の対応バンド

4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

NTTドコモ/au/SoftBank/楽天モバイルでの使用にしっかり対応した充実のバンド構成です。

「moto g8 power」で楽天モバイル「UN-LIMIT」を検証

「moto g8 power」で楽天モバイル「UN-LIMIT」を検証

「moto g8 power」は楽天モバイルの動作保証端末ではありません。先ほど述べたように、対応バンドとしては楽天モバイルにしっかり対応しています。

「moto g8 power」で楽天モバイル「UN-LIMIT」プランを使う場合には自己責任となりますが、「「moto g8 power」で楽天モバイル「UN-LIMIT」が使えるかを検証」を行っています。興味のある方は合わせてチェックしてみてください。

筆者の環境では「moto g8 power」で楽天モバイル「UN-LIMIT」を問題なく使うことができました。

\夏のスマホ大特価キャンペーンを実施中/
楽天モバイル

「moto g8 power」でau回線「VoLTE」が使えるか検証

「moto g8 power」の「au VoLTE」対応状況を検証」には、「moto g8 power」でau回線の「VoLTE」SIMが使えるか検証しています。

「UQ mobile」のSIMカードを「moto g8 power」に挿してみました。

結果としては通話・データ通信ともに問題なく使えるという結果でした。

背面のクアッドカメラは構成が充実

背面のクアッドカメラ

「moto g8 power」の背面には1600万画素(メイン)+800万画素(望遠 光学2倍)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)のクアッドカメラを搭載しています。

高画素カメラではありませんが、標準/望遠/超広角/マクロという充実したカメラ構成になっています。

実際に「moto g8 power」で撮影した写真を紹介します。

まずは標準カメラで撮影したもの。

標準カメラ

同じ位置から超広角カメラで撮影したもの。

超広角カメラ

さらに、光学2倍ズーム対応の望遠カメラで撮影したもの。

光学2倍ズーム対応の望遠カメラ

ドロイド君と接近戦でマクロ撮影

マクロ撮影

この価格帯でクアッドカメラを搭載しているのはうれしいですね。シーンに応じてカメラを使い分けることができるのは魅力です。

屋外でも撮影してみました。

屋外でも撮影

マイクロカメラで近づいて撮影すると

マイクロカメラ

標準/望遠/超広角/マクロというカメラ構成で、シーンに応じてカメラを切り替えて撮影を楽しむことができるのが非常にうれしいところです。

一方で、特に低照度の環境では写真にノイズが目立つことが気になります。写真を手軽に楽しみたいというニーズにはフィットすると感じています。

また、動画撮影ではアクションカメラ技術を搭載した超広角カメラでも撮影することができます。

moto g8 plus」のアクションカメラ技術搭載のカメラとは別物という印象です。超広角で撮影できるのはうれしいところですが、手ブレ補正はそれなりといった印象です。

アクションカムのような動画撮影を行いたい!という場合には「moto g8 plus」の方が圧倒的に適している印象です。

デュアルスピーカー

「moto g8 power」はディスプレイ上部にもスピーカーを搭載。2つのスピーカーを搭載し、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

さらにはDolby技術も搭載するほどの力の入れようです。低価格モデルでこれだけサウンド面に力を入れているのは珍しいですよね。

「moto g8 power」のデュアルスピーカーは大きな魅力といって間違いないでしょう。

5000mAhの大容量バッテリー

モデル名にあるように、「moto g8 power」の最も大きな魅力はその大容量なバッテリーです。

バッテリー容量が5000mAhという大きいことに加えて、筆者がフル充電の状態でYouTube動画を1時間視聴すると、残りのバッテリー容量は99%。

動画を1時間視聴してバッテリーの減りが1%というのは驚異的です。「moto g8 power」は、バッテリー容量だけでなく、パッケージ全体で省電力性に優れていることが分かります。

優秀なバッテリー持ちとデュアルスピーカーのサウンドということで、動画視聴を頻繁に行う方には非常にうれしい仕様ですよね!

最大18Wの急速充電をサポート

最大18Wの急速充電

「moto g8 power」は最大18Wの急速充電に対応しています。実際に出力を計測してみたところ、上のような感じで、ほぼスペック通りの充電という結果でした。

大容量バッテリーをちゃんと急速充電できるのはうれしいところですね!

\UN-LIMITプランが1年無料/
楽天モバイル

まとめ:「moto g8 power」は予想以上の仕上がりでびっくりの格安なSIMフリースマホ

以上、「moto g8 power」をレビューしておきました。事前に予想していた以上の素晴らしい仕上がりでホントびびりました…

「moto g8 plus」をレビュー」も紹介していますが、より低価格な「moto g8 power」のチョイスはかなりアリだと感じています。

低価格なスマートフォンなんで、もっと安っぽいかと思っていました、正直。モトローラさん、ごめんなさい。

「OCNモバイルONE」で「moto g8 power」が特価

「OCNモバイルONE」で「moto g8 power」が特価

「OCN モバイル ONE」では、「真夏のスマホ特価セール」を2020年8月17日11時まで開催しています。

注目の特価スマホには「moto g8 power」が含まれています。

「OCN モバイル ONE」の音声SIM契約と同時購入が条件となりますが、「moto g8 power」が6,300円(税別)と特価販売されています。

さらに対象オプション同時加入で3,000円OFF。ということで、「moto g8 power」が最安3,300円(税別)と明らかにオトクな状態になっています。

ついに最安3,300円きた!「moto g8 power」が特価でオトク【OCNモバイルONE】
「moto g8 power」が、「OCN モバイル ONE」の「真夏のスマホ特価セール」で特価販売です。大容量バッテリー搭載の「moto g8 power」が最安3300円と大幅な割引。非常に魅力的なものになっています。

「moto g8 power」が気になっている方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

\moto g8 powerが特価/

以上、参考になれば幸いです!

Source

moto g8 power | モトローラ公式オンラインストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました