【海外SIMフリー】モトローラ「Moto G6」情報!スペックと価格のバランスが良好な新型SIMフリースマホ 価格は249ドル~

Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)は、2018年4月19日に、「Moto G6」シリーズ3機種を発表しました。

「Moto G6」シリーズとして発表された機種は「Moto G6」、「Moto G6 Plus」、「Moto G6 Play」の3機種です。

このページには、今回発表された「Moto G6」シリーズで中位に位置する「Moto G6」についてまとめておきます。

Moto G6

スペックとしては大きな弱点がなくて、手頃な価格が期待できるので「Moto G6」はなかなか魅力的な1台となりそうです。

前モデル「Moto G5」シリーズは、日本においては、「Moto G5」、「Moto G5 Plus」、「Moto G5s」「Moto G5s Plus」がSIMフリースマホとして発売されています。

日本でも力を入れて展開されている「Moto G」の新型モデルということで、「Moto G6」シリーズも日本での展開を期待したいですね。

「Moto G6」

「Moto G6」の海外での価格は249ドル(約2.7万円)からとなっています。価格の設定はかなり手頃なものになっていますが、スペックや機能はしっかりポイントを抑えたものになっていて、バランス良好なモデルとなることが期待できそうです。

縦長ディスプレイ

Moto G6の縦長ディスプレイ

「Moto G6」はトレンドの縦長ディスプレイを搭載しています。アスペクト比18:9の5.7インチのもので、解像度はフルHD+(2160×1080)。価格を抑えたモデルでは解像度がHD+となっていることが多いですが、ちゃんとフルHD+になっています。

流行りのフルスクリーンデザインではありませんが、ベゼル幅をそれなりに抑えたものになっています。ボディ幅は72.3mm。

メモリ仕様

「Moto G6」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」、「4GB RAM+64GB ROM」の2つの組み合わせが用意されています。最大128GBのmicroSDにも対応しています。

デュアルカメラ

ボディ背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載。F1.8という明るいレンズを使用しているのもポイントです。前面のカメラは800万画素。顔認証によるロック解除にも対応しています。

Snapdragon 450

SoCは「Snapdragon 450」を採用。エントリー向け「4XX」シリーズですが、少し前のミドルスペックモデルに匹敵するパフォーマンスをもっていると評判のSoCです。「Snapdragon 450」搭載スマホの「AnTuTu Ver7」の総合スコアはおよそ70,000強となっています。

ボディ背面はガラス素材を使用したデザインとなっています。クラスの水準を上回るデザインが期待できます。ボディカラーはDeep Indigo、Black、Blush、Silverの4色展開。

バッテリー容量は3000mAh。USBポートは上下なく挿せて便利な「Type-C」です。

Wi-Fiは「802.11 a/b/g/n」に対応。OSは「Android 8.0 Oreo」です。

「Moto G6」はアジアや欧州、南米、北米などで今後数ヶ月の間に順次投入される予定になっています。

「Moto G6」のスペックレビュー

「Moto G6」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:5.7 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 450
  • CPU:Octa Core MAX 1.8GHz
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:72.3(W)×153.8(D)×8.3(H) mm / 167g

「Moto Z2 Play」クーポン情報【2018年4月22日追記】

banggood.com」において同じモトローラのミドルスペックモデル「Moto Z2 Play」のクーポンが発行されていて安くなっています。

クーポンを適用することで「Moto Z2 Play」が226.99ドルとなります。「Snapdragon 626」を搭載しているので、ミドルスペックモデルとしては十分なパフォーマンスになっています。

「Moto Z2 Play」は厚さ5.99mmの超薄型ボディで、機能拡張モジュール「Moto Mods」に対応しています。

「Moto Z2 Play」のクーポンに興味のある方は以下のリンクからチェックしてみてくださいね。

「Moto Z2 Play」クーポン


Moto Z2 Play 4GB RAM 64GB ROM – banggood

コード「4BGMZ2P64」

Source

moto g⁶ – Android smartphone | motorola US

MotorolaSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント