約2日間駆動可能!「moto g8 power」は大容量5000mAhバッテリー搭載のミドルスペックSIMフリースマホ

どうも、「Moto G8 Plus」でモトローラスマホを体感したやすスマ(@yasu_suma)です。

「moto g8」シリーズに大容量バッテリー搭載モデルが日本でも登場です!

この記事には、モトローラが日本で発売するSIMフリースマホ「moto g8 power」の特徴とスペックを紹介しています。

「moto g8 power」の主な注目ポイントはコチラです。

注目ポイント

・5000mAhの大容量バッテリー
・アクションカメラを含むクアッドカメラ
・税込32800円の手頃な価格

注目ポイントを中心に「moto g8 power」情報をまとめておきます。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「moto g8 power」は2日駆動の大容量バッテリー搭載

「moto g8 power」は2日駆動の大容量バッテリー搭載

「moto g8 power」は、公式オンラインショップで税込32800円で販売。手頃な価格でバッテリー持ちに優れたスマホを探している方にとっては購入候補のスマホとなりそうな仕上がりです。

6.4インチの「Max Vision」ディスプレイ

6.4インチの「Max Vision」ディスプレイ

「moto g8 power」は約6.4インチのフルHD+ディスプレイを搭載しています。ディスプレイに開いた穴には1600万画素セルフィーカメラを搭載。

ベゼルもスリムに仕上がっており、ノッチ無しでスタイリッシュな前面デザイン。高い画面占有率でコンテンツへの高い没入感を期待できます。

5000mAhの大容量バッテリー

5000mAhの大容量バッテリー

「moto g8 power」はモデル名からも分かるように、大容量バッテリー搭載が大きな特徴です。

「moto g8 power」は5000mAhの大容量バッテリーを搭載。約2日間の駆動可能というバッテリー持ちの良さが魅力となります。

USBポートは「Type-C」。15分で最長8時間分の急速充電が可能とのことです。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

アクションカメラを含むクアッドカメラ

アクションカメラを含むクアッドカメラ

「moto g8 power」は1600万画素(メイン)+800万画素(望遠 光学2倍)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)のクアッドカメラを搭載。

お手頃価格のスマホとしては十分なカメラ構成になっています。ただし、「Moto G8 Plus」には搭載していたレーザーオートフォーカスは非搭載です。

「Moto G8 Plus」実機レビュー!アクションカメラのような動画が撮れるミドルスペックSIMフリースマホ」でも紹介している「Moto G8 Plus」のようなアクションカメラ技術を搭載しているということで、それも大きなポイントとなります。

LINK UN-LIMITプランが1年間無料キャンペーン>>楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

Snapdragon 665

「moto g8 power」のSoCは「Snapdragon 665」を搭載。ミドルスペックスマホ向けとしては標準的なパフォーマンスをもったSoCです。ドコモ、auからも発売予定の「Xperia 10 Ⅱ」にも搭載されています。

LINK Xperia 10 II SO-41A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

メモリ仕様は4GB RAM+64GB ROM。外部ストレージとしてmicroSDカードを使用できます。

SoC、メモリ仕様から、ウェブ閲覧、SNS、動画視聴などの用途であれば十分軽快に動作するパフォーマンスが期待できます。

指紋認証センサーは背面のモトローラロゴの部分に搭載

背面のモトローラロゴの部分には指紋認証センサーを搭載。このあたりはモトローラスマホらしいデザインです。

Wi-Fiは2.4GHz帯の「802.11 b/g/n」のみ対応なので注意が必要です。ボディカラーはスモーキブラック、カプリブルーの2色展開。

「moto g8 power」は2020年5月4日発売予定です。

LINK SIMフリースマホの発売日・価格情報まとめ

LINK moto g8 power | モトローラ公式オンラインストア

「moto g8 power」の対応バンド

「moto g8 power」の対応バンドは以下のとおりです。

4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

国内での仕様に適した対応バンドの構成になっています。なお、「au VoLTE」にも対応しているとのことです。

「moto g8 power」のスペック

「moto g8 power」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC

  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.36 インチ(2300×1080)
  • SoC:Snapdragon 665
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+8MP+8MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:75.9(W)×158.0(H)×9.6(D) mm / 197g

まとめ:「moto g8 power」は2日駆動の大容量バッテリー搭載

以上、「moto g8 power」情報をまとめておきました。

公式オンラインショップでの「moto g8 power」の価格は「Moto G8 Plus」よりも6000円ほど安い設定になっています。

両モデルのSoCとメモリ仕様は同じですが、「moto g8 power」は大容量なバッテリーを搭載しながら、一部スペックを抑えて低価格を実現しています。

「moto g8」はより低価格ですが

さらに低価格な「moto g8」も同時に発表されていますが、ディスプレイの解像度がHD+止まり。低価格モデルであることは間違いないですが、「moto g8」シリーズであれば「moto g8 power」以上を選択したほうが良さそうです。

少しでも参考になれば幸いです!

アンケート

「moto g8 power」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「moto g8 power」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

moto g8 power | モトローラ公式オンラインストア

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

国内スマホ SIMフリースマホ Motorola
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました