【日本発売期待】HMD Global「Nokia 6 (2018)」発表!SIMフリー Snapdragon 630 価格は約2.6万円~

HMD Globalは、「Android 7.1」を採用した新型スマートフォン「Nokia 6 (2018)」を2018年1月5日に発表しました。

Nokia 6 (2018)発表

新型スマートフォン「Nokia 6 (2018)」

「Nokia 6 (2018)」は、2017年に発売された「Nokia 6 (2017)」の後継モデルです。「Nokia 6」はミドルクラスのモデルと位置付けられていますが、2018年モデル「Nokia 6」は2017年モデルと比較すると大きくスペックアップしています。

Snapdragon 630

まず、「Nokia 6 (2018)」はSoCに「Snapdragon 630」を採用しています。2017年モデルのSoCは「Snapdragon 430」でした。エントリー向け「Snapdragon 4××」シリーズから、ミドル向けSoC「Snapdragon 6××」シリーズに変更されてます。

同じ「Snapdragon 630」を採用した日本発売済みのスマートフォンとしては、「IIJmio 「ZenFone 4 カスタマイズモデル」を11月22日に発売」にまとめている「ZenFone 4 カスタマイズモデル」などがあります。

「Snapdragon 630」採用のスマートフォンのAntutuベンチマークスコアはおよそ65000~68000。「Nokia 6 (2018)」は3Dゲームなどのヘビーな用途でなければ問題なパフォーマンスが期待できます。

他のスペック

「Nokia 6 (2018)」は5.5インチのフルHDディスプレイを搭載しています。トレンドとなっている縦長ディスプレイではありません。ディスプレイは2.5Dの強化ガラスに覆われています。気になるボディ幅は75.8mmとなっています。

メモリ仕様は、RAMが4GB、ROMが32GB/64GBとなっています。ミドルクラスとしては十分な仕様です。また、最大128GBのmicoSDカードに対応しています。

Nokia 6 (2018)の背面

リアには1600万画素カメラ、リアには800万画素カメラを搭載。ともにシングルカメラです。ボディ背面に指紋認証センサーを搭載しています。

Nokia 6 (2018)のボディカラー

バッテリーは3000mAhで、USBポートはType-Cです。カラーはブラックとホワイトの2色展開。

「Nokia 6 (2018)」の価格

「Nokia 6 (2018)」の中国での販売価格は32GB ROMモデルが1499元(約2.6万円)、64GB ROMモデルが1699元(約3.0万円)です。

日本発売について

「Nokia 6 (2018)」はスペックとコストのバランスの優れたモデルとなっています。残念ながら、現時点で日本での発売はアナウンスされていません。

「Nokia 6 (2018)」のスペック

「Nokia 6 (2018)」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 630
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:16MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.8(W)×148.8(H)×8.15(D) mm / 172 g

「Nokia 6 (2018)」が発表されました。第一印象は縦長ディスプレイやデュアルカメラなどのトレンド機能を追わずに、シンプルに仕上げてきた印象です。シンプルなモデルとなっていて、スペックの割には低価格な印象を受けます。SoCがパワーアップしているのはいい感じですね!

Source

诺基亚手机 | Nokia Phones

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiスマホに興味津々。

やすスマをフォローお願いします
SIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント