【実機レビュー】なんとケースが付いているよ!「HUAWEI nova lite」の付属品チェック

2017年2月24日に発売した、ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI nova lite」をさっそく入手しました。

多面的にチェックしたレビューは別記事として書いています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

素晴らしいコスパで、発売後すぐに話題になっている「HUAWEI nova lite」の付属品について紹介しておきます。

なんと、「HUAWEI nova lite」にはクリアケース(ハード系)が付属しています!クリアケースを中心に紹介しておきます。

「nova lite」の付属品チェック

まずは、「nova lite」の付属品を並べてみました。

nova lite 付属品一覧

「クイックスタートアップガイド」、「保証書」、「イヤホン」、「ACアダプター」、「USBケーブル」、「SIMトレイピン」そして「クリアケース」が付属しています。

マニュアル

「クイックスタートアップガイド」は簡易的なものになっています。詳しいマニュアルはファーウェイ・ジャパンのホームページにアップされています。「HUAWEI nova lite」を楽しむために一読しておきたいですよね!リンクを掲載しておきます。

参考Huawei – HUAWEI nova lite – 携帯電話 – ユーザーマニュアル

コンパクトなACアダプター

「HUAWEI P9 lite」などのファーウェイ製のSIMフリースマホと同様に、ACアダプターはコンパクトなものになっています。

nova lite ACアダプター

液晶保護フィルムはなし

ファーウェイ製のスマホの一部では、購入時に液晶フィルムが貼られています。「HUAWEI nova lite」は2.5D曲面ガラスを採用していることもあり、購入時点で液晶フィルムは貼られていません。

液晶フィルムを貼りたい場合は、別途購入する必要があります。ただ、2.5D曲面ガラスを採用しているので、液晶フィルム選びは慎重に行う必要があると考えます。

「HUAWEI nova lite」の液晶フィルム選びについて別ページに書いています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

クリアケースをチェック

付属品の中で最も注目度が高いと思われるクリアケースについては少し詳しく紹介しておきます。まずは本体と並べて撮影しておきました。

nova lite クリアケース

ケース自体のクリア感はそれなりといった感じです。実際に装着してみての感じをチェックしておきます。

装着前

付属のクリアケースを装着する前の「HUAWEI nova lite」の背面です。「【実機レビュー】ファーウェイ 「nova lite」は驚愕コスパでビビった!」にまとめているように、非常に美しいデザインです。

nova lite ケース装着前

装着後

付属のクリアケースを「HUAWEI nova lite」に装着した後に、背面を撮影してみました。

nova lite ケース装着後

ケース自体のクリア感がそれなりでしたので、どのような感じになるか気になっていました。実際に装着してみると「当分はいけそう!」という印象です。

気になるケースの厚さも分かるように撮影しておきました。

nova lite ケース厚さ

ケースの厚さはそれなりに感じます。それ以上に、他メーカーであれば別売りの場合が多いケースが標準で付属しているというファーウェイのユーザーに対する思いが伝わってきます。メーカーとしてのスタンスが見えてきますよね!

今後も、「HUAWEI nova lite」を触って、気になる点をフォローしていきますので、お楽しみに!!!

まとめ

「HUAWEI nova lite」の付属品をチェックしてみました。クリアケースが付属することは本当に嬉しい配慮ですよね!

「やすスマ」は、「HUAWEI nova lite」のTPU素材の軽量クリアケースを別にオーダーしています。付属しているケースとの違いをチェックすることと、転落時のリスクを軽減するためにTPU素材をチョイスしました。

「HUAWEI nova lite」を楽しむためのアクセサリーもリサーチしておきたいですね!

以上、「HUAWEI nova lite」を検討されている方に、参考になる内容があれば幸いです。

Source

「HUAWEI nova lite」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

huaweiSIMフリー実機レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント