NTTドコモが中古端末のSIMロック解除条件を変更 | 総務省のガイドライン

ドコモ 中古機種のSIMロック解除条件を変更

NTTドコモは、2019年2月20日からSIMロック解除の受付条件を一部変更することを発表しました。

今回は大きな変更となります。

変更内容

今回の条件変更によって、知人・友人などから譲り受けた携帯電話機、中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機のSIMロック解除の手続きが可能となります。

総務省のガイドラインに対応する動きですね!

「ドコモオンライン」では無料

「ドコモオンライン」でのSIMロック解除の手続きの場合には、dアカウントが必要ですが、事務手数料が無料でSIMロック解除を行うことができるようになります。

「ドコモショップ」でのSIMロック解除の手続きの場合には、一部の機種を除き、1台あたり3,000円の事務手数料がかかります。

今回の変更による、受付条件や対象機種の詳細については、ドコモのSIMロック解除の手続きで今後案内される予定です。

今回の条件変更によって、購入した中古端末でもSIMロック解除が可能となります。

au、ソフトバンクの他の大手キャリアの今後の動向も注目したいですね。

Source

ドコモからのお知らせ SIMロック解除の受付条件を一部変更

スポンサーリンク
docomoSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました