【日本発売期待】背面にもディスプレイを搭載したSIMフリースマホ「nubia X」 | SD845採用のハイスペック

デュアルスクリーン搭載「nubia X」

nubia X

中国のNubiaは、背面にも有機ELディスプレイを搭載したハイスペックスマートフォン「nubia X」を発表しました。

「nubia X」の特長はなんといっても前面ディスプレイ、背面ディスプレイの2つのディスプレイを搭載している点です。注目モデル「nubia X」についてまとめておきます。

「nubia X」のスペックと特長

「nubia X」のデュアルスクリーン

メインディスプレイは6.26インチのフルHD+(2280×1080)ディスプレイを搭載。背面に5.1インチのHD+(1520×720)有機ELディスプレイを搭載しています。

2つのディスプレイを搭載したことで、前面カメラを廃止。ノッチなしのフルスクリーンデザインとなっていて、前面の画面占有率は93.6%を達成しています。

フルスクリーンに近づけるために、Xiaomiの「Mi Mix 3」のようにスライド式でカメラを搭載することがトレンドとなりつつあるなかで、Nubiaは2つのディスプレイを搭載してきました。

Snapdragon 845

「nubia X」は2つのディスプレイだけが特長でなく、基本スペックもハイレベルです。SoCには「Snapdragon 845」を採用。

各社のフラグシップモデルに搭載されているSoCということで、ハイパフォーマンスが期待できます。

RAMは6GB/8GB(LPDDR4X)、ROMは64GB/128GB/256GB(UFS 2.1)です。microSDカードの使用はサポートしていません。

「nubia X」はAndroidスマートフォンとしては最高クラスの性能が期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキングまとめ

デュアルカメラ

さきほど書いたように、「nubia X」はカメラを背面のみに搭載しています。

背面カメラは1600万画素(F1.8)+2400万画素(F1.7)のデュアルという構成になっています。

背面に搭載したディスプレイを見ながら、背面カメラでセルフィー撮影が可能となっています。

バッテリーは3800mAh。USBポートはType-Cです。指紋認証センサーは側面の左右に1つずつ、合計2つ搭載しています。

「nubia X」の価格

「nubia X」の価格は、6GB/64GBモデルが3299元(約5.4万円)、8GB/128GBモデルが3699元(約6.1万円)です。

ボディの前面と背面に合計2つのディスプレイを搭載した革新的な構成になっているモデルの価格としてはかなり手頃な感じです。

「nubia X」のスペック

「nubia X」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.26インチ(2280×1080)+5.1インチ(1520×720)
  • SoC:Snapdragon 845
  • CPU:Octa Core 2.8GHz×8
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB/256GB
  • カメラ:REAR:16MP+24MP FRONT:✕
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3800mAh
  • サイズ/重量:73.3(W)×154.1(H)×8.4(D) mm / 181 g

Source

nubia X – Nubia

SIMフリーZTE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント