【日本発売期待】高性能カメラ搭載!ZTE「 Nubia Z11 miniS 」情報 SIMフリー 16/10/18

Nubia Z11 miniS

ZTEは、2016年10月17日に、中国にてNubiaブランドスマートフォンの新型モデル「 Nubia Z11 miniS 」を発表しました。2016年10月25日に現地で発売予定となっています。

モデル名から分かるように、「 Nubia Z11 miniS 」は今年4月に中国で発売した「 Nubia Z11 mini 」の後継モデルとなっています。前モデルと比較すると大幅にスペックアップした「 Nubia Z11 miniS 」についてまとめていきます。

ZTEは、日本のSIMフリースマホ市場にも積極的に魅力的なモデルを投入しています。別ページに、DSDS対応機「 BLADE V7Max 」について、【レビュー】DSDS対応「 BLADE V7Max 」を詳細レビュー|プロモードなど追記を書いておりますので、よろしければ御覧ください。

また、ZTEジャパンは、10月21日にAXON7AXON7 miniを日本で発売します。

ZTE ミドルクラススマホ「 Nubia Z11 miniS 」の特長

ZTEの新型スマホ「 Nubia Z11 miniS 」は、価格帯からすると比較的にスペックの高いスマートフォンとなっています。主な特長としては、2000万画素オーバーのリアカメラなど、カメラ機能が強化されている点が挙げられます。

ソニー製センサー採用のカメラ

Nubia Z11 miniS

「 Nubia Z11 miniS 」の最も大きな特長は、強化されたカメラ性能です。ソニー製センサーを採用したカメラについては、リアカメラが2300万画素、フロントカメラが1300万画素となっています。リアカメラだけでなく、フロントカメラも強化されている点は、使用用途によっては大きな特長となります。

ミドルクラスとしては充実したスペック

SoCについては、ZenFone 3(ZE520KL)と同じSnapdragon 625が搭載されています。

メモリについては4GB RAM、内部ストレージについては64GB ROMまたは128GB ROMです。このあたりは、ハイスペックモデルと比較しても遜色ないものとなっています。

Nubia Z11 miniS

デザインについて、まず目を引くのはメタルボディとなっている点です。ボディ背面には指紋センサーを搭載しており使い勝手についても配慮されています。

5.2インチフルHDディスプレイは、2.5Dガラスに覆われており、丸みを帯びたボディデザインとなっています。

中国での販売価格

非常にスペックが充実したミドルクラススマホ「 Nubia Z11 miniS 」は、64GB ROMモデルが1499元(約23100円)、128GB ROMモデルが1899元(約29300円)となっています。カメラ性能の高さとスペックからするとかなり魅力的な価格設定です。

「 Nubia Z11 miniS 」スペックレビュー

ZTEのSIMフリースマホ「 Nubia Z11 miniS 」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 6.0
ディスプレイ5.2 インチ(1920×1080)
SoCSnapdragon 625
CPUOcta-Core 2.0GHz
ROM64GB/128GB
RAM4GB
カメラREAR:23MP(f2.0) FRONT:13MP(f2.2)
指紋センサー
Wi-Fi802.11b/g/n/ac (5GHz&2.4GHz)
USBType-C
SIMnanoSIM×2
バッテリー3000mAh
サイズ/重量72.1(W)×146.1(D)×7.6(H) mm / 158g

Source

「 Nubia Z11 miniS 」製品ページ|ZTE

※詳細については各社のHPで必ず確認ください>

SIMフリーZTE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント