【日本発売期待】「nubia Z20」は両面にディスプレイ搭載の驚きのハイスペックスマホ SIMフリー ZTE

「nubia Z20」はデュアルディスプレイ搭載のハイスペックスマホ

「nubia Z20」

ZTEのサブブランドnubiaの新型スマートフォン「nubia Z20」情報のまとめページです。

「nubia Z20」は両面に合計2枚のディスプレイを搭載しているのが大きな特長です。

nubiaブランドのスマートフォンでは「nubia X」に続いてのデュアルディスプレイ搭載スマホです。

「nubia Z20」の特長とスペックを紹介しておきます。

「nubia Z20」の特長とスペック

「nubia Z20」を語る上でまず外せないのがデュアルディスプレイです。

OnePlus 7 Pro」のようなポップアップ式、「ZenFone 6」のようなフリップ式カメラなど、前面カメラをどのように搭載するかの工夫を各メーカーが行っていますが、「nubia Z20」では2枚のディスプレイを搭載するという驚きのギミックを採用しています。

6.42インチ+5.1インチのディスプレイ

「nubia Z20」のデュアルディスプレイ

前面に6.42インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイ、背面に5.1インチのHD+(1520×720)ディスプレイを搭載しています。

2つのディスプレイともにAMOLED(有機EL)パネルを採用しています。

トリプルカメラ

「nubia Z20」のトリプルカメラ

背面に搭載している4800万画素+1600万画素+800万画素のトリプルカメラは、背面ディスプレイを使うことでセルフィー撮影用カメラとしても使うことができます。

デュアルディスプレイを採用したことで、前面カメラが不要となり、前面がほぼスクリーンという非常に洗練されたデザインになっています。

Snapdragon 855 Plus

デュアルディスプレイばかりに目が行きがちですが、「nubia Z20」の基本スペックは非常に充実したものになっています。

SoCに「Snapdragon 855 Plus」を採用。パフォーマンスの高さに定評のある「Snapdragon 855」の性能を向上させたバージョンです。

ベースの「Snapdragon 855」の性能から考えても、十分のパフォーマンスが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB、内部ストレージ容量が128GB/512GBです。

バッテリー容量は4000mAh。27W出力の急速充電に対応しています。USBポートは「Type-C」です。

指紋認証センサーはボディ左右の2箇所に搭載されています。どちらの面のディスプレイを使用しているときでも違和感なくロック解除できるようになっています。

ボディカラーはブラック、ブルー、オレンジです。

「nubia Z20」の価格

「nubia Z20」の価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが3499元(約5.2万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが3699元(約5.5万円)、8GB RAM+512GB ROMモデルが4199元(約6.3万円)です。

バージョン間の価格差がそれほど大きくないので、できれば8GB RAM+512GB ROMモデルが選びたいところですね!

「nubia Z20」の発売日

中国では「nubia Z20」が2019年8月16日に発売されています。他の地域でも発売が予定されていて、9月から順次発売されます。

現時点で日本での「nubia Z20」の発売についてのアナウンスはありません。

「nubia Z20」のスペック

「nubia Z20」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android Pie
  • ディスプレイ:6.42インチ(2340×1080)+5.1インチ(1520×720)
  • SoC:Snapdragon 855 Plus
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/512GB
  • カメラ 48MP+16MP+8MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.26(W)×158.63(H)×9.0(D) mm / 186 g

アンケート

「nubia Z20」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

nubia Z20 – nubia

SIMフリーZTE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました