【日本発売期待】OnePlus フラグシップモデル「OnePlus 3」 6GB RAM

【日本発売期待】OnePlus フラグシップモデル「OnePlus 3」 6GB RAM Snapdragon 820 16/7/31

OnePlus フラグシップSIMフリースマホ「OnePlus 3」

OnePlus 3

中国の新興メーカーOnePlusは新型フラグシップAndroidスマートフォン「OnePlus 3」を2016年6月15日に海外で発売しました。

「OnePlus 3」は昨年発売された「OnePlus 2」の後継モデルです。

OnePlusから過去発売されていた機種については、発売直後は販売数が限られていたことから「招待制」をとっていましたが、「OnePlus 3」からは発売直後の「招待制」を廃止して販売されています。

後継モデル「 OnePlus 3T 」発表!

2016年11月15日に「OnePlus 3」の後継モデル「 OnePlus 3T 」が発表されました。「OnePlus 3」をベースに、「Snapdragon 821」を搭載するなど、いくつかの部分で確実にスペックアップを果たしています。

【日本発売期待】最高峰スペック「OnePlus 3T」発表 Snapdragon 821

「OnePlus 3」の特長

注目の「OnePlus 3」の主な特長について紹介していきます。

Snapdragon 820採用

「OnePlus 3」は、フラグシップモデルということで、他社のフラグシップモデルと同様にSnapdragon 820を採用しており、高いパフォーマンスを実現しています。

「OnePlus 3」は、他社のフラグシップモデルでも珍しい6GB RAMを搭載するなどハイスペックなモデルとなっています。

「Optic AMOLEDディスプレイ」を採用

「OnePlus 3」は5.5インチディスプレイを採用しています。

「OnePlus 3」のディスプレイ解像度については、他社のフラグシップモデルに見られるようなフルHDを超える解像度は採用されていません。

一方で、「OnePlus 3」は「Optic AMOLEDディスプレイ」を搭載しており、明るい環境での視認性が向上し、色再現力にも優れているようです。

Antutu ベンチマークでトップのパフォーマンス

「OnePlus 3」は、Antutu発表のスマートフォン2016年上半期ベンチマークスコアランキングで、唯一の140,000超えでトップとなっています。

「OnePlus 3」をはじめとする、Antutuベンチマークスコアランキングについては詳しくは以下を御覧ください。

USB Type-C採用

「OnePlus 3」は、USB Type-Cを採用しています。USB Type-Cは、ケーブルの上下関係なくどちらでも接続できる規格となっています。

カメラはソニー製センサーを採用

「OnePlus 3」は、メインカメラにソニー製センサーを採用しており、1600万画素となっています。

海外での販売価格

「OnePlus 3」の中国での販売価格は2,499元(およそ38,500円)となっています。ハイスペックモデルとしては安い価格帯になっています。

「OnePlus 3」のスペックレビュー

「OnePlus 3」は、大容量6GB RAMを搭載したハイスペックモデルです。主なスペックは以下のとおりとなっています。

  • OS:OxygenOS(Android 6.0)
  • SoC:Snapdragon 820 Quad Core 2.2GHz×2+1.6GHz×2
  • ROM:64GB
  • RAM:6GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア1600万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:3,000mAh
  • サイズ/重量:74.7(W)×152.7(D)×7.35(H) mm / 158g

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

Source

OnePlus 3製品ページ

SIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました