【日本発売期待】最高峰スペック「OnePlus 3T」情報|GEARBESTクーポン

「OnePlus」は、2016年11月15日に、フラグシップモデル「OnePlus 3T」を発表しました。

OnePlus 3T

ハイスペックスマホ「OnePlus 3T」

「OnePlus 3T」は、今年6月に発売された「 OnePlus 3 」の後継モデルです。

前作「OnePlus 3」は、「Antutu」のベンチマークランキングで一時期はトップに立つなど、高い性能で評判となりました。
なお、「Antutu」のベンチマークランキングについては別ページにまとめています。合わせてチェックしてみださい。

AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?8月はASUSのスマホがワンツーを達成
このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベンチマーク結果のまとめページです。 AnTuTuが公開しているベンチマークスコアランキン...

後継モデル「OnePlus 3T」は、前モデルと比較すると、SoCがハイエンド「Snapdragon 821」を搭載するなど、確実にスペックアップしています。
ベンチマークアプリ「Antutu」では、16万点オーバーの非常に高いスコアとなっています。なお、前モデルの「OnePlus 3」の「Antutu」のスコアは14万点強でした。

「OnePlus 3T」は、まず米国にて平成28年11月22日より発売され、順次、各国にて発売となります。米国での販売価格は64GB ROMモデルが439ドル(約48000円)、128GB ROMモデルが479ドル(約52,400円)となっています。

GEARBESTで「OnePlus 3T」販売中

GEARBESTでは、「OnePlus 3T」を販売中です。

2016年12月17日現在、「OnePlus 3T」の6GB RAM+64GB ROMモデル(グレー)の割引クーポンが発行されています。

クーポンを適用すると通常価格$499.99から$454.99(およそ47266円)に割引。割引クーポンのコードは「OneP3T」です。クーポン適用回数が上限に達すると利用できない仕組みになっています。

OnePlus 3T

販売価格は日々変動します。興味のある方は是非ご確認ください。


OnePlus 3T 4G Phablet – 6GB RAM 64GB ROM GRAY|GEARBEST

「OnePlus 3T」の主な特長

「OnePlus 3T」は、前作「OnePlus 3」のデザインを踏襲しながら、いくつかの部分で確実にスペックアップを果たしています。

前作「OnePlus 3」から進化した点を中心として、「OnePlus 3T」の主な特長をまとめておきます。

Snapdragon 821搭載

「OnePlus 3T」は、SoCとして、各社のフラグシップモデルで採用が増えてきた「Snapdragon 821」を搭載しています。CPUはクアッドコアプロセッサで、動作クロック2.35 GHzの高クロック版になっており、高いパフォーマンスが期待できます。

128GB ROMモデルも登場

「OnePlus 3T」は、前作「OnePlus 3」にはなかった128GB ROMモデルが用意されます。メモリは6GB RAMとなっており、ストレージ容量は64GB ROM、128GB ROMの2つのバージョンがラインナップされています。

フロントカメラが1600万画素に強化

フロントカメラについては、前作「OnePlus 3」の800万画素カメラからスペックアップしており、「OnePlus 3T」では1600万画素カメラが搭載されています。自撮り(セルフィー)機能を重視されるユーザーにとってうれしいスペックアップです。

バッテリー容量3400mAh

「OnePlus 3T」のバッテリー容量は3400mAhと、前作から400mAhの容量アップしています。外観は前作を踏襲している中で、うれしい強化ポイントです。

「Dash Charge」搭載

「OnePlus 3T」には、急速充電機能「Dash Charge」を搭載しています。「OnePlus 3T」を30分の充電することで、バッテリー容量のおよそ60%まで充電することが可能となっています。

他のスペック

ディスプレイは5.5インチAMOLEDフルHDディスプレイを搭載。USB Type-Cコネクタを採用し、指紋認識センサーも搭載しています。

「OnePlus 3T」のボディカラーは、ガンメタル、ソフトゴールド、ソフトゴールド(2017年1月追加)の3色です。

「 OnePlus 3T 」のスペックレビュー

「 OnePlus 3T 」はAndroidスマホでは最高峰のスペックです。「 OnePlus 3T 」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 7.0
ディスプレイ5.5 インチ(1920×1080)
SoCSnapdragon 821
CPUQuad-Core 2.35 GHz×2+1.6 GHz×2
ROM64GB/128GB
RAM6GB
カメラREAR:16MP(f2.0) FRONT:16MP(f2.0)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
指紋センサー
USBType-C
バッテリー3400mAh
サイズ/重量74.7(W)×152.7(D)×7.35(H) mm / 158g

ついに「OnePlus 3T」が発表されました。スペックについてはおおむね噂されていたとおりだと思います。Antutuベンチマークなどでのスコアか楽しみです!

Source

「 OnePlus 3T 」製品ページ|OnePlus

「三十分で一日のパワー」?

OnePlusは、公式Twitterにおいて、以下のような画像を公開しています。

完全に「ファイナルファンタジー15」を意識した画像になっています。「Dash Charge」機能について日本語で表現されています。残念ながら、あまり「OnePlus 3T」との明確な関連は感じませんが、珍しい内容ですのでまとめておきます!

スポンサーリンク
OnePlusSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました