【日本発売期待】「OnePlus 6」は最高峰スペックで手頃な価格のSIMフリースマホ【クーポン情報を追加】

フラグシップモデル「OnePlus 6」

OnePlusは、2018年5月16日に、新型Androidスマートフォン「OnePlus 6」を発表しました。「OnePlus 6」は、人気モデル「OnePlus 5T」の後継モデルで、Androidスマートフォンとしては最高峰のパフォーマンスをほこるハイスペックなモデルです。

【日本発売期待】フラグシップモデル「OnePlus 5T」は縦長ディスプレイ搭載の文句なしのハイスペックモデル 価格は約5.6万円~ クーポン情報 SIMフリー
中国のOnePlusは、2017年11月16日に、新型ハイスペックスマートフォン「OnePlus 5T(ワンプラス 5T)」を発表しました。 「OnePlus 5T」は今年6...

「OnePlus 6」は米国における発売日は2018年5月22日です。米国での販売価格は529ドル(約5.8万円)~629ドル(約7.0万円)。

「OnePlus 6」はAndroidスマートフォンとしては最高峰のスペックとなっていることを考えると、かなり手頃な値段になっています。他社の同等レベルのハイエンドモデルと比較するとおよそ3割強ほど安い価格設定です。

OnePlus 6発表

残念ながら「OnePlus 6」の日本でのリリースはアナウンスされていません。

ページ下部に「OnePlus 6」のクーポン情報を掲載しています。

OnePlus 6の特長まとめ

日本でも注目を集めている「OnePlus」シリーズの最新モデル「OnePlus 6」の特長をまとめておきます。

AMOLED(有機EL)ディスプレイ

OnePlus 6

「OnePlus 6」のデザインでまず目を引くのはノッチ付きの縦長ディスプレイ。6.28インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しています。ディスプレイ自体の形状はやや丸みのあるものになっています。

Snapdragon 845

SoCには「Snapdragon 845」を採用。クアルコム製の最新ハイエンド向けSoCです。AnTuTu(Ver7)の総合スコアではおよそ270,000が見込まれる文句なしのパフォーマンスをもったSoCです。

AnTuTu ベンチマークランキングまとめ | スコアNo1のハイスペックスマホは? 2018年9月ランキング追加
AnTuTuのベンチマークスコアまとめ このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベンチマーク結果のまとめページです。 AnT...

メモリ仕様

「OnePlus 6」のメモリ仕様は、RAMが6GB/8GB、ROMが64GB/128GB/256GB。ROMは高速なUFSを採用。メモリ仕様も十分にハイレベルです。

デュアルカメラ

背面には1600万画素+2000万画素のデュアルカメラを搭載。ともにF1.7という明るいレンズを採用。前面には1600万画素カメラを搭載。3つのカメラはすべてソニー製のセンサーを採用しています。

OnePlus 6のデュアルカメラ

スマートフォンのカメラ性能を評価している「DxoMark」では、「OnePlus 6」のカメラスコアを公表しています。

DxoMark」における「OnePlus 6」の評価スコアは、PHOTOが100、VIDEOが86で、総合スコアは96となっています。

2018年8月4日段階で、「DxoMark」のスマートフォンのカメラ評価では10位にランクインしています。

Source

OnePlus 6 review: The alternative flagship

顔認証対応

ガラス素材のバックパネル

指紋認証センサーはボディ背面に搭載。ボディ背面はGorila Glass 5を用いたデザインとなっています。全体的に光沢感のある美しいデザインを実現しています。廃止される機種が増えてきた3.5mmのイヤホンジャックですが、「OnePlus 6」はしっかりと搭載しています。

急速充電対応

バッテリー容量は3300mAh。5V4Aの急速充電に対応しています。OSはAndroid 8.0ベースの「OxygenOS」を採用。ボディカラーはMirror Black、Midnight Black、Silk Whiteの3色展開です。

対応バンド

「OnePlus 6」の対応バンド(LTE,WCDMA)は以下のとおりです。

FDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/32/66/71

TDD LTE: Band 34/38/39/40/41

WCDMA: Band 1/2/4/5/8/9/19

びっくりするぐらいに豊富なバンドに対応しているのが「OnePlus 6」の魅力となります。

OnePlus 6の価格

「OnePlus 6」の米国での価格は、6GB RAM+64GB ROMモデルが529ドル(約5.8万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが579ドル(約6.4万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが629ドル(約7.0万円)です。

SD 845+8GB RAM+256GB ROMで価格はおよそ7万円です。これは素晴らしいコストパフォーマンスです。

「OnePlus 6」のスペック

「OnePlus 6」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:OxygenOS(Android 8.0)
  • ディスプレイ:6.28 インチ(2280×1080)
  • SoC:Snapdragon 845
  • CPU:Octa Core 2.8GHz×8
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB/256GB
  • カメラ:REAR:16MP(IMX 519)+20MP(IMX 376K) FRONT:16MP(IMX 371)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3300mAh
  • サイズ/重量:75.4(W)×155.7(H)×7.75(D) mm / 177 g

発売22日目で100万台販売達成【2018年6月17日追記】

「OnePlus 6」は発売以来、最高峰のパフォーマンスと手頃な価格で評判となっています。

OnePlusは公式facebook上に、「OnePlus 6」の販売状況について情報を公開しました。

OnePlus 6は22日で100万台をセールス

「OnePlus 6」は発売から22日で100万台を販売。このセールスは、以前リリースした「OnePlus 5T」、「OnePlus 5」の販売状況を大きく上回っているということです。

Banggoodでクーポン発行

SIMフリースマホを含む、海外ガジェットを多数取り扱っている「banggood.com」において、注目の「OnePlus 6」クーポンが発行されています。

クーポンを適用することで、「OnePlus 6」がクーポン価格となります。クーポン適用後の価格は、「OnePlus 6」の8GB RAM+128GB ROMモデルが445.49ドルです。

「OnePlus 6」 8GB/128GB


OnePlus 6 8GB RAM 128GB ROM – banggood

コード「11BGOP8

「OnePlus 6」の6GB RAM+64GB ROMモデルが395.45ドルです。

「OnePlus 6」 6GB/64GB


OnePlus 6 6GB RAM 64GB ROM – banggood

コード「11BGOP64

「OnePlus 6」を狙ってい方はぜひともチェックしてみてくださいね!

海外フラグシップスマートフォンまとめ

「OnePlus 6」以外にも海外モデルには魅力的なフラグシップモデルがリリースされています。

別ページに、海外のフラグシップモデル情報をまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

【2018年】海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ | ハイスペックなSIMフリースマホが勢揃い
海外モデルのフラグシップスマートフォンまとめ このページには、海外メーカーの最新フラグシップAndroidスマートフォンを紹介しています。海外メーカーが多数リリースしているハイスペックなSIMフ...

Source

OnePlus 6 – OnePlus (United States)

OnePlusSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント