【日本発売期待】「OnePlus 7 Pro」はポップアップカメラ搭載の尖ったハイスペックスマホ 価格は669ドル~

人気のハイスペックシリーズ「OnePlus 7 Pro」情報

OnePlus 7 Pro

OnePlusは、ハイスペックを追求した「OnePlus 7」シリーズを発表しました。

「OnePlus 7」シリーズには上位モデル「OnePlus 7 Pro」と通常モデル「OnePlus 7」がラインナップ。

このページには、上位モデル「OnePlus 7 Pro」の特長やスペックをまとめて紹介しておきます。

上位モデルということで、機能としてはさらに尖ったものになっています。価格は669ドル(約7.3万円)~と、従来のOnePlusシリーズよりも高くなりましたが、魅力的な仕上がりになっています。

ポップアップカメラ搭載でほぼベゼルレス化

ポップアップカメラ搭載でフルスクリーンデザイン

「OnePlus 7 Pro」は、電動でポップアップするインカメラを採用。OnePlusシリーズ初のポップアップ式のカメラを採用したことで、ノッチが不要となったことで、前面がほぼスクリーンという、フルスクリーンデザインを実現しています。

【日本発売期待】「ZenFone 6」は驚きのフリップ式カメラを搭載したASUSのフラグシップスマホ SIMフリー
ASUSは、人気シリーズの最新モデル「ZenFone 6」を発表しました。メインカメラが回転することでインカメラとなる独自の機構を採用したハイスペックなスマートフォンに仕上がっています。5000mAhの大容量バッテリーを搭載。手頃な価格も大きな魅力です。

有機ELディスプレイのフルスクリーンデザイン

「OnePlus 7 Pro」は6.67インチのFluid AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。有機ELディスプレイを採用し、ハイレベルな画面表示が期待できます。QHD+(3120×1440)という高解像度をもったディスプレイです。

リフレッシュレートが90Hzのディスプレイということで、従来よりもなめらかな表示が可能となります。

ディスプレイ内の指紋認証センサー

指紋認証センサーはディスプレイに内蔵。従来のディスプレイ内指紋認証センサーよりも認証エリアが大きくなり、高速な認証が実現されているということです。

トリプルカメラ

「OnePlus 7 Pro」のトリプルカメラ

背面には4800万画素(標準)+1600万画素(広角)+800万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載。

DxOMark Mobile」において、「OnePlus 7 Pro」のカメラ総合スコアは111をマーク。スマートフォンでは歴代3番目の高いスコアをマーク(2019年5月15日時点)。

トップスコアの「HUAWEI P30 Pro」、「Galaxy S10 5G」とは僅差です。

「OnePlus 7 Pro」のカメラはスマートフォンのカメラではトップクラスの性能です。

ハイレベルなスペック

ハイスペックが売りの「OnePlus」シリーズということで、「OnePlus 7 Pro」のスペックはAndroidスマートフォンで最高レベルのものになっています。

クアルコムのハイスペック向けSoC

SoCは「Snapdragon 855」。クアルコムの最新ハイスペック向けSoCです。Androidスマートフォンでは最高レベルのパフォーマンスを実現しています。

高速なUFS 3.0対応ストレージ

メモリ仕様はRAM容量が6GB/8GB/12GB、内部ストレージ容量が128GB/256GB。内部ストレージは「UFS 3.0」のものを採用していて、従来よりも大幅に高速です。microSDカードには非対応です。

参考AnTuTu ベンチマークランキング – やすスマ

大容量バッテリー

バッテリー容量は4000mAhと大きめです。30W急速充電「Warp Charge 30」に対応していて、大容量バッテリーを短時間で充電可能になっています。

ステレオスピーカーを搭載していて、オーディオ機能にも力が入っています。なお、3.5mmのオーディオジャックは非搭載です。

一方で、最新スマホでトレンド機能になっているワイヤレス充電には対応していません。防水・防塵もサポートしていません。

「OnePlus 7 Pro」の対応バンド

メーカー公表の「OnePlus 7 Pro」の対応バンドは以下のとおりです。

FDD LTE: B1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,18,19,20,25,26,28,29,30,66,71
TDD-LTE: B34,38,39,41,46,48
UMTS: B1,2,4,5,8,9,19
CDMA: BC0,BC1
GSM: B2,3,5,8

多くの通信バンドに対応していることも「OnePlus 7 Pro」の大きな魅力です。

3色のボディカラー

「OnePlus 7 Pro」のカラーはMirror Grey、Nebula Blue、Almondの3色展開です。

「OnePlus 7 Pro」の価格

「OnePlus 7 Pro」の価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが669ドル(約7.3万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが699ドル(約7.6万円)、12GB RAM+256GB ROMモデルが749ドル(約8.2万円)です。

12GBモデルが人気になりそうな価格設定ですね!

米国、中国などでの発売が発表されていますが、執筆時点で「OnePlus 7 Pro」の日本発売はアナウンスされていません。

「OnePlus 7 Pro」のスペック

「OnePlus 7 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:OxygenOS(Android 9.0 Pie)
  • ディスプレイ:6.67 インチ(3120×1440)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+8MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.9(W)×162.6(H)×8.8(D) mm / 206 g

アンケート

「OnePlus 7 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「OnePlus 6T」 8GB/128GB


OnePlus 6T 8GB/128GB – banggood

Source

OnePlus 7 Pro – OnePlus

OnePlusSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました