【日記】「OnePlus 7T」がついに着弾!初のOnePlusスマホに興奮気味です【GEARBESTで購入】

GEARBESTで注文していた「OnePlus 7T」がついに着弾です!

筆者はクーポン情報をまとめているときに、その安さにくらっとしてポチりました。

「OnePlus 7T 8GB+256GB」がクーポンで493.59ドル | 筆者は安さに負けて勢いでポチった
GEARBESTで「OnePlus 7T」を対象とするクーポンが新たに発行されています。発売直後としては非常に安くなっています。

人気のスマートフォンということで、品薄状態となってしまい、注文してから20日弱での到着となりました。

「OnePlus 7T」がついに着弾

「OnePlus 7T」の外箱

筆者のもとに届いた「OnePlus 7T」の外箱です。

ちなみに購入したのは8GB RAM+256GB ROMモデルです。

イメージカラーの赤を全面に押し出した外箱が印象的です。

「OPPO Reno A 128GB」と並べてみた

非常に縦に長い外箱です。同じく縦長が印象的だった「OPPO Reno A 128GB」と並べてみました。「OnePlus 7T」の方がさらに長くなっています。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

「OxygenOS」が搭載されていました

パッケージは中国語だらけですが、注文したのは「international edition」と表記されていたモデルです。

開封前は中国市場向けの「H2OS」かと思っていましたが、実際に起動してみるとグローバル市場向けの「OxygenOS」が搭載されていました。

日本語表示やGoogleサービスに対応

「OxygenOS」搭載しているということで日本語表示やGoogleサービスに対応していて安心です。

特に、日本語表示に設定すると、まるで日本のスマートフォンかと思ってしまうほどです。

まぁ、OnePlusはOPPO系ですので、当然といえば当然かもしれません。

美しいデザイン

美しいデザイン

筆者にとっては初めてのOnePlusスマホです。これまでもOnePlus 5/OnePlus 6シリーズなどで魅力的だなぁ~と思っていましたが、縁がありませんでした。

実際に手にとってみると、スペック表ではわからないような、細かな部分が非常に作り込まれていて、『これはめっちゃレベル高そう!』と感じています。

レビューを執筆するために、「OnePlus 7T」の検証を開始しています。レビューは後日公開予定です。ご期待いただければ幸いです。

実機レビューを公開しました

「OnePlus 7T」の実機レビューを公開しました。非常に魅力あふれる仕上がりに感激しています。ぜひ興味のある方は一読ください【2019年11月24日追記】。

【実機レビュー】「OnePlus 7T」でスペックだけでないOnePlusスマホの実力を痛感
「OnePlus 7T」がうちに到着したので、レビューしています。初のOnePlusスマホとなりましたが、スペック表からは分からないような「OnePlus 7T」の素晴らしいクオリティに感銘を受けています。「OnePlus 7T」に興味のある方はぜひご一読ください!

GEARBESTの「OnePlus 7T」クーポン

GEARBESTでは「OnePlus 7T」を対象とするクーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「OnePlus 7T」の8GB RAM+256GB ROMモデルが499.98ドルとなります。

販売ページ

OnePlus 7T
OnePlus 7T 8GB+256GB -GEARBEST

クーポンコード「GBOPAUTHENTI」

「OnePlus 7T」に興味をお持ちの方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
OnePlus SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました