【実機レビュー】「OnePlus 7T」でスペックだけでないOnePlusスマホの実力を痛感

ついに、ついに、ついに、「OnePlus 7T」の8GB RAM+256GB ROMモデルが到着!!!せっかくなので、「OnePlus 7T」に興味を持っている方にレビューをお届けします!

「OnePlus 7T」を購入したのはGEARBEST。クーポン情報を見ていて、安さにクラっときてこのようになりました(笑)

筆者としては初のOnePlusスマホ。実際に「OnePlus 7T」を手にとってみると、OnePlusスマホへの評価が高い要因をビシバシ肌で感じています

「OnePlus 7T」の実機レビュー

「OnePlus 7T」の実機レビュー

うちに到着した「OnePlus 7T」。どうもかなり人気のようで、注文してから20日掛かって到着しました。

「Mi Note 10」はオーダーから1週間以内に到着したように、最近のGEARBESTはかなり早く届くことが増えています。

「OnePlus 7T」は人気のために品薄状態になっていて時間が掛かったようです。

販売ページ

OnePlus 7T
OnePlus 7T 8GB+128GB -GEARBEST

クーポンコード「GBOP7T8128B」

▲クーポン適用で、「OnePlus 7T」の8GB RAM+128GB ROMモデルが474.99ドルとなります▲

「OnePlus 7T」のスペック

まずは、「OnePlus 7T」の主なスペックからおさらいです。

  • OS:OxygenOS 10 (Android 10)
  • ディスプレイ:6.55インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 855 Plus
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB/256GB (UFS 3.0)
  • カメラ REAR:48MP+16MP+8MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○(ディスプレイ内蔵)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3800mAh
  • サイズ/重量:74.44(W)×160.94(H)×8.13(D) mm / 190 g

上位モデル「OnePlus 7T Pro」もあり

上位モデルとして「OnePlus 7T Pro」もあり。ポップアップのカメラ性能や高解像度ディスプレイなどで「OnePlus 7T」を上回る部分もありますが、両機種の共通部分も多くなっています。

【日本発売期待】「OnePlus 7T Pro」は90Hzの高速表示ディスプレイ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
ついに「OnePlus 7T Pro」が発表!強力スペックモデルの中身はいかに。 ...

SoCはともに「Snapdragon 855 Plus」です。「OnePlus 7T Pro」と比較してもパフォーマンス面ではそれほど差がないと判断して、「OnePlus 7T」をチョイスしています。

「OnePlus 7T」は間違いなくハイスペックなスマートフォンです。

では、さっそく開封しながら実機をチェックしていきます。

「OnePlus 7T」の付属品

「OnePlus 7T」の付属品

開封して、まずは付属品と並べてみました。

保護ケース、USB充電器、USBケーブル、クイックマニュアル、SIMピンが付属しています。

保護ケースが付属

保護ケース

柔らかい素材の保護ケースが付属しています。背面のキズが気になる方には必須のアイテムですね。

別に買わなくても、保護ケースが無料で手に入るのはうれしいところです。

この保護ケースについては、別ページにレビュー記事を掲載しています。よろしければ合わせて読んでみてくださいね!

「OnePlus 7T」に付属の保護ケースは、しっかりカバーするタイプのものでした【レビュー】
「OnePlus 7T」には保護ケースが付属しています。無料で手に入る保護ケースということで、どのような品質になっているかが気になるところです。付属の保護ケースをレビューしておきます!

ディスプレイの保護フィルムは貼られています

ディスプレイの保護フィルムは貼られています

あと、「OnePlus 7T」をよーく見ると、ディスプレイには保護フィルムが貼られています

保護フィルムはキレイに貼れていて、当面は問題なく使えそうな感じです。

「OnePlus 7T」の付属品にアクセサリー類が充実しています。追加購入しなくても安心して使えるのは非常にうれしいところです。

日本のAmazonでも「OnePlus 7T」用の保護ケースなどのアクセサリーが販売されています。付属のアクセサリーで満足できない場合には購入をご検討くださいね。

「OnePlus 7T」のデザインをチェック

「OnePlus 7T」のデザインをチェック

続いて、「OnePlus 7T」のデザインをチェックします。今回はグレイシャーブルーのカラーをチョイスしました。他にも、フロストシルバーカラーがあります。

「OnePlus 7T」の背面はものすごく美しい仕上げ

美しい背面デザイン

「OnePlus 7T」の背面をみると、その上品なカラーが目を引きます。光の当たり方が異なると、微妙に違う色合いになります。海を思い出すような非常に美しい背面です。

背面のガラス素材はマット仕上げになっていて、指紋の跡がそれほど気になりません。

背面にはトリプルカメラを搭載

背面のトリプルカメラ

背面のトリプルカメラは円形の部分に収められています。高性能なカメラですが、少し出っ張りがあります。

エッジにかけてわずかにカーブする形状

ボディのエッジにかけてわずかにカーブする形状になっています。手に取ると持ちやすさを実感します。

一方で、マット加工の背面は少し滑りやすい感じになっています。落としたときのダメージが心配な方は保護ケースを装着するか、保護フィルムを購入するかを検討ください

「OnePlus 7T」のボディ側面

次にボディの側面を見ていきます。

ボディの下部

USBポートは「Type-C」です。横にはスピーカーが確認できます。光り輝くフレームも美しいです!

2つのスピーカーでステレオサウンド

「OnePlus 7T」はディスプレイ上部にもスピーカーを搭載。2つのスピーカーによるステレオサウンドを楽しむことができます。

SIMスロットには防水用パッキン

SIMスロット

SIMスロットはデュアルSIM対応です。nanoSIMカードをスロットの裏表に入れる感じで、防水用のパッキンも確認できます。

microSDカードは非対応

なお、microSDカードの使用はサポートしていません。容量不足が心配な方は大容量なモデルをチョイスしておいてください。

alert slider

alert slider

ボディ右側面の電源ボタンの上には「alert slider」があります。サイレント/バイブ/着信音有りの設定を物理式のスライドボタンで手軽に設定することができます。

残念ながら「OnePlus 7T」はイヤホンジャックを非搭載です。

「OnePlus 7T」は有機ELディスプレイ採用

美しい有機ELディスプレイ

「OnePlus 7T」は6.55インチの有機ELディスプレイを搭載しています。このディスプレイはめちゃんこ美しいんです!

水滴型のノッチあり

スリムなベゼル

水滴型のノッチありですが、スリムなベゼルで高い画面占有率を実現しています。

ボディの幅

なんとか片手操作できる

ボディ幅は75mmを少し切る感じです。筆者(成人男性)でなんとか片手操作できるレベルです。

重さを計測

重さを計測

「OnePlus 7T」の重さを計測してみました。うちのスケールでは「192.3g」でした。6.1インチの「iPhone 11」と同じような重さですね。

最近のスマートフォンは大画面化・高性能化によって200g超えの機種も増えてきています。「OnePlus 7T」が重たくて困ると感じることはありません。

「OnePlus 7T」のデザインチェックまとめ

以上、「OnePlus 7T」のデザインを中心にまとめておきました。

総合的には、とても500ドル程度で販売されているスマートフォンとしては文句なしのハイレベルなデザインです。

特に背面のエレガントな仕上がりは、写真よりも実際に見ていただくとさらに感じてもらえると思います。

次は、「OnePlus 7T」のパフォーマンスを中心にチェックしていきます。

販売ページ

OnePlus 7T
OnePlus 7T 8GB+128GB -GEARBEST

クーポンコード「GBOP7T8128B」

▲クーポン適用で、「OnePlus 7T」の8GB RAM+128GB ROMモデルが474.99ドルとなります▲

「OnePlus 7T」のパフォーマンスをチェック

「OnePlus 7T」のパフォーマンスをチェック

「OnePlus 7T」の大きな魅力の一つは、そのハイスペックさです。

上位モデルが存在しているとはいえ、他社のフラグシップモデルに引けを取らないパフォーマンスを持っています。

「OnePlus 7T」は美しくて、高速駆動する有機ELディスプレイを搭載

美しい有機ELディスプレイを搭載

「OnePlus 7T」の有機ELディスプレイは、最大90Hzで駆動するものになっています。

一般的な60Hz駆動ディスプレイを搭載するスマートフォンと比較すると、より滑らかな画面表示を実現しています。

高フレームレートに対応するゲームをプレイするときにはより滑らかな画面表示が期待できます。ゲームプレイだけでなく、一般的なスクロールをする場面でも優れた追従性を発揮します。

90Hz駆動と60Hz駆動の選択は設定メニューから行えます。ちなみに、初期設定は90Hz駆動です。

有機ELならではの美しい画面表示

また、当然ながら、有機ELディスプレイならではの鮮やかで引き締まった発色が非常に美しいです。

屋内であれば輝度が50%程度でも十分な明るさを確保できています。「HDR10+」にも対応していて、申し分のない性能を持ったディスプレイです。

ノッチありのデザインですが、小さめのノッチということで没入感を大きく下げることなくコンテンツを楽しむことができます。

横から見たときの視野角

横から見たときの視野角もいい感じです。

ディスプレイ設定を紹介

別のページに「OnePlus 7T」の美しいディスプレイをさらに楽しむためのオススメ設定をまとめています。

ジェスチャーナビゲーションや画面リフレッシュレートの設定などについて書いています。ぜひ合わせて読んでいただけるとうれしく思います。

【実機レビュー】「OnePlus 7T」の高性能ディスプレイのおすすめ設定を紹介
「OnePlus 7T」は、スペック表からでは分からないような細かな工夫が盛り込まれています。本...

優れたディスプレイ内指紋認証センサー

ディスプレイ内指紋認証センサー

「OnePlus 7T」は指紋認証センサーをディスプレイ内に搭載

このディスプレイ内指紋認証センサーが非常に優秀です。特に認証速度が素晴らしく、物理ボタン式の指紋認証センサーと大差ないレベルに到達しています。

物理式のセンサーと同様に、軽くタッチするだけでサクッと認証する感覚です。

登場してすぐのディスプレイ内指紋認証センサーは、物理式のセンサーに比べると認証速度がイマイチでしたが、「OnePlus 7T」のディスプレイ内指紋認証センサーは素晴らしく進化したものになっています。

「OnePlus 7T」のベンチマーク結果

「AnTuTu Ver 8」で計測

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 8」を使って、3回連続でスコア計測を行っておきました。「AnTuTu Ver 8」は、Ver 7と比較すると、総合スコアが1~2割程度上昇した結果になります。

「OnePlus 7T」のSoCには「Snapdragon 855 Plus」を搭載。現行では最高峰のパフォーマンスをもったSoCです。

「AnTuTu Ver 8」の結果

3回ともおよそ48万点のスコアを叩き出しています。連続でベンチマークを行っても大きな発熱はなく、安定して計測することができていました。

AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?9月もASUSのスマホがワンツー達成
このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベン...

ベンチマーク結果の優秀さだけでなく、ベンチマーク計測のような負荷がかかる作業でも、しっかりと発熱を素晴らしくコントロールできています。

実際に操作していても、非常に軽快な動作を実現しています。500ドルを下回る価格から考えると驚異のパフォーマンスです。

「OnePlus 7T」のトリプルカメラ

「OnePlus 7T」のトリプルカメラ

「OnePlus 7T」は背面にトリプルカメラを搭載。

トリプルカメラの構成はこんな感じです。

  • 4800万画素のメインカメラ(Sony IMX586センサー/F1.6/光学手ブレ補正)
  • 1600万画素の超広角カメラ(F2.2)
  • 800万画素の望遠カメラ(光学2倍/F2.2)

OnePlusのカメラアプリは非常にシンプルで、被写体に応じて超広角/標準/望遠をワンタッチで切り替えながら撮影を楽しむことができます。

写真撮影モードもシンプルで、写真/ポートレート/夜景のみです。

肝心の画質も良好です。

メインカメラで撮影。

メインカメラで撮影

光学2倍ズームの望遠カメラで撮影。

望遠カメラで撮影

広角カメラで撮影。

広角カメラで撮影

マクロ撮影も可能となっていて、最短2.5cmの距離での接写が可能です。マクロモードをオンにして、マクロ撮影にもチャレンジ。

マクロ撮影

マクロ撮影に対応した点は前モデル「OnePlus 7」から進化した部分です。

「OnePlus 7T」の高速な内部ストレージ

筆者が購入した「OnePlus 7T」の内部ストレージ容量は256GBです。

内部ストレージの状況はこんな感じです。

内部ストレージの状況

初回起動時では空き容量がおよそ「227GB」となっています。microSDカードの使用はサポートしていませんが、これだけの空き容量があれば安心ですね。

筆者のメインノートパソコンよりも空き容量が大きいです、、、。

また、「OnePlus 7T」は「UFS 3.0」の内部ストレージを搭載。高速なファイルの読み書きによって、高速な動作を引き出しています。

「Androbench」を使って、内部ストレージのベンチマークを行っておきました。

「Androbench」でベンチ

シーケンシャルリードはおよそ1500MB/s、シーケンシャルライトはおよそ400MB/sというとんでもない速度を叩き出しています。

実際に使ってみても、アプリをインストールする際にもファイルの読み込みがあっという間に終わります。

ハイスペックモデルでは「UFS 3.0」が徐々に広まりつつありますが、今後はさらに採用が増えてきそうです。

30Wの急速充電対応

「Warp Charge 30T」に対応

「OnePlus 7T」の>バッテリー容量は3800mAh。スマホのバッテリーの大容量化が進む中では標準的なバッテリー容量です。

注目すべきは有線での充電性能です。30Wの急速充電「Warp Charge 30T」に対応しています。

高出力な急速充電によって、バッテリーの70%をおよそ30分で充電可能となっています。

朝起きてから充電して外出するまでに十分な充電ができちゃうレベルです。

ワイヤレス充電には非対応

一方で、ワイヤレス充電(無線充電)には非対応となっています。上位モデルの「OnePlus 7T Pro」も非対応です。

ワイヤレス充電に対応する機種が増えてきている中で、非常に残念な非対応ですね。

OSはOxygenOS 10

「OnePlus 7T」のOSは「OxygenOS 10」を採用。Android 10ベースとしてOnePlusが独自開発したOSです。

初回起動したときの「OnePlus 7T」のホーム画面がこんな感じです。

OSはOxygenOS 10

めっちゃすっきりしたホーム画面です。Googleサービス、OnePlusアプリ以外では「NetFlix」に気が付くぐらいです。必要最低限の構成といった感じです。

「OnePlus 7T」実機レビューまとめ

以上、筆者にとって初のOnePlusスマホとなった「OnePlus 7T」をレビューしました。

これまでOnePlusスマホにいまひとつ興味を持っていなかった自分に猛烈に後悔しています。

およそ500ドルで手に入るスマートフォンとしては輝く存在といっていいでしょう。

トータルでの仕上がりがハイレベルすぎます。明らかなマイナスポイントがワイヤレス充電に非対応ぐらいしか思いつきません。

「OnePlus 7T」は本当に素晴らしいスマホです。

GEARBESTの「OnePlus 7T」クーポン

GEARBESTでは「OnePlus 7T」を対象とするクーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「OnePlus 7T」の8GB RAM+128GB ROMモデルが457.99ドル8GB RAM+256GB ROMモデルが497.99ドルとなります。

販売ページ

OnePlus 7T
OnePlus 7T 8GB+128GB -GEARBEST

クーポンコード「GBOP7T8128B」

販売ページ

OnePlus 7T
OnePlus 7T 8GB+256GB -GEARBEST

クーポンコード「GBOPAUTHENTI」

Banggoodの「OnePlus 7T」クーポン

banggood.comでは「OnePlus 7T」の割引クーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「OnePlus 7T」の8GB RAM+128GB ROMモデルが479.99ドル8GB RAM+256GB ROMモデルが489.99ドル~になります。

販売ページ


OnePlus 7T 8GB 128GB – Banggood

クーポンコード「BG12OP7T128」

販売ページ


OnePlus 7T 8GB 256GB – Banggood

クーポンコード「BG12OP7T256」

「OnePlus 7T」に興味をお持ちの方はぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうとうございます。

当ブログでは、スマートフォンをオトクに使うための情報を発信しています。

今回の「OnePlus 7T」と同じように、スマートフォンの実機レビューを他にも掲載しています。

「OnePlus 7T」に興味を持っていただいた方に当ブログのオススメする実機レビュー記事を紹介しておきます。

よろしければ、本記事と合わせて一読いただけるとうれしく思います。

【実機レビュー】「Mi Note 10」はめっちゃスゴなペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売期待】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。
【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。
【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク
OnePlus SIMフリー 実機レビュー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. かかバナナ より:

    「OnePlus 7T」実機レビューまとめの
    「これまでOnePlusスマホにいまひとつ興味を持っていなかった自分に猛烈に『公開』しています。」ってなっていますよ…。後悔では。

    • やすスマやすスマ より:

      ご指摘ありがとうございました。
      変換ミスで申し訳ございません。さっそく訂正しておきました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました