OPPOの日本ファーストモデル「OPPO R11s」発表!SIMフリー 価格は57980円 デュアルカメラ

OPPO Japanは、日本進出のファーストモデルとなるSIMフリースマートフォン「OPPO R11s」を2018年2月9日に発売することを発表しました。「OPPO R11s」の価格は57980円(税抜)。ビックカメラやヨドバシカメラで販売されます。

参考まもなく発売されるSIMフリースマホ一覧表|やすスマ

「OPPO R11s」

OPPO R11s

「OPPO R11s」は6.01インチの有機ELディスプレイを搭載したフラグシップモデルです。高い画面占有率をほこり、ボディ幅が75.5mmと一般的な5.5インチモデルと同等になっています。

デュアルレンズカメラ

「OPPO R11s」のリアには2000万画素+1600万画素デュアルカメラを搭載しています。2つのカメラともにF1.7という明るいレンズを採用。1600万画素カメラは明るい場所での撮影用、2000万画素カメラは暗い場所での撮影用となっています。明るさに応じて使用するカメラが自動的に切り替わります。

インカメラは2000万画素(F2.0)。A.I.ビューティーモードを搭載していて254ポイントで顔の特徴を取得します。それぞれのユーザーに最適な補正を施された自撮り撮影を行うことが可能です。

「OPPO R11s」は顔認証にも対応しています。A.I.顔認証技術によって、ユーザーの顔の特徴を0.08秒で認識します。

Snapdragon 660

SoCには「Snapdragon 660」を採用。CPUはオクタコア(2.2GHz×4+1.9GHz×4)です。ミドルクラス向けのSoCですがパフォーマンスの高さが評判です。同じ「Snapdragon 660」搭載機のAntutuスコアはおよそ11万となっています。

バッテリー容量は3205mAhです。OPPO独自の急速充電技術を搭載しています。USBポートが「micro USB」となっているのは少し残念な点です。指紋センサーをボディ背面に搭載しています。

3大キャリアのVoLTEに対応

「OPPO R11s」はNTTドコモ、au、ソフトバンクの3台キャリアすべてに対応。デュアルSIM(nano×2)仕様となっていて、DSDSにも対応しています。

「OPPO R11s」のスペックレビュー

「OPPO R11s」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:ColorOS 3.2(Android 7.1)
  • ディスプレイ:6.01 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:20MP+16MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3205mAh
  • サイズ/重量:75.5(W)×155.1(D)×7.1(H) mm / 153g

Source

R11s – OPPO Japan

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiスマホに興味津々。

やすスマをフォローお願いします
OPPOSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. がんなくしさ より:

    魅力的で値段もいいが実際に触って見なければ分からない点もある。
    6インチのディスプレイが受け入れられるか疑問。
    カメラに特化しているのならファーウェイP9の時の様に実際に体験できるイベントをやってほしいですね。言葉だけでは伝わらないので

    OSは独自だがしっかりと作られていると信じるが実際に見てみないとわからないな。
    既にどこかのサイトではレビュー記事が載っていたな。

  2. やすスマ やすスマ より:

    がんなくしさ 様

    やすスマです。
    コメントいただきありがとうございます。

    確かに体験イベントが開催されると購入判断の大きな材料となりますね。
    私もぜひとも開催を期待したいです。

    今後ともやすスマをよろしくお願い致します。