【日本発売期待】OPPO「Realme 2 Pro」を発表 | SD660搭載で価格が約2.2万円~の超コスパスマホ

OPPOのサブブランドスマホ「Realme 2 Pro」

Realme 2 Pro

OPPOは、サブブランド「Realme」の新型スマートフォン「Realme 2 Pro」をインドにおいて発表しました。

「Realme 2 Pro」は、「Snapdragon 660」を搭載したミドルスペックSIMフリースマホです。

「Realme 2 Pro」のスペック・特長

Xiaomiが「POCOPHONE F1」をサブブランドモデルとして投入するなど、中国メーカーのサブブランド展開がホットになってきています。

「Realme 2 Pro」の価格は13,990ルピー(約2.2万円)~と低価格に設定されていますが、スペックは充実したものになっています。

Snapdragon 660

「Realme 2 Pro」のSoCは「Snapdragon 660」を採用。発表されてから少し経過したSoCですが、「Xiaomi Mi 8 Lite」など、今もなお採用モデルが続々と投入されています。ベンチマークアプリ「AnTuTU Ver 7」の総合スコアは13万弱ほどが見込まれ、ミドルスペック向けSoCとしてのパフォーマンスは十分に期待できます。

メモリ仕様は、RAMが4GB/6GB/8GB、ROMが64GB/128GBとなっています。microSDカード(最大256GB)もサポートしています。

8GB RAMモデルがびっくりするぐらいに手頃な価格に設定されています。

6.3インチディスプレイ

「Realme 2 Pro」は6.3インチディスプレイ(2340×1080ドット)を搭載。トレンドとなっているノッチ付きになっています。水滴型の小型なノッチになっています。ディスプレイ表面は、2.5D強化ガラス「Gorilla Glass 3」に覆われています。

デュアルカメラ

Realme 2 Proのデュアルカメラ

メインカメラは1600万画素(f1.7)+200万画素(f2.4)のデュアルカメラ、サブカメラは1600万画素(f2.0)カメラという構成になっています。

トレンドのAIカメラとなっていて、被写体を自動で認識してシーン選択するなどの機能を搭載しています。サブカメラを用いての顔認証機能も搭載しています。

バッテリー容量は3500mAh。USBポートは残念ながらmicroUSBになっています。Wi-Fiは「802.11a/b/g/n/ac」に対応。高速な5.0GHz帯もサポートしています。

指紋認証センサーはボディ背面に搭載。ボディカラーはBlue Ocean、Black Sea、Ice Lakeの3色展開です。

「Realme 2 Pro」の価格

「Realme 2 Pro」のインドにおける価格は、4GB/64GBモデルが13,990ルピー(約2.2万円)、6GB/64GBモデルが15,990ルピー(約2.5万円)、8GB/128GBモデルが17,990ルピー(約2.8万円)です。

「Realme 2 Pro」のスペック

「Realme 2 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:ColorOS 5.2(Android 8.1)
  • ディスプレイ:6.3 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB/6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:16MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3500mAh
  • サイズ/重量:74.0(W)×156.7(H)×8.5(D) mm / 174 g

Source

Realme 2 Pro

OPPOSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント