「realme X2 Pro」は高性能クアッドカメラを搭載した驚異的な価格のハイスペックSIMフリースマホ【日本発売期待】

「realme X2 Pro」は驚異の価格のハイスペックSIMフリースマホ

OPPOが展開するサブブランドrealme。コスパ重視のラインナップ展開を行ってきたrealmeブランドから、文句なしのハイスペックなスマートフォンが登場です!

このページにはrealmeブランドのハイスペックモデル「realme X2 Pro」情報を掲載しています。

「realme X2 Pro」の特徴とスペック

「realme X2 Pro」の特徴とスペック

「realme X2 Pro」は、2019年9月発表の「realme X2」の上位モデルにあたります。「realme X2 Pro」は、現在のAndroidスマートフォンで最高水準の基本性能を持っています。

【日本発売期待】「Realme X2」は64MPクアッドカメラ搭載&高性能でコスパ爆発のSIMフリースマホ
中国のOPPOは、2019年9月にサブブランドRealmeシリーズの新型スマートフォン「...

ハイスペックな仕上がりでありながら、中国での販売価格は2599元(約4.0万円)~と手頃な価格を実現。さすがコスパ重視のrealmeブランドといった印象です。

SoCは「Snapdragon 855 Plus」

SoCは「Snapdragon 855 Plus」

「realme X2 Pro」はSoCに「Snapdragon 855 Plus」を採用。他のメーカーのゲーミングスマホやフラグシップモデルに採用されていて、ベンチマークで高スコアを叩き出す高性能SoCです。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB/12GB、内部ストレージ容量が64GB/128GB/256GBです。ストレージが128GB/256GBのモデルは高速な「UFS 3.0」規格になっています。

90Hzディスプレイ

90Hzディスプレイ

「realme X2 Pro」は6.5インチのフルHD+(2400×1080)ディスプレイを搭載。AMOLED(有機EL)パネル採用によって、高品質な画面表示が期待できます。

また、90Hz表示に対応しています。いわゆる、トレンドとなりつつある高速ディスプレイです。

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。新世代のセンサーを採用していて、0.23秒でロック解除を可能とのことです。

高性能なクアッドカメラ搭載

高性能なクアッドカメラ搭載

背面には6400万画素(標準)+800万画素(超広角)+1300万画素(望遠)+200万画素(ポートレート)のクアッドカメラを搭載。

Redmi Note 8 Pro」など、スマートフォンに少しずつ搭載されて始めている6400万画素カメラを搭載。非常にハイスペックなカメラ構成になっています。

ハイブリッド5倍ズーム、デジタル20倍ズームでの撮影が可能です。

高出力な急速充電

日常の使い勝手を左右する充電性能も強力です。最大50Wの急速充電「SuperVOOC」に対応。4000mAhバッテリーを35分でフル充電可能という素晴らしい充電スピードです。

同じOPPOの「OPPO Reno Ace」の65W充電まではいきませんが、20W未満の充電対応のスマートフォンが多い中で、「realme X2 Pro」の充電性能は驚愕レベルです。

ボディカラーはブルー、ホワイトの2色展開です。

OSはAndroid 9ベースの「ColorOS 6.1」。ダークモード表示に対応しています。

「realme X2 Pro」の対応バンド

メーカー公表の「realme X2 Pro」の対応バンドはコチラです。

中国モデル
2G:
GSM:850/900/1800/1900
CDMA:BC0
3G:
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
CDMA2000:BC0
TD-SCDMA:B34/B39
4G:
LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26
TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41

EUモデル
2G:GSM:850/900/1800/1900
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
4G:LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41

どちらのモデルも全体的に充実した、いい感じの対応バンドになっています。対応バンドのスペックも強力です。

「realme X2 Pro」の価格

手頃な価格も「realme X2 Pro」の特徴です。

中国における、「realme X2 Pro」の価格は、6GB RAM+64GB ROMモデルが2599元(約4.0万円)8GB RAM+128GB ROMモデルが2799元(約4.3万円)12GB RAM+256GB ROMモデルが3199元(約4.9万円)です(発売時点)。

12GB+256GBモデルの日本円換算が5万円切りです。素晴らしい価格設定です。

「realme X2 Pro」の発売日

「realme X2 Pro」は、中国において2019年10月18日発売ヨーロッパ市場においては2019年11月発売予定です。

日本での発売のアナウンスはありません。「realme X2 Pro」が日本発売されれば、かなり話題となりそうですが。

「realme X2 Pro」のスペック

「realme X2 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:ColorOS 6.1 ( Android 9ベース )
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 855 Plus
  • RAM:6GB/8GB/12GB
  • ROM:64GB/128GB/256GB
  • カメラ:REAR:64MP+8MP+13MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.7(W)×161.0(H)×8.7(D) mm / 199 g

Banggoodで「realme X2 Pro」のプロモーションセール

banggood.comでは中国版「realme X2 Pro」のプロモーションセールを2019年11月18日まで開催しています。

プロモーションセールでは、「realme X2 Pro」の8GB RAM+128GB ROMモデルが469.99ドルになります。

紹介している「realme X2 Pro」は128GB ROMモデルということで、内部ストレージが高速なUFS 3.0対応のものです。

ハイスペックで手頃価格を実現している「realme X2 Pro」に興味を持っている方はぜひチェックしてみてください。

アンケート

注目のハイスペックスマホ「realme X2 Pro」のアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票いただけるとうれしいです。

アンケート

「realme X2 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「realme X2 Pro」情報まとめ

これだけハイスペックでありながらこのような価格水準はなかなかないですね。「realme X2 Pro」は驚愕のコスパモデルだと感じています。

「realme X2 Pro」は「OPPO Reno Ace」と類似スペックが多いです。スペック上ではカメラセンサーや充電性能は異なりますが、かなり似たモデルになっています。

注目記事「OPPO Reno Ace」は驚きの65W超急速充電対応でSD855+搭載のハイスペックSIMフリースマホ

「OPPO Reno Ace」もコスパが高いモデルですが、「realme X2 Pro」はさらに価格を若干下げてきていて、さすがrealmeブランドといった印象です。

OPPOは、日本市場で驚愕のコスパをほこるミドルスペックモデル「OPPO Reno A」を発売し、日本でも今後のシェア拡大が予想されます。

日本でも、「realme X2 Pro」のような、手頃価格のハイスペックモデルのラインナップを拡大してほしいものです。

注目記事【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新たなスタンダードを示すスマホ

Source

realme X2 Pro – realme (China)

realme X2 Pro – realme (Europe)

スポンサーリンク
OPPO SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました