【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック【オススメ設定も紹介】

楽天モバイル向け「OPPO Reno A 128GB」の大きな魅力の1つとして、ディスプレイが高画質が期待できる有機ELを採用していることがあります。

ハイスペックモデルを中心に有機ELを採用するスマートフォンが増えてきました。「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイはどのようなクオリティか気になるところですね。

結論としては、非常に明るくメリハリのある画面表示で、期待に答えてくれるディスプレイでした。

このページには、「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック。さらには、画面表示に関わるオススメ設定も紹介しています。

「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック

屋内で「OPPO Reno A 128GB」と他のスマートフォンを比較してみました。

明るさはおよそ50%に設定して、自動調整はOFFにしています。

「HUAWEI Mate 20 Pro」と比較

「HUAWEI Mate 20 Pro」と比較

筆者のメイン機のソフトバンク版「HUAWEI Mate 20 Pro」と比較。

ともに有機ELを採用しています。明るさは「OPPO Reno A 128GB」の方が上で、メリハリは「HUAWEI Mate 20 Pro」の方が上という印象です。

ハイスペックな「HUAWEI Mate 20 Pro」と比較しても、「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイは十分なレベルに達している印象です。

「ASUS ZenFone 6」と比較

「ASUS ZenFone 6」と比較

続いて、サブ機の海外版「ASUS ZenFone 6」と比較。

「ASUS ZenFone 6」は液晶方式を採用しています。比較してみると違いを痛感します。

ちなみに「ASUS ZenFone 6」をディスプレイには何の不満もなく使えている現状です。

【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。

「OPPO Reno A 128GB」の方がメリハリのある画面表示になっています。

「HUAWEI Mate 20 Pro」・「ASUS ZenFone 6」と比較まとめ

「OPPO Reno A 128GB」を「HUAWEI Mate 20 Pro」・「ASUS ZenFone 6」と比較してみました。

液晶採用のスマホから有機EL採用のスマホに機種変更すると、はっきりと違いを体感することができます。

「OPPO Reno A 128GB」は有機EL搭載ということで、本体の薄型化にもつながっています。また、バッテリー持ちの良化にもつながってきます。

「OPPO Reno A 128GB」は、基本スペックがしっかりした上で、3万円台の価格帯でありながら有機ELを採用しています。これは大きな魅力と言っていいでしょう。

次に、「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイ周りについて、オススメ設定を紹介しておきます。

「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイ周りのオススメ設定

ディスプレイ周りのオススメ設定

まずはド定番の自動画面オフの時間変更です。設定メニューの「ディスプレイと輝度」から変更できます。

初期状態では「30秒」に設定されています。体感で、ちょっと置いておくとすぐに画面がオフになっている!と感じる方が多いと思います。

上の「自動画面オフ」をタップします。

「自動画面オフ」時間を変更

画面を自動オフする時間を変更できるのでお好みの時間に変更してみてください。ちなみに、筆者の好みは「2分」です。

フォントサイズの変更

「OPPO Reno A 128GB」を使ってみると、フォントサイズが少し大きい?と感じる方もいらっしゃると思います。

フォントサイズも変更可能です。先ほどの「ディスプレイと輝度」→「フォントサイズ」から変更です。

小さいフォントサイズに変更

筆者は初期状態よりも小さいフォントサイズに変更してみました。

表示サイズを変更

次に、「ディスプレイと輝度」→「表示サイズ」で表示のサイズを変更できます。

表示のサイズを変更

「標準」、「小」、「大」の3段階です。筆者は「小」に変更しています。

筆者は「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイに情報量を増やしたいので、そのような設定に変更してみました。

ぜひ、お好みの設定を探してみてくださいね!

「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェックまとめ

以上、「OPPO Reno A 128GB」の有機ディスプレイをチェックし、オススメ設定も紹介しておきました。

日本発売の3万円台のスマートフォンでも有機EL採用とはいい時代になってきました。

【2019年】日本発売のコスパ重視のおすすめSIMフリースマホをランキングで紹介【格安スマホ/おサイフケータイ】
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キ...

以上、参考にしていただき、「OPPO Reno A 128GB」を楽しんでいただければ幸いです。

今のところ、楽天モバイルとの契約予定はないなぁ~。と思っている方に朗報です。

楽天市場では、通信契約不要で「OPPO Reno A 128GB」の端末のみの販売も行っています。ただし、かなり人気なようで、タイミングによっては売り切れ状態です。

定期的に在庫状況をチェックしながら、端末単体の購入を狙ってみるのもいいかもしれません。

また、「OPPO Reno A 128GB」の全体をレビューしている記事はコチラです。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク
OPPO 実機レビュー 格安SIM 楽天モバイル
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました