【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新たなスタンダードを示す激安なSIMフリースマホ

「OPPO Reno A 128GB」はFeliCa/防水・防塵対応の平均点以上スペックSIMフリースマホにまとめているように、「OPPO Reno A 128GB」が楽天モバイル向けモデルとして2019年10月1日に販売開始されました。楽天モバイルでの通常価格は35,273円(税別)です。

3万円台のSIMフリースマホでこの充実した機能性はすごい!

筆者はこんな感じの勢いで、発売日に「OPPO Reno A 128GB」を楽天モバイルでオーダーしました。なお、「OPPO Reno A 128GB」はSIMロックフリー仕様で提供されています。

関連 楽天モバイル

注目を集めて品薄状態が続いている、SIMフリースマホ「OPPO Reno A 128GB」をレビューしていきます。

「OPPO Reno A 128GB」をレビュー

「OPPO Reno A 128GB」が到着

期待感大で購入した「OPPO Reno A 128GB」。実際に触ってみると、

OPPOがミドルスペックモデルにも本気度MAX出してきた!

と感じる優秀な仕上がりでした。

「OPPO Reno A 128GB」には保護ケースや保護フィルムが付属

まずはさくっと「OPPO Reno A 128GB」の付属品をチェック。

縦長でびっくりするようなサイズ感の外箱に入っている本体以外の主な付属品としては、

「OPPO Reno A 128GB」の主な付属品

こんな感じのUSBケーブル、ACアダプター、イヤホンです。

また、うれしいことに

保護ケースが付属

TPU素材の保護ケースも付属しています。

保護ケースを追加で購入しなくても良いのは非常にうれしいところです。大切な「OPPO Reno A 128GB」になるべく傷をつけたくないですからね。

付属している保護ケースについては、別記事に詳しくチェックしています。気になる方は合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」に付属している保護ケースを詳しくチェック
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」。付属品には保護ケースがあります。別に購入しなくても保護ケースが手に入るのはうれしいところですが、具体的にはどんな感じのケースが付属するかを具体的に紹介しています。ぜひ御覧ください。

「OPPO Reno A 128GB」の外観

「OPPO Reno A 128GB」の外観で特に特徴的になってくるのは以下の2点です。

・小型な水滴型ノッチで高い画面占有率
・光沢感の高い背面デザイン

外観はチープな感じはなく、全体的にスタイリッシュな印象です。

前面からみると、ほぼディスプレイ

前面はほぼディスプレイ

まずは触れておきたいのは前面デザインです。

ノッチありのデザインですが、水滴型の小さめのものです。ベゼル幅も狭く、前面からみると、ほぼディスプレイといった感じです。

実際に、メーカー公称で画面占有率は91%を達成しています。

各メーカーがフルスクリーンデザインに力を入れています。「OPPO Reno A 128GB」もトレンドにしたがった文句のないデザインです。

保護フィルム有り

ディスプレイ表面を見てみると、少しわかりにくいですが、

保護フィルムがしっかり貼られてる!

レビュー機では保護フィルムがディスプレイ表面に。当分は使えそうなレベルの保護フィルムなのでうれしいところです。

光沢感ありありな背面デザイン

高い光沢感の背面

背面デザインは、最近のスマートフォンでよく見るような高い光沢感のものです。

今回、購入したのはブルーカラー。光があたるとブルーがグラデーションする美しい色合いです。

光の当たり方によっては、グリーンにも見えるような感じになっています。

手に馴染みやすい形状

サイドにかけて丸みをもたせた形状になっていて、手に持ったときのホールド感はいい感じです。

一方で、少し触っていると指紋の跡が気になることがあります。

OPPOのロゴもおしゃれな感じで、背面デザインの全体的なまとまりは良好です。

薄型軽量ボディ

「OPPO Reno A 128GB」のボディの厚さは7.8mmとスリムな仕上がりです。

SIMカードは未挿入の状態で、重量を計測しておきました。

「OPPO Reno A 128GB」の重量

計測環境によって結果が左右されることを考えると、ほぼスペック通りといった感じです。

ディスプレイサイズを考えると軽量な部類に入ります。

背面の丸みをもたせた形状も相まって、薄型で軽量なスマートフォンという印象を受けます。

関連 楽天モバイル

「OPPO Reno A 128GB」のパフォーマンス・スペック

「OPPO Reno A 128GB」のパフォーマンス・スペックで主な注目ポイントはコチラ。

・美しい有機ELディスプレイ
・大容量な内部ストレージ
・おサイフケータイ、防水・防塵対応

前述の通り、同一価格帯の人気SIMフリースマホと比較しても、「OPPO Reno A 128GB」は頭一つ抜けたスペックレベルになっています。

【2019年】日本発売の価格帯3~5万円のSIMフリースマホをランキング形式で紹介!分離プラン時代におすすめの格安スマホ
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キャリアの割引施策が終了となっています。その結果、端末の代金に向けられるユーザーの意識は高まりつつあり...

有機ELディスプレイ

高画質な有機ELディスプレイを搭載

電源を入れると、目に飛び込むのは美しい画面表示です。

それもそのはず。「OPPO Reno A 128GB」は約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載しています。解像度もフルHD+(2340×1080)なので問題なし。

有機ELディスプレイを採用したミドルレンジスマートフォンはまだ少なく、「OPPO Reno A 128GB」が貴重な存在です。

横から見てもこんな感じ。

視野角を確認

視野角が広く、明るさも十分で高品質なディスプレイを搭載しています。

「ZenFone 6」のディスプレイと比較

サブ機の海外モデル「ZenFone 6」と比較してみました。ともに明るさはおよそ50%で、自動調節OFFです。

ZenFone 6と比較

屋内では、液晶ディスプレイ搭載の「ZenFone 6」を大幅に上回る明るさです。

ZenFone 6」が暗いように見えますが、普段遣いでは十分なディスプレイ品質を体感しています。

「OPPO Reno A 128GB」のハイレベルな画面表示は大きな特徴です。

「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイについては、次の記事に詳しくまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック【オススメ設定も紹介】
「OPPO Reno A 128GB」の大きな魅力は有機ELディスプレイを搭載していることです。有機EL採用のハイスペックモデルは増えてきましたが、3万円台のスマホではまだレアな感じです。「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイを、「HUAWEI Mate 20 Pro」と「ASUS ZenFone 6」と比較しています。

ナビゲーションキーの配置

「OPPO Reno A 128GB」を触っていると気になるのがナビゲーションキーの配置です。

「OPPO Reno A 128GB」のナビゲーションキー

日本発売の一般的なスマートフォンとは異なる配置になっています。

気になる場合は、設定から配置を変更することもできます。

もし、スワイプジェスチャー操作を使ってナビゲーションキー自体を非表示にしたい場合も設定で変更できます。

スワイプジェスチャー設定も含む、ナビゲーションキーの設定方法は以下のページに詳しくまとめています。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」のナビゲーションキーのボタン配置を変更する方法
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」のナビゲーションキーのボタン配置を変更する方法を紹介しています。初期状態では多くのスマートフォンとは異なるボタン配置になっています。設定自体は非常にカンタンに行うことができますので、お悩みの方はぜひ御覧ください。

ディスプレイ内指紋認証センサー

ディスプレイ内に指紋認証センサーを搭載

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。

新世代にアップグレードしたセンサー搭載をうたっていて、OPPOの従来製品よりも高性能になっているとのことです。

確かに、メイン機の「HUAWEI Mate 20 Pro」のディスプレイ内指紋認証センサーと比較すると、解除スピードがワンテンポ速くなっている印象を受けます。

「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイ内指紋認証センサーについては、次のページで詳しく紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイ内指紋認証センサーをチェック 設定方法・認証速度
「OPPO Reno A 128GB」の指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。ハイスペックモデルを中心に搭載が増えている先進的なセンサーです。実際の指紋登録方法から使い勝手まで詳しく紹介しています。顔認証との併用が強烈に便利だったことも書いています。

ミドルハイ向けSoCと大容量な内部ストレージ

「OPPO Reno A 128GB」は、SoCに「Snapdragon 710」を搭載してます。

リリースされてから少し経過しているSoCですが、ミドルスペックモデルとしては十分なパフォーマンスを発揮するSoCです。

実際に、ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 7」でスコア計測を行っておきました。スコアはコチラのようになりました。

AnTuTuのベンチマーク結果

このぐらいのパフォーマンスがあれば、ウェブ閲覧、動作視聴、SNSなどの用途であれば軽快に動作するレベルです。

ベンチ計測は3回連続で行いましたが、それほど発熱を感じず、熱処理が安定している印象でした。少し負荷をかけても安定した動作が期待できそうです。

当ブログ計測の「AnTuTu Ver 7」のベンチマーク結果まとめはこんな感じです。

機種SoCスコア
ASUS ZenFone 6Snapdragon 855359,450
Xiaomi Mi 8Snapdragon 845268,054
HUAWEI honor 10Kirin 970199,447
HUAWEI honor 9Kirin 960182,735
HUAWEI MediaPad M5Kirin 960178,451
OPPO Reno A 128GBSnapdragon 710157,148
Xiaomi Redmi Note 7Snapdragon 660143,919
HUAWEI nova lite 3Kirin 710128,687
Xiaomi Mi A2Snapdragon 660125,996
Xiaomi Redmi Note 5Snapdragon 636116,593
HUAWEI nova lite 2Kirin 65988,527
HUAWEI P20 liteKirin 65987,620
HUAWEI P10 liteKirin 65877,304
ZenFone 3 ZE520KLSnapdragon 62575,951
※スコアは3回計測平均

筆者が愛用している「HUAWEI MediaPad M5」にも迫るスコアです。

【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」は使い勝手のいいハイスペックなSIMフリータブレット
ハイスペックモデルも含めてラインナップが揃っている「iPad」に比べて、Androidタブレットではハイスペックモデルがかなりレアになっています。 ファーウェイ・ジャパンが2018年...

ここ最近のミドルスペックスマートフォン向けSoCの性能向上は著しく、実際に触っていても「OPPO Reno A 128GB」のパフォーマンスはなかなかのものです。

2年ほど前のミドルスペックスマートフォンとは動作のスムーズさが格段に違います。ウェブ閲覧、SNS、動画視聴などでは本当に軽快に動作します。

大容量な128GBの内部ストレージ

充実したメモリ仕様も注目しておきたいポイントです。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB、内部ストレージ容量が128GBです。ハイスペックモデルに迫るような充実したメモリ仕様です。

特に楽天モバイル向けの「OPPO Reno A 128GB」は内部ストレージ容量が128GBの特別仕様になっています。気になる内部ストレージの状況を見ておきました。

初回起動直後で、内部ストレージの残容量が100GB強。アプリのインストールや動画撮影をガシガシ行っても安心な容量です。

外部ストレージとしてmicroSDカードの使用もサポート。ただ、SIM2スロットとmicroSDカードは排他利用です。

内部ストレージの状況について、別のページで詳しくチェックしていきます。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」の内部ストレージチェック 空き容量やベンチ計測で速度を確認
驚愕のコスパで話題の「OPPO Reno A」をご存知ですか?このページには楽天モバイルの「OPPO Reno A 128GB」の内部ストレージ状況をまとめています。空き容量や速度のベンチマークを計測しています。特に「OPPO Reno A 128GB」は大容量の内部ストレージが大きな魅力なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

デュアルSIM対応

「OPPO Reno A 128GB」のデュアルSIMスロット

「OPPO Reno A 128GB」のSIMスロットは、2枚のSIMを同時に挿すことができるデュアルSIMスロットです。

メーカーが公表している対応バンドも以下の通りで充実しています。

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
LTE TDD: Bands 38/39/40/41(full-band)

「OPPO Reno A 128GB」はSIMロックフリー仕様で提供されています。重要バンドをおさえた充実したものになっています。

以下のページに、楽天モバイル以外のMVNOサービスが提供する格安SIMも挿しての通信テストの内容をまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」のデュアルSIMスロットにSIMを挿して通信をチェック
「OPPO Reno A 128GB」にSIMカードを挿して通信テストした内容をまとめています。楽天モバイル向けですが、「OPPO Reno A 128GB」はSIMロックフリー仕様で提供されています。楽天モバイル以外のMVNOサービスが提供する格安SIMでも使えるようにはどのように設定するかも紹介しています。

当然ですが、「OPPO Reno A 128GB」はテザリングも可能です。外出先でモバイルルーターのように使用できます。

実際の「OPPO Reno A 128GB」でWi-Fiテザリングの設定方法はコチラにまとめています。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」のWi-Fiテザリングの設定方法を分かりやすく解説【格安スマホ】
優れたコスパと機能性で話題となっている「OPPO Reno A 128GB」のWi-Fiテザリング方法を紹介しています。手順にしたがってサクッと設定方法をまとめています。「OPPO Reno A 128GB」をモバイルルーターのように利用でき、外出先でもWi-Fi環境を構築することができます。

おサイフケータイ、防水・防塵対応

おサイフケータイ、防水・防塵に対応

「OPPO Reno A 128GB」はおサイフケータイ(FeliCa)、IP67レベルの防水・防塵に対応しています。

しっかりと日本ユーザー向けにカスタマイズした機能を搭載しています。

おサイフケータイ機能を搭載したSIMフリースマホを探している方には朗報ですね。

デュアルカメラを搭載

「OPPO Reno A 128GB」のデュアルカメラ

背面には1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。トリプルカメラ以上のスマートフォンが増えているので、スペック上ではすごく高性能なカメラではありません。

「OPPO Reno A 128GB」で撮影

ただ、実際にはAI機能を用いた撮影にも対応していて、スナップレベルであれば十分なレベルになっています。

前面カメラが2500万画素のものになっていて、OPPOのセルフィー撮影へのこだわりを感じます。

USBポートは「Type-C」

USBポートは「Type-C」

USBポートは「Type-C」です。イヤホンジャックもちゃんと有ります。

バッテリー容量は3600mAhと平均的。その代わりにボディの厚さが7.8mmに仕上がっています。

背面は丸みをもたせた形状になっていて、ボディ重量が約169.5gということもあって

おっ、実際に持ってみるとけっこうスリムで軽い!

と感じています。

充電性能

「OPPO Reno A 128GB」は5V/2Aと普通の充電出力です。

ミドルスペックモデルでも9A/2Aなどの高出力な急速充電に対応したスマートフォンも増えてきています。

手頃な価格から考えると仕方ないかもしれませんが、このあたりはもう少し頑張ってほしかったところです。

なお、ワイヤレス充電には非対応です。まだハイスペックモデルで徐々に増えてきたレベルですからこれは仕方ないですね。

OSは「Android 9」ベースの「Color OS 6」

「OPPO Reno A 128GB」のOSは「Android 9」ベースの「Color OS 6」。

「OPPO Reno A 128GB」のOSは「Android 9」ベースの「Color OS 6」

OPPOのスマホならではの「Color OS」ということで、操作は慣れが必要ということもあり、評価は分かれるところだと思います。

これまでに「Color OS」を使ったことのない筆者ですが、基本的な操作に関してはまったく問題なく使えています。

「ドロワーモード」にも変更可能

初期設定ではドロワーなしの表示モードになっています。「設定」メニューを開き、「待受画面&ロック画面マガジン」→「待受画面モード」で「ドロワーモード」に変更することができます。

OPPOのオフィシャルサポートページには「Color OS 6」のユーザーガイドが掲載されています。ぜひとも「OPPO Reno A 128GB」を楽しむために一読しておきたいですね!

参考OPPOオフィシャルサポート – OPPOオフィシャルカスタマーサービス

「OPPO Reno A 128GB」レビューまとめ

「OPPO Reno A 128GB」を実際に触ってみると、大きな欠点はなく、期待通りのバランス良好な仕上がりとなっています。

細かい部分をみると気になる点もありますが、「OPPO Reno A 128GB」で不満であればハイスペックモデルを購入するぐらいしかないのでは?という印象です。

関連 楽天モバイル

また、在庫状況次第ですが、楽天市場で「OPPO Reno A 128GB」を端末のみで購入することも可能です。

注目を集めているようで売り切れとなっていることもあります。再入荷の情報も含めて定期的にチェックしておきたいところですね。

LINK【端末のみ販売/通信契約不要】OPPO Reno A 128GB [SIMロックフリー] [OPPO/オッポ] [楽天モバイル] [送料無料] [楽天回線 対応]

スポンサーリンク
OPPOSIMフリー実機レビュー楽天モバイル
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. くま より:

    こんにちは。興味深く読ませていただきました。とても分かりやすいです。
    当方もこちらの機種を検討中ですが、LINEやGmail、着信があった場合に通知がされないとのレビューを見かけたのですか、本体をスリープ状態から起動させればそれぞれのアイコンに通知の表示がありますか?
    それとも、わざわざLINEをクリックして開けないとわからないのでしょうか。
    お返事くださると嬉しいです。

  2. やすスマやすスマ より:

    管理人のやすスマです。

    ブログをご覧いただきありがとうございます。
    返信が遅くなり申し訳ございません。

    少しでも参考にしていただけた部分があれば幸いです!

    この1週間はほとんど「OPPO Reno A 128GB」を触る時間が確保できていませんでした。

    さきほどGmailで状況を確認しました。

    Gmailについては本体をスリープ状態から起動させると通知バーに通知表示されています。

    LINEは試せていません。ごめんなさい。

    まだまだ「OPPO Reno A 128GB」を触り足りないので、色々とチェックして記事を追加していこうと思います。

    今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

  3. やすスマやすスマ より:

    OPPOのスマホの通知表示について気になったのでリサーチしてみました。

    以前のモデルのColor OSのVerによっては通知表示がされないようなこともあったようですね。
    私はOPPOのスマートフォンは恥ずかしながら初めて使ったので全然知りませんでした。

    Color OS 6になって通知関連が改善してきたという情報もありました。

    ネット情報をもとにしていますが、確認したGmailの通知状況から、
    改善の方向には向かっていそうですね!

  4. りん より:

    初めましてReno Aの購入を検討しているものなのですが質問があります。
    こちらBluetooth5.0対応とのことですが、AAC接続対応イヤホンとのAAC接続は可能でしょうか?もしお持ちであれば検証して頂きたいです。

    • やすスマやすスマ より:

      りんさん

      初めまして、やすスマです。
      コメント頂きありがとうございます。

      イヤホンはそれほど所有しておらず、確認したところAAC接続対応イヤホンはありませんでした。
      もしあれば検証しようかと思いましたが、期待に添えずに申し訳ございません。

      他の方で検証できる方がいらっしゃいましたら、情報をコメントいただけると幸いです。

      • くま より:

        お忙しい中ご丁寧にありがとうございます。
        ぜひこちらの機種検討します。
        サイトの運営、応援しています^^
        ありがとうございました。

  5. やすスマやすスマ より:

    お役に立てなかったにも関わらず、温かいお言葉をありがとうございます。

    訪問者の方の声が私のやる気に直接的につながります。

    今後とも応援をよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました