OPPO SIMフリースマホ「OPPO Reno A」情報 おサイフケータイ(FeliCa)/防水・防塵対応

OPPOは、2019年10月8日に、新型SIMフリースマホ「Reno A」を発表しました。「OPPO Reno A」はおサイフケータイ(FeliCa)/防水・防塵に対応したミドルスペックスマートフォンです。

「OPPO Reno A」は日本のユーザーのニーズに対応した機能を搭載した日本市場向けモデルです。

「OPPO Reno A」の市場想定価格は35,800円(税別)です。MVNOやECサイトを通じて販売。手頃な価格でありながら、大手キャリアモデル並みに使い勝手を向上させる機能を搭載した「OPPO Reno A」を紹介しておきます。

【2019年】日本発売のコスパ重視のおすすめSIMフリースマホをランキングで紹介【格安スマホ/おサイフケータイ】
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割など...

「OPPO Reno A」の特徴

「OPPO Reno A」の特徴・スペック

約6.4インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載。表示品質に優れた有機ELとなっています。

新生代センサー採用のディスプレイ内指紋認証センサー

新生代センサー採用のディスプレイ内指紋認証センサー

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。新生代センサーを搭載し、同社の従来製品と比較すると、ロック解除の光量が10%アップし、解除スピードが28.5%速くなっているということです。

「OPPO Reno A」の充実したスペック

「OPPO Reno A」の充実したスペック

「OPPO Reno A」のSoCには「napdragon 710S」を搭載。SoCはリリースされてから少し経過していますが、もともとミドルハイクラスのスマートフォン向けということで十分なパフォーマンスです。

「OPPO Reno A」のカメラ

背面には1600万画素+200万画素のデュアルカメラ前面には2500万画素カメラを搭載。ともにAIに対応したカメラです。高画素な前面カメラを搭載し、セルフィー撮影にもこだわりを感じます。

「OPPO Reno A」の対応バンド

メーカーが公表している対応バンドは以下のとおりです。

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
LTE TDD: Bands 38/39/40/41(full-band)

大手キャリア各社の回線の対応バンドにしっかり対応。充実した対応バンドになっています。将来的にキャリアを乗り換えても安心できる対応バンドです。

USBは「Type-C」

バッテリー容量は3600mAh。USBポートは「Type-C」です。OTG機能が利用可能です。

おサイフケータイ&防水・防じん対応

「OPPO Reno A」は日本市場向けに開発されたスマートフォンです。前述の通り、「おサイフケータイ」に対応し、IP67レベルの防水・防塵(防じん)に対応しています。

おサイフケータイ機能は楽天Edy/モバイルSuica/WAON/nanaco/iD/QUICPayなどのサービスを愛用している方にはうれしい機能ですね。

2色のカラー展開

「OPPO Reno A」のボディカラーは、ブルー、ブラックの2色展開。流行りの光沢感ありのテカテカな感じの背面になっています。

「OPPO Reno A」の発売日

「OPPO Reno A」の発売日は2019年10月18日です。

「OPPO Reno A」のスペック

「OPPO Reno A 128GB」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 ( ColorOS 6 )
  • ディスプレイ:6.4 インチ(2340 x 1080)
  • SoC:Snapdragon 710
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+2MP FRONT:25MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3600mAh
  • サイズ/重量:75.4(W)×158.4(H)×7.8(D) mm / 約169.5 g

「OPPO Reno A 128GB」との関係は?

似たようなモデル名の「OPPO Reno A 128GB」との関係は?

楽天モバイル」では、すでに「OPPO Reno A 128GB」が発売されています。

「OPPO Reno A」との違いは主に内部ストレージ容量。「楽天モバイル」向けの「OPPO Reno A 128GB」が128GBに対して、SIMフリースマホ「OPPO Reno A」は64GBです。

筆者はすでに「楽天モバイル」向けの「OPPO Reno A 128GB」を購入済みです。レビューも書いています。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

価格がそれほど差がないので、内部ストレージ容量の違いはけっこう大きいでしょうね。実際に使い勝手を左右するレベルだと思います。

あっ、2つのモデルの違いは起動画面にもありますね。「OPPO Reno A 128GB」は起動時に楽天のロゴが、、、。あとは楽天アプリか、、、。

以上、「OPPO Reno A」の紹介でした。参考になれば幸いです。

created by Rinker
OPPO Japan
¥39,380(2019/12/16 01:03:16時点 Amazon調べ-詳細)

Source

スポンサーリンク
OPPO SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました