【日本発売期待】「OPPO Reno Ace」は驚きの65W超急速充電対応でSD855+搭載のハイスペックSIMフリースマホ

OPPOの新型スマホ「OPPO Reno Ace」はなんと最大65W出力の充電に対応。さらに、スペックも「Snapdragon 855 Plus」採用のハイスペックさも注目です。

このページには、OPPOのスマートフォン「OPPO Reno Ace ( PCLM10 )」情報をまとめておきます。「OPPO Reno Ace」は、OPPOが力を入れているRenoシリーズのハイスペックモデルです。

OPPOのRenoシリーズは、日本でも発売されていて、特に日本専用モデル「OPPO Reno A」は、その驚愕のコスパで大きな話題を呼んでいます。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

「OPPO Reno Ace」はハイスペックでバランス良好な仕上がりです。注目を集めそうな「OPPO Reno Ace」の主な特徴はコチラ。

POINT

  • 65W出力の超高速充電
  • 90Hz駆動の高速表示ディスプレイ
  • バリバリのハイスペック
  • 高性能クアッドカメラ搭載
  • 特別仕様「ガンダム・エディション」

「OPPO Reno Ace」の主な特徴を中心としながらまとめておきます。

「OPPO Reno Ace」の特徴とスペック

「OPPO Reno Ace」の特徴とスペック

筆者が「OPPO Reno Ace」で最も注目している特徴が最大65Wというこれまでにないような超高速充電に対応していることです。

有線での充電ですが、最大65Wってすごすぎ、、、。

65W出力の超高速充電

65W出力の超高速充電

「OPPO Reno Ace」はとんでもない超高速充電に対応。当然ながら驚愕の充電スピードを実現しています。

「OPPO Reno Ace」の4000mAhバッテリーをたった約30分でフル充電可能とのことです。

各メーカーが競うように充電出力を上げてきていますが、OPPOの急速充電「Super VOOC Fast Charge 2.0」は現時点ではかなりの先進性を持っています。

90Hz駆動の高速表示ディスプレイ

90Hz駆動の高速表示ディスプレイ

「OPPO Reno Ace」は6.5インチのフルHD+(2400×1080)ディスプレイを搭載。高画質が期待できるAMOLED(有機EL)パネルです。

90Hz駆動の高速表示に対応するディスプレイを採用。なめらかな画面表示が特徴となります。

ディスプレイのタッチサンプリングレートは135Hz。ゲームブースト機能も合わせてゲームプレイを強く意識したディスプレイ仕様になっています。

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。水滴型のノッチ有りのデザインになっています。画面占有率は91.7%を達成しています。

バリバリのハイスペック

前述の通り、ゲームプレイにも力を入れていることもあって「OPPO Reno Ace」の基本スペックはバッチリです。

SoCは「Snapdragon 855 Plus」を採用。各社の最新フラグシップモデルで採用されているSoCということで、高性能であること間違いなしです。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?

メモリ仕様は、RAM容量が8GB/12GB、内部ストレージ容量が128GB/256GBです。内部ストレージは「UFS 3.0」で、高速なファイルの読み書きを実現し、使い勝手を向上させています。

高速なUFS 3.0を始めとして、メモリ仕様は強力です。

高性能クアッドカメラ搭載

背面にはクアッドカメラを搭載。クアッドカメラは4800万画素(標準)+800万画素(超広角)+1300万画素(望遠)+200万画素(モノクロ)という構成です。話題の「ペリスコープカメラ」ではありませんが、「OPPO Reno Ace」は望遠性能にも力を入れています。具体的には、5倍ハイブリッドズーム、最大20倍のデジタルズームに対応しています。

ガンダム・エディション

「OPPO Reno Ace」の「ガンダム・エディション」

「OPPO Reno Ace」には限定生産の「ガンダム・エディション」もラインナップ。初代ガンダムをモチーフにしたカラーリングが印象的です。アクセサリー類も同様のカラーリングで特別感を演出しています。

「OPPO Reno Ace」の対応バンド

メーカー公表の「OPPO Reno Ace」の対応バンドは以下のとおりです。

メインSIM
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0 ( 800MHz )
3G: CDMA2000 BC0 ( 800MHz)
3G: UMTS(WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
3G: TD-SCDMA 1900(f)/2000(a)MHz
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(120MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26
4G+: TD-LTE B38C/B39C/B40C/B41C/B40D/B41D/B39A+B41A
4G+: LTE FDD B1C/B2C/B3C/B7C/B1A+B3A/B1A+B3A+B5A/B1A+B3C/B3A+B41A/B8A+B41A
セカンドSIM
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0 (800MHz)
3G: WCDMA bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(120MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26

多くの主要なバンドをカバーした非常に充実したものになっています。

「OPPO Reno Ace」の価格

非常に充実したスペックの「OPPO Reno Ace」。その価格が気になるところです。

中国における、通常版「OPPO Reno Ace」の価格は、8GB RAM+128GB ROMモデルが2999元(約4.6万円)、12GB RAM+256GB ROMモデルが3799元(約5.8万円)です。

また、「OPPO Reno Ace」の「ガンダム・エディション」の価格は8GB RAM+256GB ROMで3599元(約5.5万円)です。

意外とガンダム・エディションも手頃な価格になっているのがうれしいところですね!

「OPPO Reno Ace」のスペック

「OPPO Reno Ace」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:ColorOS(Android 9ベース)
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 855 Plus
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+13MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.7(W)×161.0(H)×8.7(D) mm / 200 g

アンケート

「OPPO Reno Ace」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「OPPO Reno Ace」まとめ

リリース前の情報を見る限り、「OPPO Reno Ace」は非常に尖った特徴を持つ面白い機種になっています。

すべてがハイレベルに仕上がっていながら、抑えた価格を実現しています。

実際に最大65Wの急速充電を体験するとヤミツキになるぐらいなんでしょうね。

OPPOは驚愕のコスパをほこるミドルスペックモデル「OPPO Reno A」を日本で発売し、日本でも本格的なシェアの拡大が見込まれます。

ミドルハイクラスの位置付けで「OPPO Reno Ace」をベースとするモデルを日本でも発売してほしいところです。

おすすめ記事

「OPPO Reno Ace」は、ハイスペックで手頃価格を実現した注目モデルです。

同じ2019年10月発表のスマートフォンとしてにOPPOのサブブランドrealmeシリーズの「realme X2 Pro」が発表されています。

「OPPO Reno Ace」と共通部分を多く持つモデルです。「OPPO Reno Ace」に興味のある方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

「realme X2 Pro」は高性能クアッドカメラを搭載した驚異的な価格のハイスペックSIMフリースマホ【日本発売期待】
「realme X2 Pro」は最高峰レベルのスペックを持ちながら手頃な価格を実現のぜひ注目しておきたいスマートフォンです。最高レベルの高性能SoC、6400万画素クアッドカメラ、50Wの急速充電。価格は日本円換算で約4万円~と素晴らしいコスパになっています。

Source

OPPO Reno Ace

スポンサーリンク
OPPO SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました