【日本発売期待】「OPPO Reno」は日本発売濃厚の10倍ハイブリッドズームカメラを搭載したハイスペックスマホ

ハイスペックスマートフォン「OPPO Reno 10倍ズーム版」

「OPPO Reno 10倍ズーム版」

OPPOは、2019年4月10日に、新型スマートフォン「OPPO Reno 10倍ズーム版」を中国で発表しました。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」の大きな特徴はなんといっても10倍ハイブリッドズーム。

スマートフォンというスリムなボディに高倍率ズーム対応カメラを搭載しています。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」のスペックと特長

「OPPO Reno 10倍ズーム版」は、背面の3つのカメラを組み合わせて処理することで高倍率なハイブリッドズームを実現しています。

広角、標準、望遠の3つのカメラを組み合わることによって16mm-160mm相当(35mm判換算)での撮影が可能になっています。

また、1600万画素の前面カメラはポップアップして表れる構造になっています。

ただ、一般的なポップアップする構造ではなく、斜めにポップアップして前面カメラなどが現れます。

「OPPO Reno」はフルスクリーンデザイン

ポップアップするカメラを採用したことで、ノッチなしのフルスクリーンデザインを実現しています。

美しい画面表示が期待できるAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。ディスプレイサイズは6.6インチ、解像度はフルHD+(2340×1080)。画面占有率は93.1%を達成しています。

SoCは「Snapdragon 855」を搭載。ベンチマークでハイスコアを叩き出す、クアルコム製のハイスペック向け最新SoCです。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB、内部ストレージ容量が128GB/256GBです。

Androidスマートフォンでは最高峰のパフォーマンスレベルが期待できます。

バッテリー容量は4065mAh。大容量バッテリー採用でバッテリーの持ちも期待できそうです。

ボディカラーはグリーン、ブラックの2色展開。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」の価格

紹介したように、かなり豪華な仕様の「OPPO Reno 10倍ズーム版」ですが、気になるのは価格ですね。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」の価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが3999元(約6.6万円)、6GB RAM+256GB ROMモデルが4499元(約7.4万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが4799元(約7.9万円)です。

これだけ高機能をつめこんだモデルの価格としては十分に納得できるものですね。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」は5月上旬の出荷開始を予定しています。

OPPO JAPANのTwitter公式アカウントでは、以下のようなツイートが行われています。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」の日本発売は期待できそうです。

スペックを落とした「OPPO Reno スタンダード版」もラインナップされています。

「OPPO Reno 10倍ズーム版」のスペック

「OPPO Reno 10倍ズーム版」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (ColorOS 6)
  • ディスプレイ:6.6 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+13MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○(ディスプレイ内蔵)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4065mAh
  • サイズ/重量:77.2(W)×162.0(H)×9.3(D) mm / 210 g

アンケート

「OPPO Reno 10倍ズーム版」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

OPPO Reno – OPPO

OPPOSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました