「OPPO Reno3 Pro 5G」は5G通信に対応したミドルハイスペックのSIMフリースマホ【海外SIMフリー】

どうも、やすスマです。日本でもお馴染みのOPPOの「Reno」シリーズに新モデルが中国で登場です。

OPPO「Reno3 Pro 5G」は5G通信に対応したミドルハイクラスのSIMフリースマホです。

OPPOは、日本において「Reno A」、「Reno 10x Zoom」を発売。OPPOの「Reno」シリーズをご存じの方も多いと思います。

なお、同じ「Reno3」シリーズとしてスマートフォン「Reno3」も合わせて発表されています。

「OPPO Reno3」は注目SoC「Dimensity 1000L」を搭載した5G通信対応のSIMフリースマホ【日本発売期待】
「OPPO Reno3」はMediaTek製SoC「Dimensity 1000L」採用の5G通信対応のミドルスペックスマートフォンです。「Reno3 Pro 5G」よりも安価な価格設定ですが、パフォーマンスは遜色ないレベルが予想されます。

OPPOの「Reno3 Pro 5G」についてまとめておきます。

各メーカーから5G対応スマホが発表ラッシュですね。

PR UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「Reno3 Pro 5G」の特徴

「Reno3 Pro 5G」の特徴

OPPOが新モデルを続々とリリースしていることから明らかに力を入れている「Reno」シリーズ。

新モデル「Reno3 Pro 5G」の主な特徴はコチラです。

「Reno3 Pro 5G」の注目ポイント

  • 5G通信対応
  • パンチホールディスプレイ
  • クアッドカメラ
  • 大容量バッテリー搭載で厚さ7.7mmの薄型ボディ

主な特徴を中心に「Reno3 Pro 5G」の機能を紹介しておきます。

5G対応

5G対応の「Snapdragon 765G」

「Reno3 Pro 5G」は5Gモデムを一体化した「Snapdragon 765G」をSoCとして搭載しています。

5G通信に対応するだけでなく、パフォーマンスもなかなかです。「AnTuTu Ver8」の総合スコアは30万強が見込まれます。

少し前のハイスペックモデルに匹敵するベンチマークスコアを叩き出すことから、ウェブ閲覧、動画視聴、SNSなどの用途では余裕たっぷりのパフォーマンスをもったSoCです。

対応バンド

メーカーが公表している「Reno3 Pro 5G」の対応バンドは以下のとおりです。

SIM1
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0(800MHz)
3G: CDMA2000 BC0(800MHz)
3G: WCDMA bands 1/2/4/5/6/8/19
3G: TD-SCDMA 1900(f)/2000(a)MHz
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20
4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B39A+B41A/B40D/B41D
4G+: LTE FDD: B1C/B2C/B3C/B7C/B1A+B3A/B3A+B41A/B8A+B41A
5G NR: n1/n41/n78

SIM2
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0 (800MHz)
3G: WCDMA bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41

6.5インチディスプレイ

6.5インチディスプレイ

「Reno3 Pro 5G」は6.5インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。セルフィーカメラはディスプレイに開いた穴に埋めこまれています。

パンチホールディスプレイ

通称パンチホールディスプレイを採用ということから画面占有率は93.4%を達成しています。

エッジにかけてカーブした形状となっていて、高いコンテンツの没入度を期待できます。

ディッスプレイはリフレッシュレート90Hzの画面表示に対応しています。高速駆動のディスプレイならではの滑らかな画面表示が期待できます。

別記事でレビューしている「OnePlus 7T」も90Hz駆動ディスプレイを搭載しています。スクロールするときの滑らかさは意外と印象的だと思いますよ。

クアッドカメラ

クアッドカメラ

「Reno3 Pro 5G」の背面には4800万画素(IMX586 OIS)+800万画素(超広角)+1300万画素(望遠)+200万画素(モノクロ)のクアッドカメラを搭載。

メインカメラはOIS光学式手ブレ補正に対応。望遠はハイブリット5倍ズームに対応しています。

厚さ7.7mmの薄型ボディ

大容量バッテリー搭載

「Reno3 Pro 5G」のUSBポートは「Type-C」を採用。バッテリー容量は4025mAhで、30Wの急速充電「VOOC 4.0」に対応しています。

Reno Ace」の65W充電には敵いませんが、なかなかの出力となっています。

4000mAhオーバーの大きめのバッテリーを搭載していながら、厚さ7.7mmの薄型ボディです。

ボディ重量は約171g。6.5インチのサイズのディスプレイを搭載したスマホとしては非常に軽量な仕上がりです。

このサイズ感は大きな魅力だと考えています。

メモリ仕様は、RAM容量が8GB/12GB、内部ストレージ容量が128GB/256GB(UFS 2.1)です。

OSはAndroid 10ベースの「ColorOS 7」を搭載しています。

ボディカラーは、グラデーション、ブラック、ブルー、ホワイトの4色展開です。

「Reno3 Pro 5G」の主なスペック

「Reno3 Pro 5G」の主なスペックはコチラです。

SPEC

  • OS:ColorOS 7(Android 10)
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 765G
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+13MP+2MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4250mAh
  • サイズ/重量:72.4(W)×159.4(H)×7.7(D) mm / 171 g

ハイレベルなスペック

SoCはミドルクラスですが、その他のスペックはハイレベルです。あとはスペックでは評価しにくいカメラ性能がどの程度かがポイントとなります。

「Reno3 Pro 5G」の価格

5G通信に対応して、なかなかのスペックを持った「Reno3 Pro 5G」。

気になる「Reno3 Pro 5G」の価格は以下のとおりです。

  • 8GB RAM+128GB ROMモデル 3999元(約6.3万円)
  • 12GB RAM+256GB ROMモデル 4499元(約7.0万円)

OPPOの主力シリーズということで、価格はなかなかの水準です。「Redmi K30 5G」ほどの衝撃価格ではありません。

「Redmi K30 5G」は5G対応スマホの価格水準を変えるSIMフリースマホ【日本発売期待】
Xiaomiが衝撃価格の5Gスマホ「Redmi K30 5G」を発表しています。価格は1999元(約3.1万円)~。5Gスマホがついに手に届きやすい価格となっています。価格だけでなくスペックは充実していて、2020年1月の発売が楽しみなスマートフォンです!

「Reno3 Pro 5G」情報まとめ

以上、「Reno3 Pro 5G」情報をまとめておきました。

全体的にはハイスペックモデル寄りのパッケージングという印象です。

「Reno2」シリーズは日本では発売されていません。今回の「Reno3」シリーズはどうなるか注目です。

created by Rinker
OPPO Japan
¥36,500(2020/04/04 10:27:20時点 Amazon調べ-詳細)

Banggoodの「Reno3 Pro 5G」クーポン

banggood.comでは中国モデル「Reno3 Pro 5G」の割引クーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、中国モデル「Reno3 Pro 5G」の8GB RAM+128GB ROMモデルが659.00ドルになります。

販売ページ




OPPO Reno3 Pro 5G CN Version 8GB RAM 128GB ROM – Banggood

クーポンコード「BGRENO3P5G01」

アンケート

OPPO「Reno3 Pro 5G」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「OPPO Reno3 Pro 5G」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

「OPPO Reno A 128GB」実機レビュー!新次元ミドルスペックSIMフリースマホ【おサイフケータイあり】
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
「OPPO Reno Ace」は日本発売を猛烈に期待したいハイスペックSIMフリースマホ 驚愕の65W超急速充電
最新スマートフォンは、充電スピードが驚くぐらい早いものが増えてきました。OPPOの新型スマホ「OPPO Reno Ace」は、なんと65Wというとんでもない出力の急速充電に対応しているんです。基本スペックもハイレベルで、ゲームプレイ用途にも力を入れた仕上がりです。「OPPO Reno Ace」情報をぜひ御覧ください。
「OnePlus 7T」実機レビュー!スペックを超えた魅惑のOnePlusスマホを堪能【クーポン情報あり】
「OnePlus 7T」がうちに到着したので、レビューしています。初のOnePlusスマホとなりましたが、スペック表からは分からないような「OnePlus 7T」の素晴らしいクオリティに感銘を受けています。「OnePlus 7T」に興味のある方はぜひご一読ください!

Source

Reno3 Pro 5G – OPPO

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

海外スマホ OPPO
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました