7.6mm/172gボディ!「OPPO Reno4 Pro」は65W充電対応の5Gスマホ【日本発売期待】

この記事は約6分で読めます。
やすスマ
やすスマ

どうも、「OPPO Reno A 128GB」を愛用しているやすスマ(@yasu_suma)です。

OPPOの主力の「Reno」シリーズは、日本でも「Reno A」、「Reno3 5G」などが発売されいるよね。

この記事には、中国OPPOの新型スマートフォン「OPPO Reno4 Pro」情報をまとめています。

「OPPO Reno4 Pro」の主な注目ポイントは以下のとおりです。

注目ポイント

・エッジカーブデザインの有機ELディスプレイ
・最大65Wの急速充電「SuperVOOC 2.0」
・厚さ7.6mm/重さ172gの薄型軽量ボディ

さっそく、注目ポイントを中心に「OPPO Reno4 Pro」の特徴とスペックを紹介しておきます。

「OPPO Reno4 Pro」は薄型軽量ボディが魅力的な5Gスマホ

OPPO Reno4 Pro」は「Reno4」シリーズでは上位にあたるモデル。通常モデル「Reno4」も同時に発表となっています。

エッジカーブデザインの6.5インチ有機ELディスプレイ

「OPPO Reno4 Pro」は6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。エッジにかけてカーブしたデザインを採用し、上質な雰囲気をもったデザインになっています。

リフレッシュレートが最大90Hzタッチサンプリングレートが最大180Hz対応による滑らかで応答性に優れたディスプレイです。ディスプレイ上のパンチホール内に3200万画素カメラを搭載。

やすスマ
やすスマ

ディスプレイのデザインやスペックが「OnePlus 8」と似た印象を受けます。私だけでしょうか。。。

Snapdragon 765G

「OPPO Reno4 Pro」のSoCは「Snapdragon 765G」を搭載。メモリ仕様は、RAM容量が8GB/12GB(LPDDR4x)内部ストレージ容量が128GB/256GB(UFS2.1)です。

やすスマ
やすスマ

AnTuTuで30万ほどが見込まれ、相当ヘビーな用途でなければ、十分に軽快に動作するパフォーマンスといったところですね。

OIS(光学手ブレ補正)付きのトリプルカメラ

「OPPO Reno4 Pro」の背面には4800万画素(メイン OIS IMX586)+1200万画素(120°超広角)+1300万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載。

やすスマ
やすスマ

4800万画素メインカメラはセンサーにソニー「IMX586」を採用。実はここも「OnePlus 8」と同じなんだよなぁ。

最大65Wの急速充電

「OPPO Reno4 Pro」のバッテリー容量は4000mAh最大65Wの急速充電「SuperVOOC 2.0」をサポートしています。

高出力な有線充電に対応し、15分で60%以上の充電36分でフル充電が可能という素晴らしい充電性能を実現しています。

一方で、「OPPO Reno Ace 2」とは異なり、ワイヤレス充電には対応していません

やすスマ
やすスマ

65Wの急速充電ってまだ体験したことない世界だなぁ。。。

「OPPO Reno4 Pro」は充実の対応バンド

「OPPO Reno4 Pro」の対応バンドは以下のとおりです。

対応バンド

・5G: n1/n3/n41/n77/n78/n79
・4G(TD-LTE):B34/B38/B39/B40/B41
・4G(FDD-LTE):B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26
・3G(WCDMA):B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
・3G(CDMA2000):BC0(800MHz)
・2G(GSM):850/900/1800/1900MHz
・2G(CDMA):BC0(800MHz)

中国発売の「OPPO Reno4 Pro」の対応バンドはこのように非常に充実したものになっています。そのまま日本で発売してもいいぐらいの充実の対応バンドです。

「OPPO Reno4 Pro」はグローバルにも展開が予想されますが、現時点で日本発売についてはアナウンスはありません

「OPPO Reno3 5G」がSoftBankから発売予定

日本では、SoftBankから「OPPO Reno3 5G」が2020年7月下旬以降に発売予定となっています。「OPPO Reno3 5G」は手頃な価格帯での発売が予想されています。

日本市場では高価格帯機種のセールスが伸びていない現状から、「OPPO Reno4 Pro」のようなポジションのモデルが市場ニーズにマッチする可能性はあります。

LINK ソフトバンクオンラインショップ

軽量・薄型のボディ

「OPPO Reno4 Pro」の魅力は軽量・薄型なボディです。厚さ7.6mm、重さ172gのボディを実現しています。

ボディカラーはブルー、ブラック、レッド、ホワイト、グリーンの5色展開です。多様なカラー展開は魅力ですが、背面の大きなロゴデザインは評価が分かれそうです。

created by Rinker
OPPO Japan
¥27,040(2020/09/28 10:30:00時点 Amazon調べ-詳細)

「OPPO Reno4 Pro」の価格

「OPPO Reno4 Pro」の価格は以下の通りです。

価格

・8GB+128GBモデル 3799元(約5.9万円)
・12GB+256GBモデル 4299元(約6.7万円)
 ※限定色グリーンを除く

コスパで勝負するシリーズではないので、価格はめっちゃ激安という感じではないです。

「OPPO Reno4 Pro」のスペック

「OPPO Reno4 Pro」のスペックは以下のとおりです。

SPEC

・OS:Android 10(ColorOS 7.2)
・ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
・SoC:Snapdragon 765G
・RAM:8GB/12GB
・ROM:128GB/256GB
・カメラ:REAR:48MP+12MP+13MP FRONT:32MP
・Wi-Fi:802.11
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:4000mAh
・サイズ/重量:72.5(W)×159.6(H)×7.6(D) mm / 172g

まとめ:「OPPO Reno4 Pro」は薄型軽量ボディが魅力的な5Gスマホ

「OPPO Reno4 Pro」の特徴・スペックをまとめておきました。

さすが、人気シリーズの新モデルということで、スペック・デザインはなかなかハイレベルなパッケージという印象です。

背面デザインが気になる

エッジカーブデザインで軽量・薄型のボディは大きな魅力ですが、一方で、好みが分かれそうな背面のロゴデザインが筆者としては残念でなりません。

Honor 30」においても背面ロゴが気になりましたが、このようなデザインが主流にならないことを願うばかりです。

参考になれば幸いです!

「OPPO Reno4 Pro」アンケート

「OPPO Reno4 Pro」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「OPPO Reno4 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

OPPO Reno4 Pro – OPPO

コメント

タイトルとURLをコピーしました