「Pixel 4a」レビュー!シングルカメラでビビる写真が撮れるコンパクトミドルスペックスマホ!

やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。Google「Pixel 4a」を予約して入手しました。実機を触ってワクワクしています!

この記事には、Googleのスマートフォン「Pixel 4a」をレビューした内容を紹介しています。

「Pixel 4a」には、いくつかのイマイチと感じる点がありながらも、カメラとサイズ感という圧倒的な強みがあります。

総合すると、日本における2020年のミドルスペックスマホを代表するモデルの予感がプンプンする仕上がりになっています。

求めている機能と、「Pixel 4a」の特徴がうまくマッチすると、その魅力は競合機を大きく上回るものとも感じることができる仕上がりです。

さっそく、「Pixel 4a」の良かった点とイマイチだった点を紹介しながら詳しくレビュー内容を紹介していきますね!

目次

Google「Pixel 4a」はシングルカメラでビビる写真が撮れちゃうコンパクトスマホ!

Google「Pixel 4a」はシングルカメラでビビる写真が撮れちゃうコンパクトスマホ!

今回レビューするのはSIMフリー版「Pixel 4a」です。キャリアからはソフトバンクから発売されています。

「Pixel 4a」は、2019年10月に発売されている「Pixel 4」の廉価版モデルにあたります。

「Pixel 4a」は「Pixel 4」よりも圧倒的に手頃な価格なんですが、それでいて「Pixel 4a」ならではの要素もちゃんと持っています。

まずは、「Pixel 4a」のスペックをさくっと紹介しておきます。

「Pixel 4a」のスペック:おサイフケータイ対応、防水・防じん非対応

「Pixel 4a」のスペック

「Pixel 4a」のスペックは以下のとおりです。

・OS:Android 10
・ディスプレイ:5.81 インチ(2340×1080)
・SoC:Snapdragon 730G
・RAM:6GB
・ROM:128GB
・カメラ:REAR:12.2MP FRONT:8MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:3140mAh
・サイズ/重量:69.4(W)×144.0(H)×8.2(D) mm / 143g

「Pixel 4a」はおサイフケータイ(FeliCa)に対応。「Pixel 4a」を使って手軽に決済できるのがうれしいですね!

防水・防じんに非対応なのが残念なポイント

一方で、「Pixel 4a」は防水・防じんやワイヤレス充電には非対応です。特に、防水・防じんに非対応となっているあたりが残念という方がいらっしゃるでしょうね。

ミドルスペックスマホということで、「Wi-Fi 6」こと「802.11 ax」には対応していません。

また、執筆時点でのボディカラーはジェットブラックのみとなっています。カラーバリエーションがないのはけっこうガッカリするポイントですね。

2020年12月23日に新色「ベアリーブルー」が追加。カラーを選べるようになったので、かなりうれしく感じる方が多いかと。詳しくは「「Pixel 4a」に新色「Barely Blue」登場」を参考にしてください。

「Pixel 4a」はSIMフリー版とソフトバンク版あり:ドコモ/au/楽天は取り扱いなし

「Pixel 4a」はSIMフリー版とソフトバンク版あり

「Pixel 4a」の取り扱いキャリアはソフトバンクのみ。現時点ではドコモ、au、楽天モバイルからは発売されていません。

また、SIMフリー版はGoogle公式ストアで取り扱いです。家電量販店では「Pixel 4a」の取り扱いがなく、実際に手に取る機会が少ないのが残念なポイントです。

「Pixel 4a」の発売日と価格:手頃な価格が魅力です

「Pixel 4a」の発売日と価格

「Pixel 4a」は、SIMフリー版、ソフトバンク版ともに2020年8月20日に発売

SIMフリー版「Pixel 4a」の価格は42,900円(税込)です。まさに「OPPO Reno3 A」あたりと競合するような価格設定といったところですね。

ちなみにソフトバンク版「Pixel 4a」の価格は49,680円(税込)。「トクするサポート+」対象機種となっていて、「トクするサポート+」適用時には総額24,840円(税込)となっています。

「Pixel 4a」は手頃な価格ということもあり、すべてをバランスよくまとめたものではありません。そのあたりもしっかりと紹介していきます!

LINK ソフトバンクオンラインショップ

「Pixel 4a」の対応バンド:充実の対応バンド

「Pixel 4a」の対応バンド

「Pixel 4a」の対応バンド(3G/4G)は以下のとおりです。

3G: B1/2/4/5/6/8/19
4G: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/38/39/40/41/42/66

「Pixel 4a」はNTTドコモ/au/SoftBank/楽天モバイルの3G/4Gの必須バンドにしっかりと対応しています。

「Pixel 4a」は楽天回線対応製品として楽天モバイル「UN-LIMIT」が使える

「Pixel 4a」は楽天回線対応製品として楽天モバイル「UN-LIMIT」が使える

「Pixel 4a」で見逃せないトピックとしては、楽天モバイルが「Pixel 4a」を楽天回線対応製品にリストアップしている点です。

楽天モバイル「UN-LIMIT」は実際に試してみないと分からない機種も多いですが、「Pixel 4a」がちゃんと楽天回線対応製品とアナウンスされています。

「Pixel 4a」は、楽天モバイル「UN-LIMIT」でのデータ通信、音声通話、テザリング、SMS、ETWS、APN自動設定のすべて対応

「Pixel 4a」では楽天モバイル「UN-LIMIT」を安心して使うことができます

また、「Pixel 4a」は物理SIM(nanoSIM)に加えて、eSIMに対応しているのも特徴となっています。

なお、「Pixel 4a」で楽天モバイルの物理SIMを使う方法を公開しています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

\ オトクなキャンペーンをチェック/

「Pixel 4a」でのソフトバンク回線の大容量SIMは注意が必要

「Pixel 4a」でのソフトバンク回線の大容量SIMは注意が必要

「Pixel 4a」に「FUJI Wifi」のソフトバンク回線SIMを挿した状況も紹介しています。「Pixel 3」/「Pixel 4」などと同様にテザリングが上手く使えないという結果でした。

「Pixel 4a」でのデータ通信自体は可能ですが、十分に注意してくださいね。

\ 大容量・低価格なSIMを提供 /

さっそく、「Pixel 4a」を開封してチェックしていきますね!

「Pixel 4a」の付属品:保護ケース、保護フィルムは付属せず

「Pixel 4a」の付属品

「Pixel 4a」の主な本体付属品はACアダプター、USB-C to USB-Cケーブル、クイックスタートガイド、クイックスイッチアダプター、SIMピンといったところです。

「Pixel 4a」には保護ケースが付属せず:Amazonなどでも購入できます

なお、「Pixel 4a」には保護ケースは付属せず、また、ディスプレイには起動後にも使えるような保護フィルムは貼られていません

保護ケースと保護フィルムが必要な方は、別に用意しておく必要があります。

本ブログでは、Amazonで780円で購入した格安ケースをレビューしています。なんと、保護フィルムも付いていたので、めちゃくちゃ助かる感じのアイテムとなるか?を以下に詳しくチェックしています。

最大18Wの急速充電対応のACアダプターが付属

最大18Wの急速充電に対応のACアダプター

ACアダプターは最大18Wの急速充電に対応したものが付属しています。ちなみにACアダプター側もType-Cになっています。

最大18Wの急速充電に対応

まぁ、18Wほどで充電できるのあれば、それなりにさくっと充電できるので便利ですね。海外に目を向けると「Mi 10 Ultra」のように、とんでもない高出力で充電できるスマホも登場していますが…

18WPD急速充電器「PA-F1」

ちなみに、18WPD急速充電器「PA-F1」でも、同じようにちゃんと18W近くで急速充電できています。

「Pixel 4a」の素晴らしいサイズ:片手操作できるサイズがサイコー

「Pixel 4a」の素晴らしいサイズ

いきなり結論なんですが、「Pixel 4a」のサイズ感は最高です!

まず、「Pixel 4a」のサイズは69.4(W)×144.0(H)×8.2(D)mm。片手でもシッカリできるサイズになっていて、ものすごく扱いやすい!

5.81インチの有機ELディスプレイ

「Pixel 4a」はコンパクトなんですがディスプレイも小さいというわけではありません。

Pixelシリーズ初のパンチホールありのフルスクリーンデザインを採用。コンパクトなボディでも、しっかりディスプレイサイズが確保されています。

「Pixel 4a」は、コンパクトなボディにちゃんと5.81インチの有機ELディスプレイを搭載しているんですよね。

筆者にとってはフォントサイズを最小にしても問題なく使えるサイズとなっています。何度も言いますが、このサイズはサイコーです。

「Pixel 4a」のボディ重量はたった143g:めちゃくちゃ軽量で扱いやすい

「Pixel 4a」のボディ重量はたった143g

「Pixel 4a」のボディ重量は公称値でたった143gです。「Pixel 4a」を手に持った瞬間にめちゃ軽いことを実感します。

この魅力をいかすためにも、ケースよりも保護フィルムという選択もアリと感じちゃいますね。

5.6インチの「Pixel 3a」と比較してもコンパクトなサイズが魅力

5.6インチの「Pixel 3a」と比較
「Pixel 3a」と比較

「Pixel 4a」は、5.6インチ「Pixel 3a」と比較しても、一回り小さくなっているのが驚きですね。しかも5.81インチのディスプレイサイズとなっているので、画面が小さすぎるということもありません。

LINK C.C.モバイルの鬼安なジャンク「Pixel 3a」を購入したい

「Redmi Note 9S」と比較
「Redmi Note 9S」と比較

また、「Redmi Note 9S」と比較すると、親子かと思うぐらいにサイズが違います。

LINK 日本版「Redmi Note 9S」レビュー!「Redmi Note 9S」は日本でコスパ最強のミドルスペックスマホ

「Pixel 4a」のサイズはサイコーなんですが、「Pixel 4a」の有機ELディスプレイはちょっと気になるポイントがアリです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥35,500 (2021/01/27 15:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

「Pixel 4a」の有機ELディスプレイは気になるポイントあり

「Pixel 4a」の有機ELディスプレイは気になるポイントあり

まず気になてくるのが「Pixel 4a」のディスプレイの明るさです。他の有機ELディスプレイ搭載スマホと比較するとあまり明るくないとすぐ分かります。

有機ELディスプレイ搭載ということで、明るくて鮮やかな画面表示を期待しちゃいますよね。その期待に応えてくれるのは「Pixel 4a」で明るさをほぼ最大にしたときぐらいです。

「OnePlus Nord」と比較
「OnePlus Nord」と比較

「Pixel 4a」のディスプレイの明るさを最大にして、「OnePlus Nord」と並べると問題なしです。

明るさを50%ほど
明るさをおよそ50%ほどに設定して比較

ただ、厳密な比較ではないですが、明るさを50%ほどにして比較してみるとその差は歴然です。

「Pixel 4a」の視野角

他のレビューをいくつか拝見すると、このあたりについて触れられているものがあまりないんですが、もしかすると、うちの「Pixel 4a」だけの問題でしょうか?

「OnePlus Nord」が400ドルクラスのスマホとしては素晴らしい仕上がりということもありますが、使い比べると正直言って気になりますね。

ここで用いた「OnePlus Nord」って何?という方は、ぜひ「「OnePlus Nord」レビュー!」をチェックしてみてくださいね。

LINK 「OnePlus Nord」はココで購入しました→ OnePlus Nord – ETOREN

「Pixel 4a」のディスプレイは黄色っぽい発色が気になります

「Pixel 4a」も表示が少し黄色っぽく感じる

あと、前モデル「Pixel 3a」のときにも感じましたが、「Pixel 4a」も表示が少し黄色っぽく感じるんですよね。

「OnePlus Nord」のような有機EL搭載のミドルスペックスマホでの体験から、正直言って、「Pixel 4a」の有機ELディスプレイはそれほど魅力には感じることはありません

まぁ、一般的な液晶ディスプレイ搭載スマホよりは少し満足できるラインといったところですね。

「Pixel 4a」のディスプレイのリフレッシュレートは60Hz

「Pixel 4a」のディスプレイのリフレッシュレートは60Hz

また、上位機「Pixel 4」とは異なり、「Pixel 4a」のリフレッシュレートは60Hzのみ対応です。

高リフレッシュレートの滑らかな画面表示がマストという方には合わないかもしれませんね。

ただ、高リフレッシュレートでしっかり使える日本発売スマホを探すと、意外と上の価格帯しかないのが現状です。このあたりは、けっこう予算との兼ね合いが出てくるでしょうね。

まぁ、「Pixel 4a」のバッテリー容量は3000mAhちょいと大容量というわけではないので、このパッケージには一般的なリフレッシュレートが妥当だなっと感じています。

「Pixel 4a」の背面デザインは大きな特徴なし:カメラ周りが気になる

「Pixel 4a」の背面デザインは大きな特徴なし

「Pixel 4a」の背面デザインは良くもないし、悪くもないといったところです。

「Pixel 4a」の背面から側面にかけては樹脂系素材でデザインされていて、マットな感じの仕上がりでになっています。指紋の跡が気になることがないのはうれしいところです。

マットな感じの仕上がり

「Pixel 4a」の背面の質感はいたって普通。一方で、背面から側面にかけて一体化されたデザインはいいでね!

「Pixel 4a」のカメラ周りのデザインは不満なポイント

カメラ周りのデザインがちょっとどうにかしてほしい

一方で、「G」ロゴと指紋認証センサーは問題ないと感じていますが、カメラ周りのデザインがちょっとどうにかしてほしいと感じるところです。

「Pixel 4a」は1220万画素のシングルカメラ搭載なんで、このデザインはさすがにどうかと。コストカットしている部分なのかもしれませんがね…。

ということで、愛用している「OnePlus 8」や「OnePlus Nord」のように、「Pixel 4a」の背面をずっと眺めたい!という感じにはならないのが実際のところです。

ただ、「Pixel 4a」の背面デザインは、背面と側面の一体感があるので、しっかりと手に馴染むようにデザインされていると感じています。

背面に物理式の指紋認証センサーを搭載:認証速度・精度は良好

背面には物理式の指紋認証センサーを搭載

また、背面には物理式の指紋認証センサーを搭載しています。認証精度と速度については、めちゃ高速とまではいきませんが、快適に使えるレベルに仕上がっています。

トレンドのディスプレイ内指紋認証センサーしてほしかった!という意見もあると思いますが、筆者としては中途半端に搭載するよりは圧倒的にマシと感じています。

机においた状態で持ち上げて認証するのはちょっとメンドイですが。。。

「Pixel 4a」の側面:イヤホンジャック、ステレオスピーカーを搭載

次に「Pixel 4a」の側面をご覧くださいね。

上部には3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。有線イヤホンを使う方にはうれしいポイントとなります。

電源ボタンだけ色が異なりアクセントになっていますが、デザイン性を高めるというよりも押し間違いを防ぐためだよねっていう印象を受けます。ホントのところはどうかは知らんけど…

下部にはスピーカーがあって、ディスプレイ上部にもスピーカーがあります。

「Pixel 4a」はステレオスピーカー搭載となっているので、ここはかなりうれしいと感じるポイントです!

「Pixel 4a」はeSIMにも対応:microSDカードには対応せず

「Pixel 4a」はeSIMにも対応

「Pixel 4a」のSIMスロットにはnanoSIMを1枚だけ挿すことができます。さらにeSIMにも対応しているので、物理SIMとeSIMの組み合わせでデュアルSIMを実現することになります。

IIJmioや楽天モバイルのeSIMを組み合わせるのもなかなかオモシロそうですね!

IIJmioがSIMフリー版「Pixel 4a」の動作確認状況を公表:eSIMプランも利用できる

なお、IIJmioは、SIMフリー版「Pixel 4a」の動作確認状況について公表しています。SIMフリー版「Pixela 4a」でIIJmioのeSIMプランが問題なく利用できます

IIJmioの「データプラン ゼロ(eSIM)」は、1GBプランであれば月額450円(税別)で利用可能。「Pixel 4a」のサブ回線として、または「Pixel 4a」のeSIMをとりあえず試してみたいという場合には検討してみてはいかがでしょうか?

\ データプラン ゼロ(eSIM)を提供 /

「Pixel 4a」はmicroSDには非対応:内部ストレージが大きめは安心

「Pixel 4a」は外部ストレージとしてmicroSDカードの使用をサポートしていません

少し容量不足が心配になりますが、「Pixel 4a」の内部ストレージ容量は128GBと大きめ。

ということで、「Pixel 4a」をけっこうヘビーに使わない限りはストレージの容量不足で悩むということはそれほど心配しなくても良い状況ですね。

「Pixel 4a」は「Android 10」を搭載:ピュアな感じで使いやすい

「Pixel 4a」は「Android 10」を搭載

「Pixel 4a」のOSは「Android 10」を搭載。「Pixel 4a」はGoogle純正スマホということで、当然ながらめちゃピュアな感じになっています。

メーカー独自のカスタマイズが施されていないので、Androidスマホからの機種変更であれば大きく迷うことなく使い始めることができます

あらかじめインストールされているアプリもGoogle純正のものばかりです。余計なアプリがぜんぜん入っていないのがうれしいところです。

長期に渡るアップデートが保証されているのがPixelスマホの魅力

長期に渡るアップデートが保証

「Pixel 4a」はAndroidバージョンアップデートとセキュリティアップデートがともに2023年8月まで保証されています。

安心して長く使えるようになっているのもPixelシリーズのスマートフォンの魅力ですね!

「Pixel 4a」は「Snapdragon 730G」搭載で十分な性能

「Pixel 4a」は「Snapdragon 730G」搭載で十分な性能

「Pixel 4a」のパフォーマンスは、標準的なミドルスペックスマホの少し上あたりの位置付けといったところです。

まず、「Pixel 4a」のSoCは「Snapdragon 730G」を搭載。「Mi Note 10」/「Mi Note 10 Lite」にも搭載されているミドルハイクラス向けのSoCなんで、パフォーマンスはそこそこ高いです。

「Pixel 4a」のAnTuTuスコアは26万強:ミドルスペックスマホとしては十分な性能

実際に「AnTuTu V8.4.3」を使って、「Pixel 4a」で3回連続で計測した結果が以下のとおりです。

「Pixel 4a」のAnTuTuスコアは26万強

平均すると、「Pixel 4a」のAnTuTuの総合スコアは26万強といったところですね。3Dゲームもそれなりにプレイできるぐらいのパフォーマンスはもっています。

「アスファルト9」

本体から少し発熱を感じますが、連続で計測しても40℃を下回る状況で推移しています。

「リアルレーシング」

3Dレースゲームの「アスファルト9」や「リアルレーシング」をプレイしても、ゲームに対してガチではない筆者であれば普通にプレイできています。

ステレオスピーカー

ゲームのプレイ時や動画視聴時には、さきほども紹介したステレオスピーカーがそこそこクリアで迫力ある音を鳴らしてくれます。

3Dゲームをプレイだけでなく、YouTubeを視聴や充電時にも発熱を感じます。屋内での使用場面では、めっちゃ熱いということにはならないので、大きな不満は感じていません。

ただ、発熱しやすい様子を感じるので、屋外で高負荷な使用には不安を感じるところですね。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥35,500 (2021/01/27 15:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

「Pixel 4a」の大容量ストレージがうれしい:快適に使える内部ストレージ

「Pixel 4a」の大容量ストレージ

「Pixel 4a」を初回起動したときの内部ストレージの状況が上のものです。

「Pixel 4a」は内部ストレージ容量が128GBと大きめなんですが、空き容量はおよそ115GBといったところですね。

「Pixel 4a」はmircoSDカードに非対応なんですが、多くの方には問題ない空き容量といったところですね。

「AnTuTu V8.4.3」で内部ストレージの読み書き速度を計測したところ以下のような結果でした。

「AnTuTu V8.4.3」で内部ストレージの読書速度を計測

計測状況からも分かりますが、ミドルスペックスマホとしては標準的なレベルの内部ストレージ速度になっています。このあたりも不満はありませんね。

「Pixel 4a」の最大の魅力となる高性能カメラ:シングルカメラなのにビビる

「Pixel 4a」の最大の魅力となる高性能カメラ

最後に、「Pixel 4a」の最大の魅力といって過言ではないカメラ性能をチェックしておきます。

「Pixel 4a」の背面には1220万画素のシングルカメラを搭載しています。

スペックだけ見ると、「今どきシングルカメラ?」となりますが、Googleのソフトウェアの力を発揮したもの素晴らしいカメラになっています。

比較のために、「OnePlus Nord」、「Redmi Note 9S」、「Xperia 10 Ⅱ」を用意しました。

まずは、さっそく標準カメラでパシャパシャ撮った写真をどうぞ。

これらのような明るい場面では、最近のスマホであればほぼ不満なく撮れるものがほとんどですね!

好みはあると思いますが、「Pixel 4a」の写真は、細部をシッカリ捉えていて、再現度も高く、なかなかキレイな印象を受けます。

「Pixel 4a」でびっくりするのがポートレート撮影です。深度カメラを搭載している「OnePlus Nord」、「Redmi Note 9S」と比較してみてください。

深度カメラなしのミドルスペックスマホで撮れるものとしてはものすごくハイレベルですよね。被写体をシッカリ捉えて、美しい背景ボケを実現しています。

これをソフトウェアの力で実現してくるあたりがめちゃくちゃ付加価値高いですよね。

あと、夜景での撮影も比較してみてください。「OnePlus Nord」、「Redmi Note 9S」に加えて、「Mate 20 Pro」まで用意しました。

「Pixel 4a」は夜景撮影でもけっこういい感じの性能を発揮します。かなり明るい写真を撮影することができます。

ただ、「Pixel 4a」は場面によっては必要以上に明るくなりすぎているとも感じます。比較すると、やはり「Mate 20 Pro」のカメラのすごさが際立ちますね。

「Redmi Note 9S」がミドルスペックスマホの標準的な夜景撮影の状況だと考えると、他機種はすごくハイレベルとも見ることができます。

「Pixel 4a」のカメラは最大の魅力ですが、広角カメラが非搭載なので、そのあたりは割り切らないといけません。

標準カメラでの撮影がメインであれば、「Pixel 4a」のカメラ性能はホント素晴らしいと感じています。

\ ソフトバンク版「Pixel 4a」がオトク /

「Pixel 4a」は最低3年間のアップデート保証で安心

新しくスマホを買ったのにアップデートがほとんどされないのでは安心して使うことができませんよね。

「Pixel 4a」はさすがGoogle謹製スマホということで、発売後の最低3年間においてOSとセキュリティのアップデート提供が行われます。

また最新OSもいち早く配信されることが多いので、新機能を早く使いたいという方にうれしいポイントです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥46,000 (2021/01/27 12:35:28時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:Google「Pixel 4a」はシングルカメラでビビる写真が撮れちゃうコンパクトスマホ!

Googleの「Pixel 4a」をレビュー

以上、Googleの「Pixel 4a」をレビューした内容を紹介しておきました。

紹介したように、ディスプレイやデザインには不満と感じる部分がありましたが、素晴らしいサイズとカメラの満足度が不満な部分を完全に上回っています

しかも、SIMフリー版で4万円ちょっとで手に入ることを考えると、「Pixel 4a」は十分に魅力的なスマホだと感じています。

「Pixel 4a」があまりにも魅力的なスマホなんで、筆者の用途で「OPPO Reno A 128GB」と海外版「Xperia 10 Ⅱ」が担っていた役割がなくなってしまうほどです…

「Pixel 4a」では、コストカットで削れている部分もありますが、優れいている部分も多々あります。ニーズとしっかり合致すれば、「Pixel 4a」は非常に魅力的なミドルスペックスマホであることは間違いありませんね。

おすすめのミドルスペックSIMフリースマホ3選

おすすめのミドルスペックSIMフリースマホ3選

おすすめのミドルスペックSIMフリースマホ3機種を紹介した記事も公開しています。日本国内発売モデルから選んでいます。

おすすめのミドルスペックSIMフリースマホについてさらに詳しく知りたい場合は「ミドルスペックSIMフリースマホおすすめ3選」の記事をどうぞ。

おすすめのSIMフリースマートフォン実機レビュー記事

「Redmi Note 9S」
「Redmi Note 9S」

本ブログでは、SIMフリースマホの実機レビュー記事を多数公開しています。

気になる機種があればぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

参考になれば幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Google Pixel 4a – Google

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる