【レビュー】変換アダプター探しから開放!「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブルを紹介

USB Type-C / Micro USB 交換ケーブルをレビュー

最新のスマートフォンでは「USB Type-C」を採用することも多くなりましたが、「micro USB」を採用したスマホ・タブレットもまだまだ多くあります。

HUAWEI P10 lite HUAWEI nova lite ZenFone 3 Ultra

「やすスマ」は、主に「HUAWEI P10 lite」、「HUAWEI nova lite」「ZenFone 3 Ultra」の3台を持ち歩いています。

お気に入りの3台を使って満足しているところですが、USBポートが「USB Type-C」と「micro USB」で混在していることから、機種に応じたケーブルを選ぶのは非常に面倒でした。

その非常に面倒くさい状況を改善するためにUSB Type C / Micro USB 交換ケーブルを購入しました。せっかくなのでレビューしておきます。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル

購入にあたり、以下のHANPEN-BLOG様の「56kΩ抵抗」について書かれた記事をとても参考にさせていただきました。

USB Type-Cケーブルの56kΩ抵抗 (56kレジスタ) とは
USB Type-Cケーブルを探していると必ず目にする「56kΩ抵抗 (56kレジスタ) 」という単語について解説します。

その他、Amazonでの口コミを比較検討して、最終的に購入したのは「CHOETECH」製のUSB Type-C / Micro USB 交換ケーブルです。

「56kΩの抵抗器」を実装していて、金メッキコネクタになっている2本のケーブルが付属しています。価格もおよそ800円とかなりリーズナブルになっています。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル

付属している2本のケーブルのうちの1本が以下のようなノーマルなケーブル形状になっています。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル ストレートケーブル

もう1本がバネのようなケーブル形状で伸縮性のあるものになっています。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル 伸縮ケーブル

こちらのケーブルは「Anker PowerDrive 2」に差して使っています。バネのような形状で、邪魔になりにくく、とても重宝しています。

肝心のType-C / Micro USB 交換部分をチェックしておきます。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル 変換部分

micro USB→USB Type-Cの変換アダプターを別途もっているのですが、小さな変換アダプターを探して付けることが面倒で全然使っていません。

今回購入した「CHOETECH」のUSB Type-C / Micro USB 交換ケーブルは写真のように端子の部分がゴムでつながれています。

頻繁に抜き差しして交換することを考えると、ゴムの強度が気になるところですが、しっかりとしたものになっていて安心できます。

「USB Type-C」採用の「ZenFone 3 Ultra」にさすことができ、

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル ZenFone 3 Ultra

「micro USB」採用の「HUAWEI nova lite」にもさすことができます。

「CHOETECH」USB Type-C / Micro USB 交換ケーブル HUAWEI nova lite

ケーブル自体の造りもしっかりしていて、「USB Type-C」機器と「Micro USB」機器を1本のケーブルでお手軽に充電が可能となるのは文句なしに便利です。かなり満足できる買い物となりました。

価格も安かったので、もっと早く買っておけばよかったと思っています。

少しでも参考になる部分があれば幸いです。

スポンサーリンク
ASUShuaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました