まじ日本にきて!「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報まとめ【日本発売期待】

この記事は約7分で読めます。
やすスマ
やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。海外スマートフォン情報もつねにウォッチしています。

この記事には、realmeの5G対応スマートフォン「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報をまとめています。

「realme 7 5G」の主な注目ポイントは以下のとおりです。

「realme 7 5G」の注目ポイント

・120Hz駆動対応ディスプレイ
・SoCがDimensity 800U
・279ユーロ(約3.4万円)の手頃価格

この「realme 7 5G」は、まじ日本でも発売してーーー!と思ってしまうほどの強力なコスパをもった仕上がりになっています。

さっそく、「realme 7 5G」の特徴とスペックを紹介しておきます。

「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報をまとめ【日本発売期待】

「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報をまとめ【日本発売期待】

realmeは2020年11月に、5G対応スマートフォン「realme 7 5G」をヨーロッパで発表しています。

「realme 7 5G」はスペック充実で手頃な価格となっている注目モデルということで情報をまとめておきます。

「realme 7」シリーズには、「realme 7 Pro」などがすでに発表済みです。なお、「realme 7 Pro」については、「「realme 7 Pro」のスペック・特徴・価格情報まとめ」に紹介しています。

「realme 7 5G」は120Hz駆動対応の6.5インチディスプレイ搭載

「realme 7 5G」は120Hz駆動対応の6.5インチディスプレイ搭載

「realme 7 5G」は6.5インチのフルHD+ディスプレイ搭載のミドルスペックSIMフリースマートフォンです。

「realme 7 5G」のディスプレイは120Hzのリフレッシュレート180Hzのタッチサンプリングレートに対応。滑らかな画面表示と高い応答性を誇る高速ディスプレイとなっていることが大きな魅力です。

ただし、「realme 7 5G」のディスプレイは有機ELではなく液晶タイプのものです。液晶採用ということもあり、指紋認証センサーはボディ側面に搭載しています。

「Dimensity 800U」搭載の「realme 7 5G」:AnTuTuスコアは30万オーバー

「Dimensity 800U」搭載の「realme 7 5G」:AnTuTuスコアは30万オーバー

「realme 7 5G」はSoCに「Dimensity 800U」を搭載。「Dimensity 800U」はミドルスペックスマホ向けとしてはなかなか高いパフォーマンスを持っていると評判のSoCです。

メモリ仕様は6GB RAM(LPDDR4x)+128GB ROM(UFS2.1)。microSDカードの使用もサポートしていて、2枚のSIMカードとmicroSDカードのトリプルカードスロットといううれしい仕様となっています。

メーカーは、テスト環境において、「realme 7 5G」のAnTuTuスコアは34万オーバーとアピールしています

「realme 7 5G」は十分なパフォーマンスを持っていることが大いに期待できます。

「realme 7 5G」は最大4800万画素クアッドカメラ搭載

「realme 7 5G」は最大4800万画素クアッドカメラ搭載

「realme 7 5G」の背面には4800万画素(標準)+800万画素(119°超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(ポートレート)のクアッドカメラを搭載。

「realme 7 5G」では、シーンに応じてカメラを切り替えての撮影を楽しむことができるようになっています。

5000mAhバッテリー搭載の「realme 7 5G」:30W急速充電対応

5000mAhバッテリー搭載の「realme 7 5G」

「realme 7 5G」のバッテリー容量は5000mAh最大30Wの急速充電「Dart Charge」に対応しています。

30W急速充電対応

大容量バッテリーを65分でフル充電可能とのことです。ただし、ワイヤレス充電には対応していません。

「Android 10」ベースのrealme UIを採用しています。ボディカラーはミストブルーのみの展開です。

「realme 7 5G」の価格:5Gスマホとしては非常に手頃な価格

「realme 7 5G」の価格:非常に手頃な価格

ヨーロッパでの、「realme 7 5G」の価格は279ユーロ(約3.4万円)となっています。

ヨーロッパ市場の5Gスマートフォンではかなり低価格です。Xiaomi「Mi 10T Lite」と競合する価格となっています。

なお、Xiaomi「Mi 10T Lite」については「5G対応「Mi 10T Lite」の特徴・スペック・価格情報」にまとめています。

しかも、現地のブラックフライデーのセールでは「realme 7 5G」が229ユーロ(約2.8万円)となるようです。とんでもない価格ですよね。

バランス良好な5Gスマートフォンがどんどん低価格で出てくるのはうれしく感じるところですよね!

「realme 7 5G」のスペック・対応バンド:充実のバンド構成

「realme 7 5G」のスペック・対応バンド:充実のバンド構成

「realme 7 5G」のスペックは以下のとおりです。

「realme 7 5G」のスペック

・OS:Android 10 (realme UI)
・ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
・SoC:Dimensity 800U
・RAM:6GB
・ROM:128GB
・カメラ:REAR:48MP+8MP+2MP+2MP FRONT:16MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:5000mAh
・サイズ/重量:75.1(W)×162.2(H)×9.1(D) mm / 195g

大容量バッテリーを搭載していますが、ボディ重量は200gを切っているあたりも注目ポイントですね!

また、「realme 7 5G」の対応バンドは以下のとおりです。

「realme 7 5G」の対応バンド

GSM:850/900/1800/1900
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B66
TD-LTE:B38/B39/B40/B41
5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78

特に、3G・4Gの対応バンドはそのまま日本発売したら十分使いやすい感じの充実っぷりですね。

「realme 7 Pro」

まとめ:「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報【日本発売期待】

まとめ:「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報をまとめ【日本発売期待】

以上、realmeの5G対応スマートフォン「realme 7 5G」の特徴・スペック・価格情報を紹介しておきました。

「realme 7 5G」のスペック・特徴・価格はいかがでしたか?

「realme 7 5G」はかなり良好なバランスという印象を受けるのはないでしょうか。

ぜひ、噂のオウガ・ジャパンから「realme 7 5G」を日本でも発売してほしいと感じるのではないでしょうか。

日本でも、「realme 7 5G」やXiaomiの「Mi 10T Lite」の発売を期待したいところですね。ただし、残念ながら両機とも現時点では日本発売のアナウンスはありません。

参考になれば幸いです!

「realme 7 5G」アンケート

「realme 7 5G」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「realme 7 5G」アンケート

「realme 7 5G」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source realme 7 5G – realme

コメント

  1. tensho より:

    こういう4万円未満の機種で十分です。
    今後もこのレンジのスマホの紹介をお願いします。
    おそらくRealmeとRedmiになると思いますが。

    Xiaomiはこれまで6個購入してきました。
    今度はRealmeを試してみたい。
    Redmiと比べてみたい。
    日本発売を、できれば今年中の日本発売発表を聞きたいです。
    個人的には、Xperia Z UltraやMi Max2のような、横幅もある大きな画面のスマホが好きなのですが。
    Xiaomiと異なり、日本LTEバンド全対応がすばらしい。
    5Gバンドはどうでしょうか。サブ6だけで十分です。

    • やすスマやすスマ より:

      コメントありがとうございます(^o^)
      私もこのレンジのスマートフォンは大好きです。
      ちょっとジャンルは違いますが、Aliexpress購入のrealme 7 Proが発送されたという連絡が昨日ありレビューするのが楽しみです。

      このクラスのスマートフォンをしっかりと日本で出してくれたら非常にうれしいですよね。
      バンドをみていると、日本きてほしいなぁという思いが記事タイトルにも入っちゃいました(笑)

タイトルとURLをコピーしました