【日本発売期待】「Redmi K20 Pro」はフラグシップモデルキラーの充実スペックSIMフリースマホ 価格は約4.0万円~

ハイスペックな「Redmi K20 Pro」

「Redmi K20 Pro」

中国のXiaomiは、Redmiシリーズの新モデル「Redmi K20 Pro」を発表しました。

「Redmi Note 7」のように、ミドルスペックで高コスパモデルが多かったRedmiシリーズですが、今回発表された「Redmi K20 Pro」は、フラグシップモデルに近いハイスペックな仕上がりになっています。

【実機レビュー】ほんとに価格が200ドル?「 Redmi Note 7 」は充実スペックの高コスパSIMフリースマホ
Xiaomiの高コスパSIMフリースマホ「Redmi Note 7」のグローバルモデルを入手しました。高性能カメラなどの充実スペックで200ドルクラスと非常に手頃な価格設定です。「Redmi Note 7」グローバル版を実機レビューしています。

コスパに定評のあるRedmiシリーズのスマートフォンということで、「Redmi K20 Pro」の価格は2499元(約4.0万円)~と手頃になっています。

ハイスペックでありながら手頃な価格となっている「Redmi K20 Pro」の特長とスペックを紹介しておきます。

なお、「Redmi K20 Pro」はグローバル市場では「Mi 9T Pro」として展開が見込まれています。

「Redmi K20 Pro」の特長とスペック

「Redmi K20 Pro」は6.39インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載。高画質が期待できるAMOLED(有機EL)です。

指紋認証センサーはディスプレイに内蔵されています。少し前のディスプレイ内の指紋認証センサーは認証の精度・速度が物足りない印象でしたが、「Redmi K20 Pro」では進化したセンサーを搭載していて精度・速度が向上しているとのことです。

ポップアップするセルフィーカメラ

「Redmi K20 Pro」のポップアップカメラ

ポップアップするセルフィーカメラを採用。ノッチなしのフルスクリーンデザインを実現したことで、画面占有率91.9%を達成しています。

Snapdragon 855

SoCはクアルコム製の最新ハイエンド向け「Snapdragon 855」を採用。Xiaomiのフラグシップモデル「Mi 9」と同じSoCです。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB、内部ストレージ容量が64GB/128GB/256GBです。

現行でAndroidスマートフォンとしてはトップクラスのパフォーマンスが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキング – やすスマ

トリプルカメラ

「Redmi K20 Pro」のトリプルカメラ

背面には4800万画素(標準 ソニーIMX586)+1300万画素(超広角)+800万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載。

当然ながらAI機能に対応したカメラとなっていて、被写体やシーンに応じて、適した撮影モードに自動的に切り替えてくれます。

さらには、動画撮影機能も強力です。ソニーのXperiaシリーズのような、1秒960コマのスーパースローモーション撮影が可能になっています。

参考スーパースローモーション – ソニーモバイル公式サイト

大容量バッテリー

バッテリー容量は4000mAh。USBポートは「Type-C」です。27Wの急速充電に対応しています。

高出力な急速充電に対応していて大容量バッテリーを搭載しているのも「Redmi K20 Pro」の魅力となりそうです。

多くのハイスペックモデルでは3.5mmイヤホンジャックが廃止されていますが、「Redmi K20 Pro」は3.5mmイヤホンジャックをちゃんと搭載しています。

カラーはレッド、ブルー、ブラックの3色展開。ガラス素材でデザインされた光沢感の高い背面で、光の当たり方によって多様な色合いや模様を描き出します。

「Redmi K20 Pro」の価格

「Redmi K20 Pro」の中国での価格は、6GB RAM+64GB ROMモデルが2499元(約4.0万円)、6GB RAM+128GB ROMモデルが2599元(約4.1万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが2799元(約4.4万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが2999元(約4.7万円)です。

値下がりしてきたMi 9と比較するとものすごく安い水準ではありませんが、スペックから考えると納得できる価格です。

「Redmi K20 Pro」のスペック

「Redmi K20 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (MIUI 10)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+13MP+8MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:74.3(W)×156.7(H)×8.8(D) mm / 191 g

アンケート

「Redmi K20 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

下位モデル「Redmi K20」

同じRedmi K20シリーズの下位モデル「Redmi K20」も同時に発表されています。

「Redmi K20」は、SoCなどの一部スペックを抑えることで、価格帯を下げてコストパフォーマンスを追求したモデルになっています。

【日本発売期待】Xiaomi「Redmi K20」はSD730搭載で高コスパなミドルハイスペックSIMフリースマホ
Xiaomi「Redmi K20」 中国のXiaomi(シャオミ)は、Redmiシリーズの新モデル「Redmi K20」を発表しました。 同じ「Redmi K20」シリ...

Source

Redmi K20 Pro – Redmi

SIMフリーXiaomi
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました