【日本発売期待】高コスパ!Xiaomi「Redmi Note 4X」情報 16500円

中国メーカーのXiaomiは、中国にて新型スマートフォン「Redmi Note 4X」を発表しました。

Redmi Note 4X

「Redmi Note 4X」の主な特長

「Redmi Note 4X」は、昨年8月に発売した「Redmi Note 4」の後継モデル。「Redmi Note 4X」には、限定の「初音ミクスペシャルモデル」もラインナップされています。

メモリ仕様は、「3GB RAM+32GB ROM」と「4GB RAM+64GB ROM」があります。執筆時点(2017年2月13日現在)で、「4GB RAM+64GB ROM」のSoCについては非公表になっています。噂では、「Snapdragon 635」を搭載すると噂されています。

「3GB RAM+32GB ROM」モデルの現地での販売価格は、通常モデルが 999 元(およそ16500円)、「初音ミクスペシャルモデル」が1299 元(およそ21400円)です。「3GB RAM+32GB ROM」モデルは2017年2月14日から発売開始です。

Xiaomiのハイスペックモデル「Mi 5s」と比較すると、スペックを抑えて、価格も抑えられています。

コスパのXiaomiらしく、日本済みの人気モデル「Zenfone 3 (ZE520KL)」と同じSoCを採用するなど、スペックは価格帯を超えたものになっています。

すでに公表されている「3GB RAM+32GB ROM」モデルのスペックをまとめておきます。

「Snapdragon 625」

SoCには「Snapdragon 625」を採用。「3GB RAM+32GB ROM」のメモリ仕様で、ヘビーな用途でなければ、十分なパフォーマンスが期待できます。

メインカメラは1300万画素(f2.0)。ボディ背面に指紋センサーを搭載しています。

大容量バッテリー

バッテリー容量は4100mAhと、大容量なものになっています。大容量バッテリーで気になるところです。「Redmi Note 4X」のボディの厚さは8.45mmとそれないのレベルになっています。

カラーは、通常モデルがシャンパンゴールド、プラチナシルバー、マットブラック、チェリーピンクの4色展開。「初音ミクスペシャルモデル」は「初音グリーン」になっています。

「Redmi Note 4X」のスペックレビュー

「Redmi Note 4X」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920 x 1080)
  • SoC:Snapdragon 625
  • CPU:Octa Core 2.0GHz
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP(f2.0) FRONT:5MP(f2.0)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n (2.4 & 5 GHz)
  • 指紋センサー:○
  • バッテリー:4100mAh
  • サイズ/重量:76(W)×151(D)×8.45(H) mm / 165g

まとめ

「Redmi Note 4X」はXiaomiらしいコスパの光るモデルになっています。残念ながら日本での発売はアナウンスされていません。日本のSIMフリースマホ市場はHUAWEIとASUSが大きくリードする構図ができつつあります。Xiaomiの高スペックで高コスパで勝負してほしいと思っているのですが、、、。

Source

「Redmi Note 4X」製品ページ|Xiaomi

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました