【日本発売期待】「Redmi Note 8 Pro」は世界初の64MPカメラ搭載のスマートフォン 価格は約2.1万円~

Redmi Note 8 Pro

Xiaomiが2019年8月29日に発表した新型SIMフリースマートフォン「Redmi Note 8 Pro」情報まとめページです。

「Redmi Note 8 Pro」は「Redmi Note 8」シリーズの上位モデルです。

前モデル「Redmi Note 7」はコストパフォーマンスの高さで話題となりました。本ブログの実機レビューはコチラ。

【実機レビュー】「 Redmi Note 7 」はアンダー200ドルで驚異的なスペックをもったSIMフリースマホ
Xiaomiの高コスパSIMフリースマホ「Redmi Note 7」のグローバルモデルを入手しました。高性能カメラなどの充実スペックで200ドルクラスと非常に手頃な価格設定です。「Redmi Note 7」グローバル版を実機レビューしています。

「Redmi Note」シリーズの爆裂コスパをそのままに、Proというモデル名をもつ「Redmi Note 8 Pro」。高性能カメラを搭載し、充実スペックでありながら手頃な価格を実現した注目モデルです。

「Redmi Note 8 Pro」は6400万画素カメラを搭載した世界初のスマートフォンです。

【日本発売期待】「Realme XT」は6400万画素カメラを含むクアッドカメラ搭載のミドルスペックSIMフリースマホ
OPPOはインドにおいて新型スマートフォン「Realme XT」を発表。6400万画素カメラを含むクアッドカメラを搭載、有機ELディスプレイ、大容量バッテリーを搭載するなど充実スペックでいて価格は15,999インドルピー(約2.5万円)~と格安です。

「Redmi Note 8 Pro」の特徴とスペック

「Redmi Note 8 Pro」の注目ポイントはなんといっても「カメラ」です。

クアッドカメラ

「Redmi Note 8 Pro」の背面には6400万画素(メイン)+800万画素(超広角)+200万画素(深度)+200万画素(マクロ)のクアッドカメラを搭載。

スマートフォンでは世界初の6400万画素カメラはSamsung製センサーを採用。

6.53インチディスプレイ

「Redmi Note 8 Pro」のフルビューデザイン

6.53インチのフルHD+ディスプレイを搭載。小さめの水滴型ノッチと細めのベゼルによって高い画面占有率を達成しています。

ハイコスパSoC「Helio G90T」を採用

SoCにはMediaTek製の「Helio G90T」を搭載。

MediaTek製のSoCの採用はけっこうサプライズですが、「Helio G90T」は注目しておきたいハイコスパなSoCになっています。

驚異のベンチマークスコア

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 7」の総合スコアはおよそ20万点を上回ることが予想されます。

ミドルスペックモデルとしては十分なパフォーマンスで、少し前のハイスペックモデルと遜色ないパフォーマンスが期待できます。

強力な冷却機構

液冷による強力な冷却機構搭載で、高負荷時の本体の発熱を抑えることで、3Dゲームのプレイ時に安定した動作を引き出します。

パフォーマンスの高いSoCと強力な冷却機構でゲーム用途にも対応した仕上がりです。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB内部ストレージ容量が64GB/128GBです。外部ストレージとしてmicroSDカードの使用をサポートしています。

USBポートは「Type-C」。バッテリーは4500mAhの大容量なものを採用。18W出力の急速充電に対応しています。ただし、ワイヤレス充電には非対応です。

Type-Cで大容量バッテリーということでいい感じです。

防水・防じん(防塵)機能には非対応。

ボディカラーはグリーン、ホワイト、グレーの3色展開です。

写真を見た感じでは、グリーンカラーがいい感じですね!

「Redmi Note 8 Pro」の価格

注目の価格については、「Redmi Note 8 Pro」の6GB RAM+64GB ROMモデルが1399元(約2.1万円)6GB RAM+128GB ROMモデルが1599元(約2.4万円)8GB RAM+128GB ROMモデルが1799元(約2.7万円)です。

このスペックでありながら日本円換算で2万円台。期待通りのとんでもないコスパです。

2019年9月に中国で発売され、順次、他国でも発売が見込まれます。

「Redmi Note 8」もあり

同じシリーズのスタンダードモデルにあたる「Redmi Note 8」も同時に発表されています。

「Redmi Note 8」は、さらにコスパを追求したモデルになっています。ぜひ合わせて情報をチェックしてみてください。

【日本発売期待】「Redmi Note 8」はクアッドカメラ搭載の高コスパSIMフリースマホ 価格は約1.5万円~
中国のXiaomiの新型スマートフォン「Redmi Note 8」情報をまとめています。999元(約1.5万円)~と非常に手頃な価格でありながら、クアッドカメラを搭載するなどスペックは充実していて、驚きのコストパフォーマンスモデル誕生の予感大です。

グローバル版「Redmi Note 8 Pro」も発表

2019年9月に「Redmi Note 8 Pro」のグローバル版もリリースされました。

Xiaomiのスマートフォンのグローバル版ということでGoogleサービス、日本語ロケールに対応。

グローバル版がリリースされたことでコスパ優秀な「Redmi Note 8 Pro」にさらに注目が集まりそうです。

【日本発売期待】「Redmi Note 8 Pro」のグローバルモデルがついにきた!Etorenで販売開始
「Redmi Note 8 Pro」に待望のグローバルモデルが登場 Xiaomiの驚異的な...

「Redmi Note 8 Pro」のスペック

「Redmi Note 8 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9(EMUI 10)
  • ディスプレイ:6.53インチ(2340×1080)
  • SoC:Helio G90T
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:64MP+8MP+2MP+2MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4500mAh
  • サイズ/重量:76.4 × 161.3 × 8.8 mm / 199g

Banggoodの「Redmi Note 8 Pro」クーポン

banggood.com」では、グローバル版の「Redmi Note 8 Pro」を対象とする割引クーポンが発行されています。

クーポンを適用することで、グローバル版「Redmi Note 8 Pro」の6GB RAM+64GB ROMモデルが199.99ドル6GB RAM+128GB ROMモデルが206.29ドル~になります。

グローバル版「Redmi Note 8 Pro」


Xiaomi Redmi Note 8 Pro Global Version 6GB+64GB – banggood
コード「BGBFN8P64

グローバル版「Redmi Note 8 Pro」


Xiaomi Redmi Note 8 Pro Global Version 6GB+128GB – banggood
コード「BGBFSPN8P

GEARBESTの「Redmi Note 8 Pro」クーポン

GEARBESTでは「Redmi Note 8 Pro」を対象とするクーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「Redmi Note 8 Pro」の6GB RAM+64GB ROMモデルが221.99ドル6GB RAM+128GB ROMモデルが232.99ドル(Forest Green)/229.99ドル(Blue)となります。

販売ページ

Redmi Note8 Pro Global Version 6+64GB Forest Green – GEARBEST
クーポンコード「GBNOTE8P6」
Redmi Note8 Pro Global Version 6+128GB Forest Green – GEARBEST
クーポンコード「GBNOTE8P4」
Redmi Note8 Pro Global Version 6+128GB Blue – GEARBEST
クーポンコード「GBNOTE8P7」

「Redmi Note 8 Pro」アンケート

アンケート

「Redmi Note 8 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Redmi Note 8 Pro – Xiaomi

スポンサーリンク
SIMフリー Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました