【日本発売期待】「Redmi Note 8 Pro」のグローバルモデルがついにきた!Etorenで販売開始

「Redmi Note 8 Pro」に待望のグローバルモデルが登場

Xiaomiの驚異的なコストパフォーマンスが話題の「Redmi Note 8 Pro」のグローバルモデルが発売されています。

グローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」

「Redmi Note 8 Pro」のグローバルモデルがついに発売

スマートフォンでは初めて6400万画素カメラを搭載した「Redmi Note 8 Pro」は2019年8月に中国で発表。コスパに優れたRedmi Noteシリーズの新型モデルということで、コストパフォーマンスの高さが話題となりました。

【日本発売期待】「Redmi Note 8 Pro」は世界初の64MPカメラ搭載のスマートフォン 価格は約2.1万円~
スマートフォンの高画素カメラに興味がある方に注目してほしいスマホが登場です。スマートフォンで世界初の6400万画素カメラ搭載のXiaomi「Redmi Note 8 Pro」です。高性能カメラだけでなく、スペックも充実し、それでいてかなり手頃な価格を実現。大ヒットが予想される「Redmi Note 8 Pro」情報まとめをぜひ御覧ください。

主な注目ポイント

グローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」の主な注目ポイントはコチラ。

POINT

  • Googleサービス対応
  • 6400万画素カメラ
  • ゲームプレイにも適した強力SoC

Googleサービスに対応した「Redmi Note 8 Pro」のグローバル版

ご存知の通り、中国発売のスマートフォンには「Google Play」などのGoogleサービスが導入されていません。当然ながら中国で発売された「Redmi Note 8 Pro」も同様でした。

Googleサービスに対応した「Redmi Note 8 Pro」となると、グローバル版の発売を待つ必要がありましたが、2019年9月にグローバル版がついに発売です。

グローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」の強力スペック

「Redmi Note 8 Pro」の強力なスペック

グローバルモデルは中国モデルと同等の強力なスペックになっています。

6.53インチのフルHD+ディスプレイ搭載の「Redmi Note 8 Pro」は、背面にスマートフォンとしては世界初の6400万画素カメラを搭載。

背面には6400万画素カメラを含む、4つのカメラ(クアッドカメラ)を搭載しています。

SoCには「Helio G90T」を搭載。GPU性能にも力を入れた高性能なSoCで、ゲームプレイも十分に想定した仕上がりになっています。

グローバル版のメモリ仕様は、RAM容量が6GB、内部ストレージ容量が64GB/128GBです+

4500mAhという大容量バッテリーを搭載。18W出力の急速充電をサポート。USBポートは「Type-C」です。

ボディカラーはホワイト、グリーン、グレーの3色展開です。

Etorenで販売

Etoren」では、グローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」の販売を開始。

販売されているのは6GB RAM+64GB ROMモデル。グリーンカラーとブラックカラーが販売されています。

執筆段階(2019年10月6日)で、「Etoren」でのグローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」の価格(送料別)は、グリーンカラーが31,800円、ブラックカラーが30,400円です。カラーによって価格は異なっています。

グローバルモデル「Redmi Note 8 Pro」の販売状況が気になる方はコチラからチェックしてみてくださいね!

Source

Redmi Note 8 Pro – Mi Global

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました