ちょっと快適?日本版「Redmi Note 9S」のガラスフィルムをAmazonで購入

この記事は約7分で読めます。
やすスマ
やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。日本版「Redmi Note 9S」でXiaomiスマホらしいコスパの高さを体感しています。

日本版「Redmi Note 9S」には保護フィルムが貼られた状態なんだけど、強度的に心配だからガラスフィルムに貼り替えようかな。。。

この記事には、日本版「Redmi Note 9S」にAmazon購入のガラスフィルムを貼った状況をまとめています。

もともと貼っているフィルムで済まそうかとも考えましたが、やはり実際に貼ってみるとメリットを実感

Amazon購入のガラスフィルムを「Redmi Note 9S」をレビューしておきます!

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

Amazon購入の「Redmi Note 9S」用のガラスフィルムを貼ってみる

Redmi Note 9S

日本発売以来、その高いコストパフォーマンスで大きな話題の「Redmi Note 9S」。

パンチホールデザインのフルスクリーンディスプレイは「Redmi Note 9S」の魅力になっています。

「Redmi Note 9S」にはもともと保護フィルムが貼られている

もともと保護フィルムが貼られている

そんな「Redmi Note 9S」には、出荷時点でディスプレイにフィルムが貼られています。別に購入しなくても安心して使い始めることができるのがうれしいところですね。

ただ、この保護フィルムでは以下のような気になる点が。。。

気になる点

・厚さがそれほどなく強度が心配
・指すべりがイマイチ

大切に「Redmi Note 9S」を使いたいので、少しお金は掛かりますがガラスフィルムをAmazonで購入してみました。

SHINEZONEの「Redmi Note 9S」用のガラスフィルムを購入

SHINEZONEの「Redmi Note 9S」用のガラスフィルム

今回、筆者がAmazonで購入したのはSHINEZONEのガラスフィルム。硬度9Hのフィルムが2枚セットで1,099円と、かなり奮発して購入しちゃいました。。。

やすスマ
やすスマ

フィルムを買うときにはいつもは1000円以下を目安にしているんですがねぇ。評判などを見ながら、最終的には直感で決めました!

2枚のガラスフィルムに加えて、説明書、貼り付けツール

箱を開けると、2枚のガラスフィルムに加えて、説明書、貼り付けツールなどが同梱されていました。

やすスマ
やすスマ

なんか、インストールって何?ってなっちゃいますよね(笑)

説明書は日本語で書かれていますが、細かな表現は気にせずに読む方がメンタル的にいいようなレベルのものです。

貼り付けるためのアイテムは、ちゃんとそれぞれ2つセット

貼り付けるためのアイテムは、ちゃんとそれぞれ2つセットになっています。

「Redmi Note 9S」のフィルムを慎重に剥がす

「Redmi Note 9S」のフィルムを慎重に剥がす

まずは、もともと「Redmi Note 9S」に貼られているフィルムを剥がすところからスタートです。

必ず「Redmi Note 9S」の電源を切ってから作業してくださいね。作業していると意味不明に顔認証されてしまうような筆者のような状況にならないためにも。

フィルムがしっかりと貼り付いた状態になっているので、この剥がす瞬間は非常に緊張しちゃいます。ホント、慎重に剥がしてくださいね!

ディスプレイを傷をつけないように慎重に慎重に剥がします

ディスプレイ表面にホコリが残らないように

ディスプレイ表面にホコリが残らないように

説明書に書いている通りに、まず表面をアルコールシートで丁寧に拭いてシールを使ってホコリが残らないようにします。

貼り付ける位置をしっかり合わせることが重要です

実際にフィルムを貼っていきます

ディスプレイ表面にホコリが残っていないかを丁寧に確認して、実際にフィルムを貼っていきます

しっかり位置合わせして置けば上手くいく

といっても、フラットなディスプレイなんで、しっかり位置合わせして置けば上手くいくはず…たぶん。ここで、微妙にミスってるんですが指摘はしないでください(笑)

フィルムがそれなりに吸着するのを待って、あとはクロスを使って気泡を押し出していきます。実際に貼った後の状態がコチラです。

実際に貼った後の状態がコチラ

うん、フィルムの透明感は問題なしですね。

先日に購入した保護ケースを付けても干渉もなし

保護ケースを付けても干渉もなし

「Redmi Note 9S」に先日購入した保護ケースを付けてもフィルムと干渉はありません。

ホコリが残っていた

よーく、確認してみると上のようにホコリが残っていたようです。。。これはフィルムの問題ではなく、筆者自身の問題です。。。

やはり慎重さが足りないとこういう結果に。ここから剥がして再チャレンジしてもベターな結果をまったく想像できないので、これは仕方ないとしちゃいます。

これで、貼り付けは終わったことにします(笑)

ぜひ、みなさんは慎重にフィルムを貼ってみてくださいね!

ガラスフィルムを貼ってみての「Redmi Note 9S」の使用感

ガラスフィルムを貼ってみての「Redmi Note 9S」の使用感

ガラスフィルムを貼ってみて、「Redmi Note 9S」の使い心地がどう変化したか気になりますよね。

ガラスフィルムに貼り替えると、指ざわりは改善して、タッチ感は良くなったことを実感しています。

また、フィルム表面にはコーティング加工が施されているらしいので、使っていても指紋の跡は気になりません

フィルムのクオリティはなかなか良好だと感じています。耐久性はまだ分かりませんが、耐久性を発揮する場面がやってこないことを祈るばかりです。。。

「Redmi Note 9S」を計量してみると…

「Redmi Note 9S」を計量

ガラスフィルムは満足できそうなものと確認できました。そこで、「Redmi Note 9S」に保護ケースとガラスフィルムを付けた状態で計量すると。。。

上の画像がガラスフィルムを貼り付ける前です。

ガラスフィルムを貼ってみると「Redmi Note 9S」の成長が止まらないようです。うちの「Redmi Note 9S」はついに250gオーバーです。

今回のフィルムが大きな原因ではありませんが、「Redmi Note 9S」の大きさと重さは好き嫌いがかなり分かれそうなポイントですね。

やすスマ
やすスマ

本音としては、「Redmi Note 9S」をケース無しで使いたいんですけど、カメラの出っ張りがあって、かつ根性もないのでちょい難しい。。。

まとめ:Amazon購入の「Redmi Note 9S」用のガラスフィルムを貼ってみる

まとめ:Amazon購入の「Redmi Note 9S」用のガラスフィルムを貼ってみる

以上、日本版「Redmi Note 9S」にAmazon購入のガラスフィルムを貼った状況をまとめておきました。

ちょっと奮発してガラスフィルムを購入してみましたが、タッチ感を改善できたことが非常に良かった点です。

Amazonでは、「Redmi Note 9S」用のガラスフィルムが多数販売されているので、「Redmi Note 9S」を大切に使うためにも検討してみてはいかがでしょうか。

「Redmi Note 9S」がなんと最安1,800円のセール実施

「OCN モバイル ONE」では「Redmi Note 9S」をオトクに購入できます。

限定カラーの発売を記念して特価販売を開始。割引を最大限に併用することで、「Redmi Note 9S」が1,800円(税抜)となっています。

詳しくは、「「Redmi Note 9S」が最安1,800円のぶっちぎりセール開始」にまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね。

日本版「Redmi Note 9S」のレビュー記事

日本版「Redmi Note 9S」のレビュー記事

本ブログでは、日本版「Redmi Note 9S」の詳細なレビュー記事を公開しています。

日本版「Redmi Note 9S」の基本的なパフォーマンス・デザインをチェックすることに加えて、細かな機能も紹介しています。

詳しく知りたい方は、ぜひ日本版「Redmi Note 9S」の実機レビューをご覧くださいね。

「Redmi Note 9S」用の背面保護フィルムにミヤビックス「OverLay 9H」をレビュー

「Redmi Note 9S」用の背面保護フィルムにミヤビックス「OverLay 9H」

「Redmi Note 9S」用の背面保護フィルムにミヤビックス「OverLay 9H」をチェックした内容も紹介しています。

保護ケースを付けるとどうしても重くなるので、背面にフィルムを貼ってみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「Redmi Note 9S」用のカメラレンズ保護フィルムをレビュー

「Redmi Note 9S」用のカメラレンズ保護フィルム

背面フィルムに加えて、「Redmi Note 9S」用のカメラレンズ保護フィルムをレビューしています。

「Redmi Note 9S」ではどうしてもカメラの出っ張りが気になるところです。Amazonでカメラレンズ保護フィルムを購入して貼っています。

以上、参考になれば幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました