えっ、なぜ?「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換える4つの理由【その違いは?】

この記事は約8分で読めます。
やすスマ
やすスマ

どうも、「Redmi Note 9S」のグローバル版から日本版に乗り換えた、ガジェットブロガーの「Redmi Note 9S」を予約しているやすスマ(@yasu_suma)です。

日本でも「Redmi Note 9S」発売となり、SIMフリースマホ市場が一気に盛り上がってきそうでめちゃ楽しみ!

この記事には、筆者が「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換えた理由を紹介しています。

筆者はグローバル版「Redmi Note 9S」を持っていましたが、日本版に乗り換えています。

なんでグローバル版を購入していたのに、わざわざ日本発売モデルに乗り換えるの?』ってなりますが、私なりにこだわった理由があるんで紹介しておきます。

グローバル版を持っていない方にも、「Redmi Note 9S」の魅力が伝わるように紹介するので、よかったら最後までお付き合いください!

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換える理由

「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換える理由

筆者が「Redmi Note 9S」のグローバル版から日本版に乗り換える主な理由は以下の4点です。

4つの理由

・日本国内でSIMを挿して使える
・対応バンドがめっちゃいい感じ
・オーロラブルーが気になっていた
・Xiaomiの攻めの姿勢を感じた

なんかいろんな観点の理由が入っていてすみません。。。

でも、ちゃんとしたこだわりがある理由なんです。それぞれの理由を掘り下げながら順に紹介しておきます。

なお、「Redmi Note 9S」の性能や機能は「Redmi Note 9S」のレビューに詳しくまとめています。よかったらチェックしてみてください。

日本で「Redmi Note 9S」にSIMが挿せるようになる

まず、日本版「Redmi Note 9S」に乗り換えた1つ目の理由は、日本でSIMカードを挿すことができるようになるからです。

「Redmi Note」シリーズはその充実したスペックと手頃な価格で、海外でのXiaomiスマホの販売台数にめちゃ貢献しているモデルです。

そんな「Redmi Note」シリーズの注目モデル「Redmi Note 9S」がグローバル発売ということで、発表後すぐに注文していました。

グローバル版「Redmi Note 9S」をアップデートしても技適なし

グローバル版「Redmi Note 9S」は技適がないので、「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の届出を行った上で使っていました。

グローバル版「Redmi Note 9S」は技適がない

届出を行うことでグローバル版「Redmi Note 9S」でWi-Fi通信は可能なんですが、SIMを挿しての通信を行うことができません

グローバル版と日本版では一部仕様が異なるので、ソフトウェア・アップデートで技適対応ということにもなりません。

でも、日本版「Redmi Note 9S」ならに存分にSIMを挿して楽しむことができるんですよ!

日本国内で「Redmi Note 9S」にSIMを挿せるようになるのはめちゃくちゃデカイです。

日本版「Redmi Note 9S」は日本での使用にばっちりの対応バンド

日本版「Redmi Note 9S」は日本での使用にばっちりの対応バンド

日本版「Redmi Note 9S」なら、SIMが挿せるということをさきほど紹介しました。しかも、日本版ではグローバル版とは異なるバンド構成になっています。

要するにXiaomiが日本市場向けに調整をかけてきたということ。日本版「Redmi Note 9S」のバンド構成は以下の通りで、かなり充実しています。

対応バンド

GSM: B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

日本版「Redmi Note 9S」では、NTTドコモ/au/SoftBank/楽天モバイルの必須バンドをサポートするように調整しています。

こんな感じで日本国内での使用にばっちり対応のバンド構成となっていることが2つ目の理由です。

楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMも日本版「Redmi Note 9S」で使えました

実際に、日本版「Redmi Note 9S」に楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMを挿しても利用することができました

コスパ最強コンボ?「Redmi Note 9S」に楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMを挿してみた!
日本版「Redmi Note 9S」に楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMカードを挿して検証した内容をまとめています。コスパに優れた「Redmi Note 9S」と楽天モバイルの組み合わせが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

あくまでもパートナー回線環境での確認ですが、対応バンドの充実を実感できます。

もちろん、ドコモ/au/SoftBankの回線を使ったSIMも問題なく使える状況でした!

「Redmi Note 9S」で「OCN モバイル ONE」を使うためのAPN設定手順を解説
「Redmi Note 9S」で「OCN モバイル ONE」を使うためのAPN設定手順をまとめて紹介しています。2020年7月段階では「Redmi Note 9S」では手動で「OCN モバイル ONE」のAPN設定を行う必要があります。
日本版「Redmi Note 9S」にau回線のau VoLTE対応SIMを挿して設定【予想外の展開】
日本版「Redmi Note 9S」にau回線のau VoLTE対応SIMカードを挿して設定した内容をまとめています。「BIGLOBEモバイル」のau VoLTE対応SIMカードを「Redmi Note 9S」に挿しています。大切なのはAPN設定ということでした。
\夏のスマホ大特価キャンペーンを実施中/

「Redmi Note 9S」のオーロラブルーカラーが気になった

「Redmi Note 9S」のグレイシャーホワイト

「Redmi Note 9S」のデザインはかなり魅力的です。

特に、ガラス素材を使い、サイドにかけて緩やかにカーブした形状の背面デザインは、とても格安スマホとは思えないようなクオリティです。

グローバル版では「グレイシャーホワイト」をチョイスしていました。基本的にはきれいなカラーなんです。

でも、ガラス素材を使っていることで環境や見る角度によっては白っぽさが消えてしまうことがあるんです。

環境や見る角度によっては白っぽさが消えてしまう

こんな感じで、見る角度によってはちょっと青みがかった色になってしまい、少し残念に感じていました。

この状況から、オーロラブルーの選んだ方が良かったと感じていました。

そこで、日本版の発売のチャンスが来て、色々と検証しながらにカラーも変更できるやん!って考えたのが3つ目の理由です。

日本版「Redmi Note 9S」レビュー!「Redmi Note 9S」は日本でコスパ最強のミドルスペックスマホ
日本版「Redmi Note 9S」をレビューした内容をまとめています。「Redmi Note 9S」は日本のスマートフォン市場に衝撃をあたえるモデルです。価格が約2.5万円~とは思えないほどのスペックとデザインです。「Redmi Note 9S」に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

Xiaomiの日本市場への攻めの姿勢を感じた

Xiaomiの日本市場への攻めの姿勢

「Redmi Note 9S」は、6.67インチ「DotDisplay」、SoCは「Snapdragon 720G」、48MPクアッドカメラなど、なかなかのハイレベルな性能を持っています。日本のミドルスペックスマホでは上位クラスの性能といっていいでしょう。

そんな高性能なスマートフォンを24800円(税込)~で発売するというXiaomiの攻めの姿勢に筆者は勝手に興奮したのが最後の理由です。

「Redmi Note 9S」の性能を考えると、この価格はオトクすぎです。「Redmi Note 9S」のコスパは日本のSIMフリースマホ市場を震撼させるものとなります。

ガジェットブロガー厳選!2020年版 格安SIMフリースマホおすすめ8選を紹介【しっかり節約】
5万円台までの価格でおすすめしたい格安なSIMフリースマホをランキング形式で紹介しています。ガジェットブロガーの筆者が厳選しています。『格安スマホってどれがオススメ?』、『おサイフケータイ搭載の格安スマホって?』という方はぜひ参考にしてみてください!

「Mi Note 10」ではXiaomiスマホのインパクトが日本でも炸裂した感じはしませんでしたよね。「Redmi Note 9S」ではそのインパクトが炸裂しています。

Xiaomi シャオミ Xiaomi Redmi Note 9S オーロラブルー Snapdragon 720 6.67型・メモリ/ストレージ:6GB/128GB nanoSIM x2 ドコモ / au / ソフトバンクSIM対応 SIMフリースマートフォン[simフリー スマホ 本体 新品]

まとめ:「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換える理由

グローバル版から日本版に乗り換える理由

以上、筆者が「Redmi Note 9S」をグローバル版から日本版に乗り換える理由を中心に紹介しました。

「Redmi Note 9S」の日本発売は、日本の格安スマホを1つの上のステージに押し上げる可能性を持っています。そんなスマートフォンを多くの方々とともに興奮しながら味わいたいと考えています。

4GB+64GBモデルか6GB+128GBモデルで迷いますよね

筆者は、「Redmi Note 9S」の4GB+64GBモデルを購入しましたが、6GB+128GBモデルと迷っている方も多いと思います。

特に内部ストレージ容量の違いが気になるところでしょうし、以下の記事も用意していますね。

「Redmi Note 9S」の64GBモデルだけど大丈夫かな?【128GBモデルとの違いが気になる】
「Redmi Note 9S」は64GBモデルと128GBモデルがあります。どちらのモデルにするかを迷っている方も多いでしょう。この記事には「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェック。さらには、ベンチマークテスト結果も掲載しています。

「Redmi Note 9S」をメインスマホとして使う予定であれば、6GB RAM+128GB ROMモデルをぜひ購入してください。

もちろん、4GB+64GBモデルが絶対にダメとは言いませんが、普通に購入した場合には価格差以上の満足度を生み出すことでしょう。

また、「Redmi Note 9S」を対象とするオトクなセールが実施されているので、まとめて紹介しておきますね!

「OCNモバイルONE」で「Redmi Note 9S」がなんと最安1,800円

「OCNモバイルONE」では、割引を最大限に適用すると「Redmi Note 9S」を1,800円(税抜)で購入することができます。

限定カラーのインターステラーグレーの発売での記念特価販売となっています。

「Redmi Note 9S」の激安セールをやっていますよぉぉぉ」にまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\限定カラー発売記念特価/

「BIGLOBEモバイル」で「Redmi Note 9S」対象に20,000ポイント還元

「BIGLOBEモバイル」で「Redmi Note 9S」対象に20,000ポイント還元

でも、なるべく安く「Redmi Note 9S」を手に入れたいなぁ』という場合には、「BIGLOBEモバイル」のスマホセット特典がオトクです。

音声通話SIMと「Redmi Note 9S」をセットで契約すると、20,000円相当ポイント還元の「スマホセット特典」が用意されています。

こちらの「Redmi Note 9S」は4GB+64GBモデルですが、かなりお手頃な実質価格で手に入れることができます。

詳しくは「特典強化!「Redmi Note 9S」に20,000円相当のポイント還元」にも紹介しています。

「BIGLOBEモバイル」のスマホセット特典が気になる方はコチラからチェックしてみてくださいね。

以上、参考になれば幸いです!

「Redmi Note 9S」アンケート

「Redmi Note 9S」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「Redmi Note 9S」アンケート

「Redmi Note 9S」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Redmi Note 9S – Xiaomi Japan

コメント

  1. ! より:

    技適とかくだらねえな
    こんなしょうもない国の法律の為にそんなの守る必要があるのか

タイトルとURLをコピーしました