「Redmi Note 9S」の64GBモデルだけど大丈夫かな?【128GBモデルとの違いが気になる】

この記事は約6分で読めます。
やすスマ
やすスマ

どうも、「Redmi Note 9S」を触ることを満喫している、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。

うちにきた「Redmi Note 9S」の内部ストレージ容量が64GBなんだけど、容量的に大丈夫なんだろうか?

この記事にはXiaomiのスーパーコスパスマホ「Redmi Note 9S」の内部ストレージを確認しておきます。

筆者が購入したのは「Redmi Note 9S」の4GB RAM+64GB ROMモデルです。

おそらく、『64GBモデルか128GBモデルのどちらにしようか?』と悩む方も多いと思います。内部ストレージの状況を紹介するので、「Redmi Note 9S」を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。なお、ページ内に割引クーポン情報も用意しています。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

スーパーコスパスマホ「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェック

「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェック

こちらがうちに到着した「Redmi Note 9S」です。ガラス素材が多用されたそのデザインはホント素晴らしいものになっています。

「Redmi Note 9S」についてまず知りたい方はコチラをまずチェックしてみてくださいね。

日本版「Redmi Note 9S」レビュー!「Redmi Note 9S」は日本でコスパ最強のミドルスペックスマホ
日本版「Redmi Note 9S」をレビューした内容をまとめています。「Redmi Note 9S」は日本のスマートフォン市場に衝撃をあたえるモデルです。価格が約2.5万円~とは思えないほどのスペックとデザインです。「Redmi Note 9S」に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

さっそく、「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェックしていきます。まずは初回起動したときの内部ストレージの状況を確認していきます。

初回起動時の「Redmi Note 9S」の内部ストレージ状況を確認

内部ストレージ状況を確認

「Redmi Note 9S」を初回起動した直後のストレージ状況をチェックしたのが上の画像です。

合計64GBのうち、44.28GBが利用可能と表示されている状態でした。システムストレージで15GB強、その他も合わせると20GB弱の使用といったところですね。

128GBモデルをもし購入していたら、空き容量は、さらに64GB増えて、110GBほどが見込まれるということになりますね!

「Redmi Note 9S」のホーム画面

初回起動直後の「Redmi Note 9S」のホーム画面です。ゲーム系のアプリなどがちょこちょこっとインストールされています。ただし、アンインストールも可能なので必要なければどうぞ。

「Redmi Note 9S」はmicroSDカードが使用できるのはうれしい

「Redmi Note 9S」はmicroSDカードが使用できる

「Redmi Note 9S」は外部ストレージとしてmicroSDカード(最大512GB)の使用をサポートしています。

しかも、2枚のSIMカードとは別にmicroSDカードを挿せるトリプルカードスロットなのがものすごくステキな仕様です!

容量不足が不安な場合は128GBモデルがおすすめ

64GBモデルの場合は、ゲーム系のアプリをがんがんインストールしたり、動画撮るのが楽しくて仕方なかったりする人にはチョット心配な空き容量って感じですね。

まぁ、一方でライトな使い方であれば当分は問題ない内部ストレージの空き容量です。先ほど書いたようにmicroSDカードが利用できるのも大きなポイントです。

ぜひどのような使用を想定するかで、64GBモデルにするか、128GBモデルにするかを検討してみてくださいね!

「Redmi Note 9S」の内部ストレージをベンチマーク

「Androbench」を使って「Redmi Note 9S」の内部ストレージをベンチマークしてみました。

「Redmi Note 9S」の内部ストレージをベンチマーク

シーケンシャルリードがおよそ「480MB/秒」シーケンシャルライトがおよそ「190MB/秒」という結果でした。それなりの速度が出ているので、UFS 2.1規格だと思われます。

これぐらいの速度が出ていれば相当ハードな用途でなければ問題ないと考えます。実際にアプリのインストールするぐらいであればかなり軽快な感じです。

まとめ:スーパーコスパスマホ「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェック

まとめ

以上、「Redmi Note 9S」の内部ストレージをチェックしました。

筆者は64GBモデルを購入していますがライトな使い方であれば問題なく利用できると感じています。一方で、容量がヘビー級のゲームアプリなどをがんがんインストールされる方は128GBモデル一択といった感じです。

microSDカードが使用できるので、写真・動画などをたくさん撮影される方はmicroSDカードで補うことも可能です。ぜひ、納得できるモデル選びを考えてみてくださいね!

また、内部ストレージの性能面では、ベンチマーク結果からも分かるように、「Redmi Note 9S」の内部ストレージの読み書き速度は利用で問題ないレベルであることが確認できました。

そんな「Redmi Note 9S」をオトクに購入する方法があるので紹介しておきますね!

created by Rinker
¥29,800(2020/10/25 11:32:22時点 楽天市場調べ-詳細)

「OCN モバイル ONE」で「Redmi Note 9S」が大特価

「OCN モバイル ONE」で「Redmi Note 9S」が大特価

「OCN モバイル ONE」の「秋の人気スマホセール」において「Redmi Note 9S」が驚きの大特価でセール販売されています。

「OCN モバイル ONE」音声対応SIM契約と同時に「Redmi Note 9S」を購入することで特価で購入できます。

「Redmi Note 9S」の4GB+64GBモデルが最安880円(税込)6GB+128GBモデルが最安6,380円(税込)の特価販売です。アプリをたくさんインストールする方には128GB ROMモデルがオススメ。

激安セールがもうすぐ終わるぅ!「Redmi Note 9S」が最安880円の特価【OCN モバイル ONE】
「OCN モバイル ONE」での「Redmi Note 9S」の激安セールがまもなく終了となる情報をまとめています。コスパに定評のある「Redmi Note 9S」が驚きの特価となっています。ぜひ、お得な特価販売に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

詳しい「Redmi Note 9S」の特価情報は、「OCNモバイルONE」の販売ページをチェックしてみてくださいね。

\「Redmi Note 9S」がオトク/

まだまだUFS 3.0/UFS 3.1の内部ストレージ搭載スマホは高いですね

UFS 3.0/UFS 3.1の内部ストレージ搭載スマホは高い

「Redmi Note 9S」はUFS 2.1の内部ストレージを搭載しています。最近は、UFS 3.0/UFS 3.1規格に対応したスマートフォンがハイスペッククラスを中心にリリースされてきています。

筆者レビュー済みの「OnePlus 8」、「POCO F2 Pro」もUFS 3.0/UFS 3.1規格に対応しています。

やっぱいいUFS 3.0!「OnePlus 8」の内部ストレージをチェック【容量・速度】
「OnePlus 8」はSnapdragon 865搭載のハイスペックスマートフォン。高速なUFS 3.0の内部ストレージを搭載していることも「OnePlus 8」の魅力です。「OnePlus 8」の内部ストレージの容量と読書速度をチェックしています。

上位規格になると、アプリのインストールでも体感できるような速度の差はあります。ミドルスペックスマホにもUFS 3.0/UFS 3.1採用の流れが早くきてほしいですね!

「Redmi Note 9S」の詳細レビューを公開

「Redmi Note 9S」は2万円台のコスパ重視のスマートフォンですが、そのなかなかハイレベルです。デザイン・性能ともに十分な水準に達しています。

当ブログでは「Redmi Note 9S」の詳細レビューを公開しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

日本版「Redmi Note 9S」レビュー!「Redmi Note 9S」は日本でコスパ最強のミドルスペックスマホ
日本版「Redmi Note 9S」をレビューした内容をまとめています。「Redmi Note 9S」は日本のスマートフォン市場に衝撃をあたえるモデルです。価格が約2.5万円~とは思えないほどのスペックとデザインです。「Redmi Note 9S」に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

以上、参考になれば幸いです!

「Redmi Note 9S」アンケート

「Redmi Note 9S」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Redmi Note 9S」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました