OPPO「Reno A」に高硬度なノングレア保護フィルム「OverLay 9H Plus」を貼ってみた!【レビュー】

どうも、やすスマです。今日は2020年1月5日です。明日あたりから2020年のスマホ業界も徐々に動きが活発化してきそうでワクワクしています!

OPPO「Reno A」は2019年下半期のヒットモデル。当ブログでも楽天モバイル版「Reno A 128GB」をレビューしていますが、その実力から考えて2020年上半期も売れ筋上位で推移しそうでです。

そんな「Reno A 128GB」にディスプレイを保護するフィルムを貼ってみました。今回、ミヤビックスから「OverLay 9H Plus」を提供いただいております。

ミヤビックス様、ありがとうございます。報酬を頂いていない形での記事執筆ですので、感じたことは正直に書いていきます!

LINKVis-a-Vis (ビザビ) 本店 – ミヤビックス

「OverLay 9H Plus」は高い表面硬度を誇るフィルムです。

「Reno A」には購入段階で保護フィルムが貼られています。しっかりしたフィルムで「Reno A」を保護したいと考え、思い切って貼り替えてみました。

フィルムを貼る際にはその難しさが気になるところですが、「Reno A」のフラットな形状のディスプレイということで、貼るのはそれほど難しくありません

トレンドのエッジにかけてカーブしているディスプレイの場合はフィルムを貼るのになかなか悪戦苦闘します。
【レビュー】「Mi Note 10」を保護フィルム「OverLay FLEX」でガード【エッジカーブの攻略なるか】
高性能ペンタカメラを搭載の「Mi Note 10」にミヤビックスの「OverLay FLEX」保護フィルムを貼ってみました。「Mi Note 10」には保護フィルムが付属していないので、保護フィルムを探している方はぜひ御覧ください。

「Reno A」用の保護フィルム「OverLay 9H Plus」をレビュー

保護フィルム「OverLay 9H Plus」をレビュー

表面硬度9H』を見て、てっきり強化ガラスフィルムかと思っていたのですが、実際に確認してみるとPET製のフィルムでした。

適当ですんません(汗)

PET素材をマットハードコート層でコーディングして硬度を出しているようです。

とにかくしっかりしているということです(笑)

アンチグレア処理を施して低反射をウリとするタイプ

シート表面にはアンチグレア処理を施していて、低反射をウリとするタイプです。

さっそく、大切な「Reno A」に保護フィルムを貼っていきます。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」は新次元到達のミドルスペックSIMフリースマホ おサイフケータイ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

購入時に貼ってあった保護フィルムを剥がす

購入時に貼ってあった保護フィルムを剥がす

まず、「Reno A」に最初から貼っていた保護フィルムを剥がします。

この保護フィルムがけっこうしっかり貼られていました。力を結構入れて剥がしたのでディスプレイに傷がつかないように注意が必要です。

もしかすると、この場面が最も慎重に作業したいところかもしれません。

剥がした後にディスプレイ表面をキレイに拭き、これで準備完了です!

実際に貼ってみる

実際に貼ってみる

さっそく、吸着面の保護シートを少し剥がして、「Reno A」のディスプレイに貼り付けていきます。

筆者の場合はカメラを確認しながら位置決めを行いました。

ミヤビックスの「OverLay 9H Plus」はのりを使用しない自己吸着シートです。貼ってからもう一度剥がして貼るということが可能です。

慎重に位置合わせを行いながら貼っていきます。保護シートを剥がしながらフィルムを置いていく感じで貼っていきました。

あっさりと貼ることができました

上の写真は貼付け後の起動画面です。結果としては、高硬度のフィルムということで、あっさりと貼ることができました

楽天モバイル版「Reno A」ならではの起動画面が分かりやすそうだったので撮影しました。起動画面はSIMフリー版との違いの1つです。

貼付け後の状態

貼付け後の状態

ディスプレイをOFFにしてみました。

いかがでしょうか、、、。

しっかりと貼り付いています!

実は、フィルムには気泡が入りにくくなるような加工が施されているとのことです。

気になるのがフィルムを貼った後の動作です。結論としては動作は問題なしです。

フィルムを貼った後の動作

例えば、「Reno A」はディスプレイ内指紋認証センサーを搭載していますが、貼付け後もしっかりと認証されます。

「Reno A」は顔認証がめっちゃ高速で、ほぼ先に顔認証されてしまうのですが(笑)

当然ながら、タッチ操作も問題なしです。アンチグレア処理を施しているので反射の軽減は実感できます

アンチグレア特有のギラツキについては最初は感じます。ただ、時間が少し経つとそんなに気にならないレベルです。

「Reno A」用の保護フィルム「OverLay 9H Plus」をレビューまとめ

以上、大切に使っている「Reno A」に保護フィルム「OverLay 9H Plus」を貼ってみました。

総合的には「OverLay 9H Plus」は優れたフィルムだと感じています。フィルムを貼るのが下手な筆者にとっては、何よりも貼りやすいのがうれしかったです!

フィルム制作に定評あるミヤビックスのフィルムということで十分なクオリティです。

「Reno A」を大切に使っていきたいですね!

「Reno A」では購入時に保護フィルムを貼っているので、気になるけどそのまま使っているという方も多いと思います。

今回試した「OverLay 9H Plus」は、購入時の保護フィルムよりも強固に保護できると感じています。

保護フィルムって、スマートフォンでは必須アイテムに近い存在だと思います。本記事が参考になれば幸いです!

LINKVis-a-Vis (ビザビ) 本店 – ミヤビックス

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

OPPO「Reno A 128GB」の背面に保護フィルムを貼ってみた【大ヒットSIMフリースマホの美しい背面を保護】
大ヒットSIMフリースマホ「Reno A」の背面に保護フィルムを貼りました。ミヤビックスの「OverLay Magic」を使いましたのでレビューしておきます。「Reno A」の美しいデザインをほぼそのままにどう貼れるか気になるところです。
「OnePlus 7T」の背面に保護フィルム「OverLay FLEX」を貼った!カーブした形状にもしっかりと貼り付きました【レビュー】
「OnePlus 7T」の魅力の一つの美しい背面デザイン。その美しさをキープしながら、本体をキズからガードするためにミヤビックスの保護フィルム「OverLay FLEX」を貼ってみました。非常に薄くて可変性のあるフィルムです。
【2019年】おすすめの格安なSIMフリースマホをランキング【5万円台までの格安スマホ/おサイフケータイ】
コスパに優れた格安スマホを探しているんだけど、どのスマートフォンがいいのか分からない...
スポンサーリンク
OPPO SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました